大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その3(2017年7月8日)


旭岳の山頂から見た風景です。
左手奥は凌雲岳、その右手奥には黒岳、中央奥には烏帽子岳の三角錐が見えていて、右手奥には白雲岳といった感じかな。




先ほどよりも西側を撮影すると、中央左側に北鎮岳、左端は比布岳といった感じでしょうか。




裏旭方向に下っていくと、すぐにキバナシャクナゲの花畑が出現です。
中央奥には東大雪のトムラウシ山が見えています。また登りたいな。




裏旭の名物とも言える、急角度のザレた道を慎重に下っていきます。
何度来ても、なかなか手ごわい下りなのですよねー。




雪解けが遅かったため、雪渓が結構上部まで残っていました。
おかげさまで、途中からは登山靴で雪を滑り降りることが出来たので、スイスイと指定キャンプ地のある下まで来ることが出来ました。
でも...登山靴で滑ると足に負担が...あと、途中から走って下りたので、更に足へ負担が...この後、ヨボヨボ歩きになりました。




裏旭の指定キャンプ地から下ってきた斜面を眺めるとこんな感じです。




旭岳から下りてみると、イワウメの花畑だったり...




ミネズオウがあちらこちらで咲いていたり...




イワウメとメアカンキンバイが仲良く並んでいたり。
花が濃いのですわー。




それにしましても、この天気の良さはいったいなんでしょうか。




エゾノツガザクラもボリューミーな咲き方をしています。




いつも楽しみにしているハート形のチングルマは、まだパラパラとしか開花していませんでした。
残念でしたが、今年も見ることができて嬉しい。




おおっ、旭岳からかなり離れました。




小腹が空いたのでちょいと小休憩。
休憩場所のすぐ近くにコメバツガザクラがひっそりと咲いていました。
本当に小さな花なので、目が悪くなると見逃しやすくなります。




この岩に張り付いている株は、エゾノイワハタザオかなー。
よくもまあ、こんなところで育つものです。不思議だ。

実は、この時点でお鉢平の間宮分岐の直前です。
次回はお鉢平周辺の紹介になりそうでーす。


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

コメント

mori さんの投稿…
隊長さん、こんばんは。
いよいよ大雪山の季節になりましたね!私も9日に行ってきましたー!

ふふふ、お仕事を休むかどうかぎりぎりだったのに、山には元気に行けてしまう・・・
分かります!!!
山へ行くことが治療なんですよね。

メアカンちゃんとイワウメちゃんのコラボ、すごくかわいいです。
こんな愛らしいのを見たら、そりゃ元気になりますって。
続きも楽しみです!
隊長 さんの投稿…
moriさんへ。

おはようございます!
はい。いよいよ大雪山の季節ですねー。
お~~~っ!moriさんも行ってきたのですね。
さすが、同じようなことを考えて行動しているのですねー(笑)。

はい。そうなんです。
2日間ほど体調がエライ悪く、夏風邪になったようでした。
おまけに左肩の五十肩がジクジクと痛みまして、こんなのでザックを背負えるの? って感じもしていたのですが...
出発当日の深夜には「あれっ?」といった具合に治っておりました。これ、ほんと。

メアカンちゃんとイワウメちゃんのコラボ写真、私もお気に入りなんです。
なかなかありそうで無い2ショットですよねー。
はい。続きも編集してアップしましたので、また見てくださいね。
moriさんの方も覗きに行きまーす。
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)