9月初旬の羊蹄山避難小屋へ


今回は、羊蹄山避難小屋泊しに行ってきました。




7時30分頃、いつものクマゲラ看板を見つつ出発!




蒸し暑く無風の登山道を進みます。
まだ本格的に登坂していないのに、すでに汗が噴き出る!




大雪山 黒岳のテント泊や、北アルプスの山小屋泊とは違って、羊蹄山のような避難小屋泊では水も食料もおやつも、なにもかも自分で担ぎ上げるから大変だぁー!




ここは黒岳と違って、ロープウェイとかリフトなどの文明の利器も無いから楽はできませ~ん。
でも、その分、汗水たらして山に登れるので楽しいのです。




羊蹄山は日本百名山なので、日本各地から登山者がやって来ています。
大阪のグループの方には、「避難小屋ではビール売っているの?」って聞かれましたー。
答えは、「な~にも売っていません!」です。




ただし、羊蹄山避難小屋は寝袋や毛布を有料で貸し出してくれます。
私の場合は、マットと寝袋も持参しました。基本、避難小屋なので持参出来る人は持っていくのがマナーかなー。




イワギキョウが登山道に見られるようになったら...




九合目に到着。避難小屋は左方向。
ここに来るまで4時間40分。蒸し暑さで疲労困憊。ヘロヘロです。




ヘロヘロなものですから、分岐から避難小屋までが意外と長く感じるのです。




登坂中はずっと雲の中でしたが、山頂は青空が見えていた。




12時過ぎ、羊蹄山避難小屋に到着。
ここにザックをデポして先ずは昼食。

その後、サブザックに切り替えて山頂を目指しました。が...
あと数十歩でお鉢というところまで来て天気急変!
突如、滝のような大雨に見舞われ、ハイマツに潜り込んで避難、様子を見ていましたが、激しい雨は徐々に勢いを増すばかり。
避難小屋を出るときは青空だったため、サブザックには雨具なし。

とりあえず、ハイマツの中でウエストバッグに入れてあるスマホとカメラをビニール袋に包んだ。そのままでは確実に水没して壊れてしまう。
そして、意を決して避難小屋まで走って下った。登山道は川になっている。雨で足元が崩れやすい。この状況はそこそこ危ない。
靴の中は水浸しだ。歩くと靴の中の水が「ジュボジュボ」している。

それでも30分ほどで何とか避難小屋に戻って来られました。
被害状況は、靴が完全に浸水。服はずぶ濡れ。ウエストバッグ内のスマホとカメラは無事。サブザック内の荷物は軽く濡れていた。
幸い、着替えはフル・セット持ってきていたので、まずは小屋の中で服をすべて着替え、その後、冷え切った体を一杯のコーヒーで温めた。

濡れた衣服類は、絞っては乾かし、水が衣服の下に溜まったらまた絞っては乾かす、これを何度も繰り返した。
靴は中敷きを取り出して、まずは逆さまにして水を出し、次に上向きにして少しでも乾燥させるのだが、まあ、翌朝までに乾くハズもないのは明白だった。

それにしても、凄い体験ができたものだ。
山頂付近で大雨になると、登山道は様相が激変して川のようになり、視界は雨で効かなくなるのだ。
あと、これは反省点なのですが、少しの時間の行動でも雨具は必須だと思い知りました。これが夏でなかったら、低体温症に陥るところです。
反面、悪いことばかりでは無かった。登りでかいた大量の汗による体のべとつきは、すっかり洗い流されていた。避難小屋で着替えをした後は、まるでシャワーを浴びたかのような爽快だったのです。




雨の事後対策も終わり、早めに夕食を済ませた後、雨が上がっていたので避難小屋の外に出て夕陽を眺めました。
夕陽に染まる雲海にニセコアンヌプリが浮かんでいる。
太陽から上の空は、夕陽ではなく青空となっているのだ。
なんとも美しい。


翌朝、山頂は強風の様子。雲も多い。
靴が濡れていることもあり、無理をしないでそのまま下山としました。


さて、振り返ってみると、今回、避難小屋では各地から来られた方々と話が出来て、それなりに楽しかったです。
それに、素晴らしい夕陽を見ることが出来たので、一泊しに来て本当によかったと思いました。

結果として、今回も良い山行となりました。
(^_^)v


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

コメント

mori さんの投稿…
さすが隊長さん!
災い転じて福となす。
大雨も転じて爽快なシャワーとなる。


・・・体温の高い?隊長さんにしかできないことかも。
ちょっと羨ましいです~。(笑)
隊長 さんの投稿…
moriさんへ。

いやぁー、突然の山頂直前の大雨には、本当にまいりました。
雨も度を過ぎると、結構恐ろしいものだと実感した次第です。

それでも、走って避難小屋に向かっている途中から、「こりゃ大丈夫だな!」と思ったので、そこからはちょっと楽しくなってしまいましたー。
この楽観的なところが山でのアクシデントに強い秘訣なのかも。なんちゃって。

最近は異常な気象状況なので、moriさんも雨具は必ず携行しましょうね。
(^_^;)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

ニセコ イワオヌプリ周辺の花散歩 アカモノ&ツバメオモト(2017年6月24日)

HANAZONO GOLFコースでニセコ鏡沼へ(2017年6月24日)

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

曇り空のニセコ イワオヌプリ 後編(2017年7月1日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その2(2017年7月8日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その1(2017年7月8日)