花のオロフレ山はシラネアオイが最盛期 その1(2016年6月11日)

土曜日の6月11日はスロースタートでした。
ゆる~く出発して、なんとな~く山の方向に向かったのです。

行先は、なんとな~く花が咲いているかも知れないと思ったオロフレ山。
なんとな~く昼前に登山口に着いてみると...駐車場は満車状態。

「えっ?!やっぱり?!やっぱり花の良い時期になっている訳?!」
そんなことを思いつつ登山開始。




登り始めていきなりシラネアオイに迎えられる。
「いまシラネアオイなんだ!驚き!!」 などと思いつつ歩を進める。




こちらはきっとサクラスミレ。
歩いていて普段見慣れたスミレと違い、「ぽてっ」とした花が異質に見えた。
自分は初めて見たと思います。いや、今までも歩いていて目にしているのかも知れないが、気がついていなかったのかもね。




イワカガミの季節にはちょっと早い。
だから咲いてはいないだろう。などと思っていた矢先に発見。
咲いたばかりと思える新鮮さ! ピンク色が眩しい。




ウコンウツギは淡い黄色。
そうそう。今回の山行は、スマートフォンのカメラのみで頑張ってみました。
自分の場合、スマートフォンのカメラで高山植物のマクロ撮影する場合は、ピントを外すことが多いので、撮影後の画像確認を入念にやってみました。
余談まで。




話は戻って、こちらもイワカガミ。
この花は、上から鑑賞するのも良いのです。




お~っ!いまツバメオモトが咲いているんだ!
まるで春になったばかりのようです。綺麗だなぁー。




オロフレ山の稜線が見えるところまでやって来た。
ここに至る間、ずっとシラネアオイ・ロード。きっと最盛期なんだろうな。
(^_^)


撮影機材: ZTE Blade S (goo g03 スマートフォン)

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)