最北の日本百名山 利尻山 2017 その3(2017年8月7日)


利尻山の山頂へ向けての最後の登坂が続きます。




ピンク色のイブキトラノオを眺めながら登って行きます。




崖っぷちにイブキトラノオ。




背景の海を入れてズーム撮影だ。
これぞ利尻山ならではの写真だと思う。実にいい!




登って行くと、更に一輪だけのリシリヒナゲシが出迎えてくれた。
頑張って数を増やして欲しいものだ。




夏の花、チシマリンドウも姿を見せた。




海を背景にレブントウヒレン。




チシマリンドウも海を背景に撮るのだ。




9時30分頃、相当高度が上がってきた。




いよいよ「3mスリット」に差し掛かった。
5年前、ここを訪れた時は、このような土留工法による対策は施されていなかった。
そのため、登っていても足元の土が崩れ、思わず壁に手をついたら、今度は壁が崩れるという悪循環だったことを思い出す。
その後、多くの方々の労力により、足元の崩れについては歯止めがかけられたようだ。
残るはこの高い壁だ。この壁に植物が根付くような対策が出来ればいいのだが...




意外なほど整備された「3mスリット」を通過すると、今度はこれまた夏の花であるリシリリンドウが出迎えてくれた。




青い背景とタカネナデシコ。




さあ、いよいよ山頂まであと僅かだ。
一歩、一歩、噛みしめるように登り詰めていく。




9時50分頃、利尻山の山頂に到着した。
山の神は晴天を用意しておいてくれた。




フェリーターミナル2階の超オシャレ・カフェ「TSUKI CAFE」で買った利尻昆布入り!のチョコレート・フィナンシェを取り出す。




それに合わせて、麓の甘露泉水でいれた珈琲をドリップ。
利尻山カフェのオープンだ。
ちなみに、利尻昆布入りのチョコレート・フィナンシェは、結構な量の昆布が混入されていて、なかなかの歯ごたえだった。
ついでに昆布に含まれる塩分を得られるかも知れないので、登山向きのお菓子かも知れない(笑)。




山頂の斜面は花畑だ。




人が立ち入ることが出来ない西側斜面には、ミヤマラッキョウがポツポツと咲いていた。
どうやら山頂のここでしか見ることが出来ない花のようだ。




山頂祠(ほこら)の裏側の様子。
沓形コースの難所の尾根が見て取れた。
沓形コースから登ってきた方の話では、登山道は崩落が進んでいるらしく、「無茶苦茶恐ろしいコースで危険だった。」と説明してくれた。

今回の「その3」で、登山行程のレポートは終了です。
次回からは、山頂のパノラマ写真などの番外編をぼちぼち紹介したいと思います。


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

コメント

mori さんの投稿…
もしかして途中で雲におおわれたのではないかと
最後までどきどきでした。
山頂に到達しても快晴で良かったです!!!ぱちぱちぱちぱち・・・。
いろいろなお花もきれい。
大変そうですが私も行ってみたくなりました。
隊長 さんの投稿…
moriさんへ。

いやぁー、ご心配をおかけいたしました。

登っている本人も、「もしかしたら雲に覆われてしまうかも...」と思っていたので、休憩しないでハァハァしながら頑張って登りました。
結局、山頂に1時間以上居たのですが、ずーっと晴れでした。
まだ紹介していない花も咲いていまして、利尻山は花の名山だと改めて感じましたー。
moriさんもいつか登ってみてくださいね。

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)