大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その5(2017年7月8日)


足湯の旅2017、今回が最終回です。
遠くに旭岳のゼブラ模様を眺めつつ、中岳温泉へと下る道までやって来ました。
いよいよ足湯が楽しめます。楽しみです。




斜面を渓谷へと下り始めると、中岳温泉の全容が目に飛び込んできました。
ん~~~?! 人が居る。んん~~~?! あれは...?!




ちょっとズームしてみると...
おおっ! 全裸で全身入浴を楽しんでいる強者さんが居るようです(笑)。
ここではよく外人さんが全身入浴を楽しんでいるのですが、あとで近づいてみるとJapaneseでしたぁ~。




それでは。私もスポーツタイツをまくり上げ、ほかの皆様と一緒に足湯を堪能させていただきます。
ぬるい湯温が疲れた足裏と脹脛に染みてたまらないのでありまーす。




お湯の中からは、何やらポコポコと気泡が出ているところがワイルドですねー。
足湯を楽しんだ時間は15分~20分程度でしょうか。
その後、ほかの登山者で込み合ってきたので場所を譲り昼食です。




昼食後、中岳温泉を出発です。
おーっ。若い山ガールの方々は楽し気に足湯を堪能しているようです。
いいね、いいねー!




さらば、大好きな中岳温泉。またいつか足湯に来るよ!




そうそう。
この中岳温泉周辺では、綺麗な苔を見ることが出来ました。
こんな目の細かな苔や...




こんな背の高い瑞々しい苔がありました。
いやぁー、苔好きにはたまりませ~~~ん。




裾合平に向けて歩いていくと、斜面にエゾノリュウキンカが咲き乱れていました。




え~っ!今なの?! って印象ですが、雪解けしたばかりの場所なのでしょうね。




裾合平に出ました。なんと、一面の残雪です(写真は3枚の写真をパノラマ合成)。
今年は本当に雪解けが遅かったようです。
一面のチングルマ畑を想像していたのですが、ちょっと訪れる時期が早過ぎたようです。
まあ、こんな年もありますよね。




雪解けした場所ではポツリポツリと可愛らしいエゾコザクラが咲いていました。




雪渓を歩きつつ姿見駅を目指してひたすら進みます。




この裾合平のトレッキングは1時間半程度と短い時間なのですが、いつも何故か長く感じるのです。
どうしてなのかな? 途中、トイレが無いから、早く姿見駅まで行きたくなるからかな?
きっとそうかも知れませんねー。途中に簡易トイレブースを用意してくれると助かるのだけれどなー。




とかなんとか言っているうちに、観光客の声が聞こえるエリアまで戻ってまいりました。
ん~~~。池と旭岳。とっても良い風景です。




あ~~~っ。素晴らしい風景です。
最後の最後までとても良い山行でありました。




はい。無事に姿見駅まで戻ってまいりました。
今回の山行は、8時に姿見駅を出発して14時に戻って来たので、6時間で旭岳周辺を一周したことになります。
北海道最高峰への登りあり、そこからの雪渓の下りあり、広大なお鉢平のトレッキングあり、中岳温泉の足湯あり、そして最後にはこれまた広大な裾合平の雪渓トレッキングありと、かなりバリエーションに富んだ山行を楽しめました。
久々に週末の好天にも恵まれ、本当に山の神に感謝...そんな一日でした。
(^_^)


撮影機材: CASIO EX-ZR3000(中岳温泉で一部、スマホ撮影)

コメント

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

ニセコ イワオヌプリ周辺の花散歩 アカモノ&ツバメオモト(2017年6月24日)

HANAZONO GOLFコースでニセコ鏡沼へ(2017年6月24日)

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

曇り空のニセコ イワオヌプリ 後編(2017年7月1日)

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その2(2017年7月8日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その1(2017年7月8日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その3(2017年7月8日)