積丹半島 神威岬(2017年6月11日)

6月11日(日)の天気は曇り予報。
ところが、札幌は雨。ニセコはどうかと出発してみたが、ニセコも雨と濃いガス。
こりゃダメだということで、何となく積丹半島に向かった。




到着したのは神威岬。
過去の記憶をたどっても、神威岬に来たことは思い出せない。
きっと初めてやって来たと思います。




天気は曇りなれど、ワクワクしながら遊歩道を歩くと、ツメクサの一種に思える花がたくさん咲いていた。




エゾカンゾウの開花状況は最盛期。




先ずは岬の先端部に向かう前に、高台の展望台へ登ってみた。
一番向こうまで歩くとなると、なかなかの距離とアップダウンがありそうです。




ちょっと毒々しい雰囲気が漂うエゾスカシュリが咲いていた。
オニユリの仲間だそうだ。そう言われてみれば似ている。




岬の斜面には、エゾカンゾウが咲き乱れているのだが、写真ではあまり良く分からないかも知れない。




外海方向の上空が晴れてきている。
こちら側はまだ曇りだが、晴れると積丹ブルーが映えるのだろう。




先端部へ向かう遊歩道から崖下を覗く。
なかなかの高度感が楽しめ、しかも海が綺麗だ。




波打ち際の色合いが綺麗なので何枚も撮影してしまう。




本当に綺麗な海だ。




この花の形は...マメ科の花ですね。
水滴がついていて良い感じ。




真上から見ると面白い形の花を見つけた。
なんだろう。イネ科っぽい雰囲気を感じる。




岬の突端部直前までやってきた。
地層がむき出しになった場所があった。
コンクリート構造物の残骸があったので、もしかしたらこの場所には人口構造物があったのかも知れない。




岬の突端部に到着だ。なんとも風光明媚だ。




神威岩。微妙なバランスで立っている。
波打ち際の雰囲気も素敵だ。




振替えると灯台がある。




遠くに積丹の山々か。




帰路、人が立ち入りことが不可能な場所にハマナスらしき花が咲いていた。


天気に泣かされた一日となってしまったが、曇り空とはいえ神威岬を歩くことが出来て良かった。
最近では休日に坂を登っておかないと体調が良くないのだ。
いつの間にか、そういう体になっているのだろう。


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)