大雪山 旭岳 噴気孔散策(2017年4月2日)


前回からの続きです。
尻滑りを2回楽しんだ後(また登った!w)、せっかくなので噴気孔を見学に行ってみました。




上の写真を望遠撮影するとこんな感じです。
ちょうど2名の方が右の噴気孔を見学しているので、スケール感が分かると思います。
そうそう。写真は少し露出をアンダー側に調整して見やすくしていますので、実際はもっと雪が真っ白で眩しかったです。




上の写真の右側の噴気孔までやってきました。
勢いよく水蒸気が噴き出しています。
写真の左側の黄色い部分は硫黄だと思われます。




雪の壁の厚さはご覧のとおり。
間違っても落ちることの無いよう、慎重に接近です。




次に、左側の噴気孔までやってきました。
噴気の間から一瞬、山頂が顔を出したので撮影です。
ここの積雪量は半端ないです。凄い雪の厚さ。




ジェット機のエンジンを間近で見ているかのような「シュゴーッ!」という轟音をとどろかす噴気孔。
なかなかのド迫力でありました。

夏はここまで接近して見ることはできませんので、興味のある方はスノーシューを履いて訪れてみては如何でしょうかぁー。
(^_^)


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)