秋の函館山 観音コースで入江山へ(2016年10月15日)


再びやって来ました、函館山。
札幌から向かうと、かなり遠方に位置する山なのですが、でもお気に入りなのです。

さて、いつもはメジャーな旧道コースを登るのですが、今回は未踏の観音コースで登ってみることにしました。
インターネットなどの情報によると、称名寺を含めた3か所に登山口があるとのこと。
多分、写真のここだと思うのですが...登山口、見当たらず(泣)。

しばし徘徊しても分からなかったので、なんとなく踏み跡があるような場所から登り始めました。
ところが...登ってみて気が付いたのですが、どうも登山道では無い感じ。
ガサガサ、バキバキと熊のように笹をかき分け、小枝を折りつつ、悪戦苦闘しながら登っていくと...




山頂に続く道路に出ました。
ガードロープを越えて車道へ出て、そこから山頂方向に歩き始めます。
そのうち、登山道が見つかるはず...




しばし歩いていると、観音コースの看板を発見。
やっぱりあるじゃない! 良かった、良かった。
でも、麓の登山口はどこだったのか? 帰りに確かめよう。




観音コースは、いつもの広々とした旧道コースとは違って、いかにも登山道といった細道でした。




下山方向を見てみると...ん?!
台風被害のために通行禁止?! ん~~~!なるほど。




取りあえず、入江山を目指して登り始めます。
紅葉しているところもあり、天気も良く最高の山歩き。




山頂直下の駐車場までやってきました。
いやぁー、いい天気なのでありまーす。
気温も20度くらいあるんじゃないかなー。さすが道南、暖かいぞ。




現在位置と入江山を確認して、再び登り始めます。




間もなく、入江山に到着です。
おおーっ。駒ヶ岳が良く見えます。




右に見えるは観音山じゃないかなー。




せっかくなので、秋の季節感を醸し出す、ススキ入りの駒ケ岳を撮る。
山頂の剣ヶ峰が鋭い!でも、見る方向によっては、鋭い姿は見えないのですよねー。




函館山の山頂はこんな感じに見えていました。
今回は面倒なので、あちらにはお邪魔しませ~ん。




入江山には大砲が配備されていた模様。
コンクリートで砲台が整備されているのです。




砲台に登る階段。
傾斜がきつくて、階段の奥行が狭い作りなのですよねー。
あくまでも戦闘用なので、安全性とか快適性は皆無って感じ。




こんな史跡の縁にベンチが2か所整備されているのです。
小腹が空いたので、珈琲をいれて、パンを食べ空腹を満たしました。
チープな食事ですが、至福の時間。




チープな食事の後、下山を開始。
エゾノコンギクはまだたくさん咲いていたなぁー。




通行禁止のロープを自己責任という自分勝手な考え方で通過し、登山口方向へ進みます。
途中、「海軍用地標」なる石柱を発見。
函館山が軍の管理区域だったことを思い出しました。
その左側の石柱には、不鮮明になっていましたが陸軍省と記されているような...




陸軍省の石柱には、明治四十(1907年)、の刻みあり。
109年も前の石柱なのですねー。驚き。歴史を感じます。




さて、通行禁止エリアは難なく通過することができました。
多分、倒木を通過するところが数か所あったので、撤去するまでは危険と判断したのでしょう。
でも、普通に通過することができるレベルでした。参考まで。




さて、結局のところ、登山口はどこだったのか? という疑問が残っています。
この道はどこに行き着くのだ? そう思いつつ歩いていくと...なんと!墓地の中を進むことになりまして...




お寺の本堂の横を更に進み...




お寺の駐車場を通過し...




正面入口までやって来ました。
ここは日蓮宗 実行寺。
そうかぁー。ここが登山口になっていたのか。
こりゃ、分からないですよぉー。手ごわいなぁ~。
(^_^;)




そんなこんなで、無事下山です。
今回は、軍と戦争の歴史を少し感じた秋の函館山となりました。
歴史のある山、いいねー!
(^_^)


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

コメント

mori さんの投稿…
こんばんは~。
函館山、いつか行ってみたいです。
古い石柱がいいですね。
今まで2回計画して、2回とも大雨でキャンセルしたんですー。(泣)
スミレの時期に行ってみたいですね~。来年こそ!
隊長 さんの投稿…
moriさんへ。

こんばんはですー。
そうですか。moriさんはスミレの時期に函館山へ行きたいのですね。
それって、一番いい季節だなぁー。

函館山は、四季を通じて登ることができる、良い山なのです。
札幌でいうところの藻岩山チックな感じでしょうか。
当然、冬場は藻岩山よりも雪が少ないです。

色々な季節に行ってみてくださいね。
(^_^)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

冬の恵山の登山は絶景だった(平成26年1月16日)

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

葵姉さんの銭函天狗岳(2015年5月6日)