花の名山 富良野岳 2017 その4(2017年7月23日)


高度が上がり、時間が経過していくと、上空には所々青空が顔を出すようになってきました。




登山道沿いの斜面に、なにか小さな花が咲いている。
何かな?と思って見てみると、コイワカガミでした。
いやぁー、メッチャ小さくてピンク色で可愛いのであります。
咲いている数はそれほど多くは無かったのですが、嬉しい気持ちになるのは確か!




進行方向にかかるガスが幻想的で絵になるのです。
これぞ山岳写真。




緑色の斜面がカッコイイ。見ていて気持ちがいいのです。




スカッと晴れた山の風景もいいですが...




このようにガスというか、雲がかかっている風景も...




高山ぽくて好きなのであります。




背景に山の様子を入れて、タカネトウウチソウのつぼみらしき高山植物を撮ってみました。




毛深いエゾツツジは水滴だらけ。




花の終わったハクサンイチゲにも水滴。




この水滴が植物を潤すのですね。




ガスの中にエゾノツガザクラ、チングルマ、ハクサンイチゲ。




花咲き乱れ。




花、花、花、花。




ピンクの斜面。




こちらは...




シナノキンバイの黄色い斜面。




振り返ると雲間十勝岳(花の名前みたい。クモマトカチダケ)。




山頂まであと少し。




コケモモの花が少しだけ残っていてくれました。
この子は花の時期が早いのですね。

次回は山頂へ。そして下山です。


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

0 件のコメント: