純白のオコタンペ湖までスノーシューイング(2016年3月5日)


51歳の誕生日+1日のこの日、自宅をスロースタートで出発して、支笏湖の北方に位置し、北海道三大秘湖としても有名なオコタンペ湖まで歩いてみることにしました。
天気は晴天。新雪が降り積もっていたようで雪質も良好です。
先ずは冬期通行止めのゲートから2km先のオコタンペ湖展望台を目指します。GO!




太陽の光が真っ白の雪面に反射してとても眩しいのです。
快調に歩き続け、25分ほどするとオコタンペ山方向への取りつきエリアに到着しました。
トレースの具合から見て、かなりの人が登っているようでした。




山の稜線と空。稜線には雪庇が見て取れます。




真っ白な雪面に映る影が綺麗なんですよねー。
これを見ただけでここに来て良かったと思う単純な自分なのでありマース。
(^_^;)




展望台付近に到着です。ここまで55分で来てしまいました。

眼下に純白のオコタンペ湖が見えています。
右には漁岳、正面より少し左に小漁山なのかなー。
展望台直下から湖へ下りることも可能ですが、ちょっと傾斜があるのですよねー。
だから、もう少し先に進んだところの緩斜面から湖へ下りるのです。




はい。緩斜面の入り口に到着です。
最初の数十歩だけちょっと傾斜がありますが、それから先は楽々なのです♪




なんて綺麗な風景なんだろう。などと思いながら歩を進めると...




湖畔までやって来た。さあ、それでは結氷した湖上を行くか!




オコタンペ湖のど真ん中までやって来た。何度来ても凄い風景です。





きっと漁岳にもたくさんの人が登っていたのだろうなぁー。真っ白くて綺麗な山です。




振り返ると恵庭岳が雄々しく見えます。
ここから見る恵庭岳、角が生えているというか、魔法使いサリーのパパの髪型みたいで好きなのです!(笑)




昼食は眼下に湖が見える小高い場所でインスタントラーメン。
やはり鍋で作る食事は美味い! 本日は生めん風の味噌味に鶏肉、半熟卵をトッピング。
珈琲はもちろんドリップなのでありマース。風も無く快適なひと時(っていうか、風の当たらない場所に移動してきたのです)。




小一時間ほどゆったり昼食をして帰路につきました。
空は先ほどよりも晴れ渡っています。なんて天気がいい日なのだろう。




太陽を入れてこんな写真も撮ってみたかったのですよねー。




迫力の恵庭岳をズームで撮って帰路に着いたのでありました。




少々訪れるタイミングが遅かったかも知れないと思っていたオコタンペ湖。
でも、なんとかギリギリ間に合い、湖上を歩くことができました。
片道4.3km、オコタンペ湖までのスノーハイキング、最高でした!!
ヽ(^o^)丿


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

晩秋 歌才ブナ林(2017年10月28日)

エゾバルバンバン 南3条店 & 幸せのレシピスイーツ

日々精進

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

道南ブラブラ旅 海向山