花の名山 富良野岳 2017 その1(2017年7月23日)

21日(金)までの天気予報では、週末は雨とのことで山行はあきらめムード。
ところが、22日(土)の天気予報では、どうも雨は降らないらしい。
いつもチェックをしている「天気とくらす」の登山指数はA、「登山に適しています」になっていた。

こうなると俄然出動する気になったのですが、問題はどこに登るかですねー。
大雪山にはこの間登っている。でも、十勝岳連峰はしばらくご無沙汰だ。

十勝岳連峰となると、富良野岳、上ホロカメットク山、十勝岳、美瑛岳、美瑛富士、石垣山、オプタテシケ山などがありますが~...
基本的に暑さに弱い自分としては、この時期の十勝岳という選択肢は無い!w
あの山は木陰が無い!天気が良くなると、地面からの輻射熱が凄いのだ。
石垣山はエゾナキウサギの撮影が楽しいですが、これは秋に取っておきたい気持ち。
オプタテシケ山と美瑛富士は避難小屋かテントで一泊したいところ。
上ホロカメットク山は富良野岳からの縦走で訪れたいが、今回は縦走予定は無し。
残るは美瑛岳と富良野岳。
美瑛岳は秋に十勝岳からの縦走で訪れたい。
あれこれ考えた末に、濃い緑の山容がお気に入りの富良野岳へ行くことにしましたー。

富良野岳は十勝岳温泉登山口から登る。
ここの駐車場は遅い時間に訪れるとすぐに満車となる。
また、富良野はラベンダーの時期のため渋滞するかも知れない。
そのような事を考え、早めのに到着するように深夜1時起床、2時に出発とした。




深夜の道をほぼ制限速度でのんびり走行し、朝の6時前に登山口へ到着。
さすがに駐車場は空いている。




慌てずゆっくりと準備をするのだが、どうも寝ぼけているのか、ザックのベルトは閉め忘れるわ、登山ポールはザックから落ちそうになっているわで、どうもシャキッとしないスタートとなった。




登り始めの天気は基本的に曇りであり、時々晴れ間も見えました。
気温は少し高めといったところですが、問題は湿度。
雨上がりのせいか、はたまたこれから雨が降るのか、湿度がとても高い。
そうなると、暑さに弱い自分としてはなかなかペースが上がらず、序盤はヘロヘロな状態でスタートとなりましたぁー。




安政火口手前の折り返し地点までやってきました。
マルバシモツケが可愛い! とかなんとか思うようにして、噴き出す汗を拭き拭きしながらテンションをなるべく上げるように歩きます。
そういえば、ゴゼンタチバナも咲いていました。




これから進む登山道が見えています。
写真左上のガレ場には、エゾナキウサギが生息していて、時折「ピチッ」と鳴いているのでありましたー。




岩の障害物の多い道をエンヤコラと乗り越えながら歩いていくと、イワブクロを発見です。
綺麗に咲いています。まだつぼみの株も多数見受けられました。
この他には、ジメジメした場所に黄色いラッパの形をしたオオバミゾホオズキも咲いていましたが未撮影です。




第一エゾウサギギクを発見! と喜んでいたら、この後、いっぱい咲いていてビックリ。




このウコンウツギはまだ花の内部の模様が薄いので咲いたばかりでしょうか。




上ホロカメットク山との分岐までやってくると、ちらほらエゾコザクラを目にするようになりました。
この花は、花茎を伸ばして、その先に2センチほどの紅紫色の花を1~6個、散形状に咲かせるのですが、この辺りの株は3~4個の花をつけていました。元気がいいのかもー。




登山開始から1時間ほどで分岐に到着です。
ここで小休憩...といきたいところですが、最近は休憩をすると足が鈍ってしまってその後、思うように登ることが出来なくなる傾向なので、そのまま登坂を継続です。




ここではミツバオウレンも咲いていましたよ。




それでは、あと2.7キロメートル、張り切って登りたいと思いまーす。




大岩を乗り越える道も終わり、歩きやすくなった頃、ミヤマリンドウの株を見つけました。
青が濃く、たくさん咲いていてメンコイのでありま~す。




う~ん。この辺りまで来ると、富良野岳の雄姿を見ることが出来るのですが...雲の中。




そのうち晴れるだろうと、気楽な気持ちで先に進むと、ヨツバシオガマが現れた。
ここはやっぱり、真上から見るのが基本だと思うのです。




ヨツバシオガマが随分とたくさん咲いていたので、押さえでその様子をどうぞ。




沢までやってきたところで今回はおしまい。
ここまで1時間15分ほどでした。
この後は、また違った花が咲いていたのでありマース。その2へ続きます。


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

冬の恵山の登山は絶景だった(平成26年1月16日)

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

札幌市 大通公園&赤レンガテラス ホワイトイルミネーション

海さくら元町店で乾杯(初冬に桜咲く)

就寝前の「龍角散」とは

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

半月湖ぶらぶら