高尾山ブラブラ(その3)


さて、高尾山の下山です。
山頂で考えた末、6号路の「びわ滝コース」、3.3kmを下ることにしました。
理由は...川沿いで涼し気だし、滝を見ることが出来るなんて楽しそうだから。です。極めて単純な理由です!(笑)




山頂から10分ほど下りるとこんな看板がありまして、ここから先は登山道が沢の上にある状態になりました。




道に沢水が流れておりましてぇー。
飛び石をしながら転ばないように歩いて行くのでありまーす。
あっ。ちなみに人があまり写っていませんが、敢えて人が写らないように気を付けているだけでして、結構な数の人が登ってきているのです。
この道は登りで使う人が多いようですよ。




5分ほどジャブジャブなところを歩くと普通の道へ。
相変わらずの晴天なりー。でも、緑が太陽を遮ってくれて助かっておりまーす。




緑が濃いなぁー。やっぱり藻岩山チックだなぁー。




登山道も良く整備されていて、道幅もそこそこあります。




花はこの時期、あまり咲いていませんでした。




何かの実をみっけ。




森の道。




気持ちがいい。




登山道を歩いていると、一定間隔に次々とこのような解説板が登場するのです。
その度に、立ち止まって見てしまう...初めて来た自分としては、なかなか面白いのです。




ほほーっ。ここの岩は粘板岩なのかー。どれどれ。と岩を触ってしまうわけです。




これ、粘板岩です。そうかー。とても固いのかー。




粘板岩の脇を歩いて行くと~~~...




お待ちかね、琵琶滝へ下りる分岐がありました。
登山道を少し戻るような感じで歩いて行くと...




おーっ。写真の奥に滝が見えております。
あれが琵琶滝ですね。水行で使うのだとか。
左にチラリと見えている建物の中からは、修行僧の声が聞こえていました。




一般の人は立ち入り禁止なので、ズームで滝を撮影。




薬王院は真言宗だそうです。




比較的新しい建物ですねー。




琵琶滝を過ぎて下山をしてくと、また謎の洞窟が...




こっ、これは...岩屋大師というそうです。
これまた...なんというか、涼しくなる雰囲気とでもいいましょうか...




南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏...




ううっ...この文字って何?ううっ...

なんでも、弘法大師の伝説がある洞穴だそうで、嵐の中、難儀している母子を助けたという伝説があり、いつもろうそくが供えられているのだとか。
ううっ... そうですか...




そんなこんなで、約1時間でほぼ下山終了。
遠くに写っている親子は、ここで記念撮影をしてあげた仲良し家族です。




おっ。斜めってるケーブルカーだ。
いつかこれにも乗ってみたいですが...なかなか来る機会が無いですからねー。
当分、おあずけですな。

色々な山関連の雑誌やテレビ番組で良く紹介されている高尾山。
花の百名山や日本百低山でもあります。
だから、一度来てみたいと思っていたので、今回、登る機会があり良かったです。

印象としては、なんども書いていますが、自分としてはこの高尾山は藻岩山チックに思えまして、きっと都民の憩いの山として必要不可欠なんだろうな~、と、歩きながら思っていました。
(^_^)


撮影機材: CASIO EX-ZR3000

コメント

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

ニセコ イワオヌプリ周辺の花散歩 アカモノ&ツバメオモト(2017年6月24日)

HANAZONO GOLFコースでニセコ鏡沼へ(2017年6月24日)

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

曇り空のニセコ イワオヌプリ 後編(2017年7月1日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その2(2017年7月8日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その1(2017年7月8日)