秋の恵山 権現堂コース(2016年10月16日)


前日に函館山を楽しみ、夜は函館の食で舌鼓&酔っ払った翌日は恵山にやって来ました。
賽の河原駐車場からのんびり出発します。
やはりここまでクルマで来られるのは楽ですねー。前回は真冬に来たため、ゲートが閉まっていたので大変でした。




ん~~~。秋、していますねー。紅葉が綺麗です。
あと一週間もしたら、もっと赤くなるのかも知れませんねー。




海向山の山頂付近は真っ赤に見えていまして、紅葉のピークを迎えているようでした。
今回は装備が貧弱なので、海向山は次回の課題にしておきます。




おおーっ!恵山、久しぶりでありまーす。
相変わらずの活火山ぶり。とても元気ですねぇー。




一種独特の雰囲気がこの山域にはあります。




さあ、少しずつ登っていきますよ。




登山道から頭上を見ると、巨岩の数々。
それらが上から被さるかのように塊をなしているので、なんとも言えない圧迫感があります。




いやぁー、これって溶岩ですよねー。凄い!




登山道には人の大きさほどの巨大な落石があったり、頭部の大きさや拳の大きさの落石もありまして、登坂中は上の方を気にしながら足早に登っていました。




落石を気にして登っていたら50分で到着です。
写真枚数が妙に少なくてすみません(笑)。このあと撮ります!




山頂から恵山の町を見下ろします。
遠くは霞がかかっていて良く見えませんでした。




海向山の方向です。霞が無かったら、確か遠くに駒ヶ岳も小さく見えます。




海面が光って綺麗。




山頂の神様にご挨拶。




椴法華市街方向ですねー。




眼下に海岸線を通る道路が見えています。
さて、強風のため山頂での昼食はあきらめ、すぐに下山を開始しました。




中腹まで下り、風の当たらない場所で昼食としました。




どこまでが水平線で、どこからが空?




ここでの珈琲タイムは最高に気持ち良かったです。




更に下山を続け...




恵山の火口を見渡せる展望台まで下りて来ました。迫力!
これはカメラのワイドショット機能を使っていまして、焦点距離が18mm相当だったかなー。




登山口方向です。右に駐車場が見えています。




賽の河原の向こう側斜面が綺麗に紅葉しています。




もうほとんど下山完了しました。




最後はツツジの紅葉と青空を入れてシメです。

秋の恵山は初めて来たのですが、山が燃えていてとても良かったです。
今度は春、ツツジの花が咲いている頃に来てみたいと思いました。
(^_^)


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)