くろまつないフットパス 歌才森林公園コースをツボ足で歩く(2016年1月9日)


くろまつないフットパス 歌才森林公園コースにやって来ました。

スノーシューで歩こうと思っていたのですが、ここ黒松内町も今年はいまだ積雪量が少ない状況。
よってツボ足で歩くこととなりました。
こんな年も珍しいです。いつになったらフワフワの新雪を歩けるのかな。




シャクナゲは春に向けて着々と準備中の様子。




山をどんどん登っていきます。
20~30cmほど雪に足が埋まりながらの登坂なので、それなりにしんどいのです。
これが冬場のいい運動さ。




立ち枯れた樹には昆虫の幼虫が住み込みます。
そこにキツツキの仲間がやってきて食事をするのですが、ものの見事に散らかしていますねー。




展望台跡を通り過ぎ、歌才ブナ林までやって来ました。
少し顔をだした青空と冬のブナの大木。元気にしていたようです。




森の中は風もなく穏やかだったのですが、山の頂上は風の通り道になっていて、とても寒かったです。
枝に残ったブナの葉が風にゆらゆら揺れていました。




帰り道、遠くに黒松内岳。
双眼鏡で見てみると、いつも登っている稜線が良く見え、山頂付近は雪に覆われていました。
今年は秋に登ってみたいなー。

そうそう。
この日の撮影はニコンの修理から帰ってきたP330で撮りました。
明細書によると上部基盤を交換したそうです。
直って良かった!
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

晩秋 歌才ブナ林(2017年10月28日)

エゾバルバンバン 南3条店 & 幸せのレシピスイーツ

日々精進

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

道南ブラブラ旅 海向山