伊達紋別岳 7合目折り返し(2017年6月18日)


6月18日(日曜日)は伊達紋別岳にやって来ました。
昨日のオロフレ山の影響が足腰に出ており、無理をしないで疲れたら引き返すつもりで登坂開始。




カラマツ林のふかふか地面を歩くのは気持ちがいい。
いきなり傾斜もきつくて、なかなか登り甲斐のある山だ。




エゾカンゾウがお出迎え。
この花はどこに咲いていても目立ちますねぇ~~~。




気分上々、天気上々、気温も上昇といった感じ。
森の木漏れ日の中を歩くのは気持ちがいい。




見晴台まで来た。
有珠山、昭和新山、羊蹄山などが良く見えている。




蝶が地面の水分を補給していた。




チドリも咲く季節。




高度が上がってきた。
噴火湾の向こう側に駒ケ岳が良く見えている。




駒ケ岳をズーム。
まるで海の上に浮かんでいるかのようだ。




7合目の稜線までやって来た。
この時点でかなり足腰がキツイ状態になったので、自分の今日の山頂はここまで。
吹き抜ける風がとても気持ちがいい。
ベンチに座り、珈琲してまったり。その後、下山開始。




7合目にはチシマフウロがたくさん咲いていた。




下山中、真っ白なオダマキを見つけた。




登坂中はまったく気が付かなかったのです。
でも、下山中に良く見ると、結構あちらこちらに咲いていたのです。
視点を変えないと気が付かないこともあるのですねー。


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

晩秋 歌才ブナ林(2017年10月28日)

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

エゾバルバンバン 南3条店 & 幸せのレシピスイーツ

日々精進

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

道南ブラブラ旅 海向山