投稿

2月, 2016の投稿を表示しています

白き半月湖

イメージ
白き半月湖。 Nikon COOLPIX P330で撮影です。 ホワイトバランスがとても正確な写真だと思うのです。スマホとは違うなぁー... (^_^;)



縦構図で自分も入れて(笑)。 今日は気温が上昇したので、半月湖の氷も緩んでしまったかな。 今度、天気の良い日にこんな経験をすることができるのは何年後だろうか。

そう言えば、いま使っているP330の後継カメラを探しています。 先日発表された、Nikon DL、どうなんでしょうね。 発売後の使用レポートなどを見て検討したいと思いまーす。

撮影機材: Nikon COOLPIX P330

羊蹄山麓 半月湖の湖上をスノーシューイング

イメージ
ニセコ方面へ行ってきました。 ご覧の通り、本日は晴天なり! といった天気。 放射冷却現象なのか、朝はマイナス15度ほど。



羊蹄山も美しい姿を見せていました。 こんな風景を見ることができるのも、あと僅かだろう。



今日の目的地は半月湖でした。 夏道ルートで湖畔に降りるのは雪崩の危険があったため、湖西側の斜度の緩やかな斜面から湖畔へ下りました。 結氷した湖上を歩き、頭を少し見せている羊蹄山と一緒に記念撮影。



こちらの斜面は夏道ルートの方向です。 空が綺麗。そして、斜面の雪が崩れているのが見えました。



湖上で昼食をとり、来た道を登り返し。 青空と眩しい雪面が印象的な半月湖でした。 (^_^)

撮影機材: ZTE Blade S(スマートフォン)

まだまだ熱燗が良い季節

イメージ
もうすぐ3月とはいえ、北海道の冬はまだ冷え込みが厳しい。 だから、飲みに出ると熱燗が欲しくなります。キュッと一杯で温まる。



熱燗となると、辛口が欲しくなる。 先ずは、宮城県は萩野酒造の山廃純米酒 日輪田。 凄い辛口でうまい!



次に、福島県は白河名醸の純米吟醸 谷乃越。うん!辛くてうまい!



そして最後は、長野県は大信州酒造の洗練辛口 大信州。 これはバランスの取れた辛口。うまい! 結局、三銘柄、どれもこれも辛口でうまかった!!!



酒の肴は、菜の花、竹の子。 とても冷え込む夜なのに、春を感じる。



竹の子の皮。香りを楽しむ酒の肴。 味が無いので、途中から醤油を少量投入。うまい!



軽く〆たしめ鯖。甘みがあってとろけます。



何故か熱燗にベストマッチの野菜スープカレー。 ヤーコンが入っていて、甘みがあり最高でした。



自分的には熱燗の定番、塩ゆで落花生。



当然の如く、おろしナメコ。消化を助けてくれます。



酒飲み用に薄味に調理された「かきぬき」。 これは、蕎麦の代わりに牡蛎を入れた暖かい汁もの。 食すると、酔いも適度におさまり、体も温まるのです。



〆は香り高き手打ちせいろ。
明日からの活力は、こうして生まれてくるものなのだ。 私の飲み方でした。うむ。これでいいのだ。 (^_^)

夏山が待ち遠しい

イメージ
リアルタイムで体験している真冬の雪は楽しい。 でも、真夏の高山で出会う雪渓も最高なんだよなー。
写真は昨年の7月11日、大雪山系 赤岳で撮影したワンショット。 とても大きな雪渓を登っていったなぁー。
今年の冬は、どうも雪が少ないし気温が高め。 だから、例年よりもスノーシューで遊ぶ機会が少ない気がします。 いや、スノーシュー以外での遊びが多いだけか?
先週、開聞岳に登ってみて良く分かった。 どうやら足腰が鈍っている。これではいけません。 それに、お腹も少し締まりがない。
そこで...昨日から腹筋周りの筋トレを開始。 先ずは1週間、継続してみて体の変化を観察してみよう。 あと2か月もしたら、低山は夏靴で登ることができるのだから、夏山の準備をしなくっちゃ。 (^_^)

撮影機材:Nikon COOLPIX P330

恵庭渓谷 白扇の滝でスノーシューイング

イメージ
先週までは鹿児島の開聞岳を半袖シャツで登ったり、砂蒸し温泉の帰りには半袖&短パン姿で宿まで移動していたのですが...

今日は北海道らしく、雪景色の恵庭渓谷「白扇の滝」や「ラルマナイ川」の周辺をスノーシューで歩くことにしました。

桜を見ていた先週から一転、雪景色でありまーす。日本列島って本当に南北に長~い国なんですねー。実感だ!
(^_^)



恵庭渓谷の駐車場には愛車のアイス君(スバル フォレスター)。 こういう場所に良く似合うクルマなのでありまーす。



さっそく駐車場でスノーシューを履き、白扇の滝のビューポイントへ向かいます。 天気は曇り空なれど、幸運なことに無風で快適です。故に、落ち着いて撮影することができました。吹雪かれると撮影どころではありませんからねー。 さて、白扇の滝ですが、冬期にしては水量が意外とある気がしました。予想以上の迫力に大満足。



次に、滝からラルマナイ川に沿って上流方向へ。 川中の岩の上に雪が降り積もり、オブジェのようになっています。 例年ではもっとこのような風景を目にするのですが、降雪量が少なかったせいなのか、今回はこのような風景が意外と少なかった気がしました。



対岸の木々を何気なく撮ってみた。 樹に雪が付着してるので、冬らしい独特の雰囲気に感じる。



枯草にも雪帽子。 なんてことないワンショットですが、でも、これって冬限定。だから撮るのです。



エゾマツに降り積もった雪が冬っぽくて好み。



上流域まで歩き、倒木により先に進むことができなくなった時点で引き返しまして、お楽しみの昼食をすることにしました。 ここには東屋があるのでそこに陣取り、コンビニで買ってきたチャンポン鍋をするのでありマース。 先ずは、カチンコチンに凍っているチャンポン鍋を弱火で3分間加熱。 少し解凍され鍋に水分が見て取れたら、そこから強火にして沸騰するまで加熱します。



すると...ご覧の通り、野菜たっぷりのチャンポン鍋が出来上がりました。 この熱々を寒い屋外で食べる! う~ん、至福のひと時なのでありまーす。 どうして外で食べると凄く美味しく感じるのだろうか。いつも思うことだ。



昼食をしているうちに、いつの間にやら曇り空から晴れに変わっていた。 ラルマナイ川に目をやると、水面がキラキラと綺麗に輝いている。 せっかくなので、再び滝に近づいて撮影をしてみた。少し明るい雰囲気の写真に変化し…

開聞岳(薩摩富士)登山の旅 4日目 博多ラーメンで九州を〆る!(2016年2月10日~2016年2月13日)

イメージ
開聞岳登山の旅も最終日を迎えました。 最終日の早朝6時過ぎには、再び温泉に浸かってリラックス。 朝食を終え、9時20分にチェックアウト。



前日に予約をしたタクシーが9時40分に来るので、それまでロビーでのんびり待ちます。 ご覧の通り、最終日の阿蘇は雨。それもしっかりとした雨でありました。



ロビーには大きな「くまモン」!



阿蘇駅から南方向を見ると、少し雲に隠れた阿蘇山が見えていました。 う~ん。いつか登りに行きたいです。



阿蘇駅はちょっと洒落たデザインですね。



レンタカーには、くまモン。あははっ。凄いな!



阿蘇を9時57分発→熊本に11時8分着の九州横断特急1号に乗車します。 赤いカラーリングが格好いい特急なのです。



再び外輪山を眺めながら列車は走る。



この九州横断特急は、室内がレトロ調。 乗り心地は普通列車よりも気持ち良い程度。シートも立派ではありません。 それと、この列車は2両編成であろうとも、これは特急なのです!はい!



うつらうつらしているうちに、定時に熊本駅へ到着いたしました。



列車から降りて記念撮影。なかなかいい姿です。



すぐさま乗り継ぎ。熊本を11時28分発→博多に12時6分着の新幹線さくら550号に乗車です。 感覚的には、熊本・博多間は、あっという間。



14時20分発のJAL3515便 福岡→新千歳まで時間があるので、博多で昼食としました。 お目当ては博多ラーメン。駅のデイスト内にある博多麺街道へ向かいました。 ここは名店がひしめき合うラーメンの天国。昼時ということもあり大混雑です。