開聞岳(薩摩富士)登山の旅 1日目(2016年2月10日~2016年2月13日)

さて、私、密かに温めていた旅の計画がありました。
それは、職場のリフレッシュ休暇制度を活用した真冬の登山旅行。

真冬となれば、冬山登山と考えるのがセオリー。
でも、今回はちょっと違うのでありまーす。
真冬でも夏靴&半袖で登りたい。そして、日本百名山がいい。富士という名称がついた優美な山がいい。

さすが日本列島、南北に長い。
考えていた条件に見合う山があるのです。そう、タイトルの通り、鹿児島県にある開聞岳、別名は薩摩富士。
なかなか遠い地ではありますが、ザックとスーツケースを持って、いざ北海道札幌市を出発!!
ヽ(^o^)丿




1日目は北海道札幌市から鹿児島県指宿市までの移動日。
朝、札幌駅のスターバックスでカフェモカを注文して、これからの移動行程の再確認と目覚ましです。
JR北海道のホームページで予約をした指定席に乗り、10時には新千歳空港着。
今回の旅は、移動距離が長いので、JRは極力指定席を確保するようにしました。




新千歳空港出発ロビーです。
この時点で出発が40分の遅れ。はい、新千歳空港周辺は吹雪の悪天候。
結局、1時間以上の遅れで離陸したような...
冬の旅では、あらかじめこの天候によるスケジュールの遅れをどの程度想定しておくかがポイントとなるのでありまーす。




14時40分、やっと飛行機から福岡空港に降り立ちました。
これから手荷物を引き取り、地下鉄に乗り博多駅に向かい、新幹線に乗車するのですが、かなり余裕を持っておいたスケジュールが...すでにギリギリ。
内心、とっても焦っていたのでありまーす。だっ、大丈夫か?新幹線乗車...
(-_-;)




福岡空港から地下鉄まで走り、博多駅を早歩きしてSAKURA557 15時36分発に間に合いましたぁー。




滑るようにホームに入る九州新幹線でありまーす。
良かったぁー。これにさえ乗車できれば、あとはチェックインの時間までに宿まで行ける!




新幹線の車窓から。
天気がとても良く、スマホで天気予報を見てみると明日も好天とのこと。いやぁー、ワクワクします。




17時12分、鹿児島中央駅から指宿枕崎線の普通列車に乗り換え、18時23分、指宿駅に到着しました。
夕暮れ時の車窓からは、火山活動の活発な桜島が良く見えました。
といいますか、実は、「あれが桜島かぁー!すごーい!初めて見るー!!」と心の中では叫んでいたりして(笑)。




18時半過ぎ、指宿駅前からタクシーで2泊する「旅館 川久」さんに到着しました。
タクシーに乗車して、「旅館のかわひさへ」と言ったところ、「ん?かわきゅうね?」という会話(笑)。
「かわきゅう」でしたぁー。(^_^;)




到着後の荷物整理は後回し。
旅館の女将に聞いて、まずは夕飯といたしましたぁー。
やって来たのは、女将が超おすすめの居酒屋、「つどい処 あの根(ね)」でありまーす。
川久から川沿いの暗い道を徒歩5分で到着。
このネーミング、いいねーーー!赤提灯も最高。 ヽ(^o^)丿




一人客なのでカウンター席へ。
すると、目の前には地元のお酒がずら~り。じゅる~~~!
でも、明日は登山なので中ジョッキを1杯で我慢です。




注文したのは2点のみ。
先ずは、脱皮エビの塩焼き。これ、その名の通り、脱皮したてのエビでして、皮がとても薄くて柔らかいのであります。
身もホクホクでボリュームもあり、頭から尻尾まで美味しいったらありゃしない!




そして、手羽餃子。
3~4個あったかな。骨付きの手羽と餃子が一体となっているのです。
左のタレにつけながらいただくと...超美味!!
ボリュームもあり、以上2点の注文で満腹状態となりました。
地元の方との会話も出来て、とってもいい夕食でしたよー。




ほろ酔いで宿に戻った後は、この宿の特徴の一つ、貸し切り制のかけ流し温泉へ。




指宿の温泉は温度が高いのが特徴とのこと。
適温に調整しつつ、ゆ~~~っくりと湯に浸かる...極楽!
(^_^)




Wi-Fiの使える一人旅用のワンルーム部屋へ滑り込み、明日の登山準備を開始。
その後、22時頃には就寝したのでありました...1日目はこんな感じー。
(^_-)-☆


撮影機材: ZTE Blade S(スマートフォン) + Nikon COOLPIX P330

コメント

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

ニセコ イワオヌプリ周辺の花散歩 アカモノ&ツバメオモト(2017年6月24日)

HANAZONO GOLFコースでニセコ鏡沼へ(2017年6月24日)

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

曇り空のニセコ イワオヌプリ 後編(2017年7月1日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その2(2017年7月8日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その1(2017年7月8日)