札幌市西区 山の手登山口から奥三角山へ春山ミニ縦走登山(2018年3月25日)


今日は札幌市西区 山の手登山口にやって来ました。
すっかり陽の高い時間ではありますが、本日は晴天なり、しかも風も弱く絶好の登山日和。
夏靴に軽アイゼン、ストックの装備で登坂開始です。
登山道にはまだ雪がたっぷり。ザクザクのザラメ雪になっていて、ズルズルと滑るので要注意であります。




夏場にはまったく見えない札幌の街並みがこの時期はどこからでも良く見えます。




最初は息が上がらないように、意識してスローペースで登坂していきます。
土の上を歩くのと違い、ザクザクの雪を歩くときは意外と体が疲労するのでペース配分は大切です。




「こぶし平」までやって来ました。
ここから右手に進みます。




先ずは「三角山」方面と「哲学の道」の分岐を目指します。




今日は体調が良いので「三角山」は最後に登ることにして、「哲学の道」から「大倉山」へ続く尾根を目指すことにしました。




「哲学の道」を登り詰め、「大倉山」へ続く尾根まで出ました。
木々の間から手稲山が良く見えています。




帰り道、最後に登る予定の「三角山」も良く見えていますね。




尾根を「大倉山」方面へどんどん進みます。
雪たっぷり、空は青空、最高です。




「大倉山」のジャンプ台付近から人の声が聞こえてきました。




「大倉山」を通過し、少し進むと下りに入る手前にベンチがあります。
その手前で撮影です。左手に「藻岩山」、右手にこれから登る「奥三角山」です。




尾根から大きく下った付近です。
残雪は1mといったところでしょうか。




目の前に「奥三角山」が立ちふさがりました。




ただいま山頂へ向けて登坂中。
軽アイゼン装着なのですが、雪がズルズルでなかなかスリリングなのでありまーす。




山頂へ続く尾根に出て、もうひと頑張り。




無事、「奥三角山(よこして山)」まで登ってきました。
なかなか良い汗をかきました。




さっそく風景を撮影。
先ずは遠くにうっすらと見えている「恵庭岳」。




左手に「三角山」と「札幌市」の街並み。




あれは「円山」ですね。




宮の森のジャンプ台の向こう側に「藻岩山」も見えています。




休憩と昼ご飯を済ませ、再び「恵庭岳」方向を撮影後、下山を開始しました。




下りは足元が滑るし、雪を踏み抜くことが多くてなかなか難儀。




「奥三角山」の斜面を下り切り、「手稲山」が良く見えるポイントで撮影。
その後、再び「大倉山」まで登り返しです。




夏場は登山道から良く見えないジャンプ台の建物ですが、この季節は丸見え(笑)。
ちなみに、右の木に小さな「大倉山」の看板が付いているのです。




尾根をひたすら歩き、一度下って再び「三角山」と「哲学の道」の分岐へ到着です。




ここで体調が良くなければそのまま下山しようと思っていたのですが、残念ながら(?)体調が良いので「三角山」まで再び登坂開始としました。




ハイピッチで登り、「三角山」の山頂です。
眺め最高! 今日は最後まで晴天なんですね。




「札幌市」の街並みと「円山」を撮って...




「手稲山」方向も撮影して下山開始です。




良く整備された階段状になった登山道を下り...




無事、山の手登山口まで戻ってまいりました。
本日の山遊び時間は概ね3時間。
近場でこれだけアップダウンを楽しめる山もそう多くはありません。
天気にも恵まれ、とても良い山行でした。

そうそう。今回はモンベルのマウンテンガイド パンツ Men'sを履いて登りました。
伸縮性に優れ、足へのフィット感も良く、疲労軽減に繋がっていたと思いました。
速乾性もあるようで、汗をかいてもすぐに乾きます。
なかなか良い製品だと思うので、若干紹介まで。


撮影機材: ZTE BLADE S

2 件のコメント:

mori さんのコメント...

隊長さん、体調が悪かったんですか?大丈夫ですかー?
(漢字変換を間違うとたいへん)
それとも山へ行って治してきたとか?
そろそろ隊長さんだと半袖の季節だと思うのですが
無理は禁物ですよ~。

隊長 さんのコメント...

moriさんへ。

はい。大丈夫です。
そうですね~。体調が今一歩の時は、山治療が一番効果があるかも知れません(笑)。

この日はさすがに半袖になるのは控えました。
でも、上着は「哲学の道」に入る前に脱ぎ脱ぎしていました~。

やっぱり青空の山歩きは最高ですね。
ヽ(^o^)丿