ぶら十勝な二日間(帯広市~かんの温泉~中札内村)


師走に突入し、仕事の一区切りがついたので、4人の勇者達と「ぶら十勝」な旅に出ました。
まあ、一般的にはなんていうか、観楓会的な感じ?一泊旅行です。

金曜日、仕事を早退していざ帯広へ。
今夜はランチョ・エルパソという「どろぶた」で有名なお店へ繰り出しました。
食べるのはもちろん「どろぶた」がメイン。




ドリンクは、地ビールの帯広ビールを注文です。
自分的におススメなのは、「小麦」という銘柄。
とてもフルーティーな味わいでして、ビールが苦手系な女性でも大丈夫かも。お試しあれ。
「どろぶた」のお肉系の写真は...食べるのに必死で写真無し!(笑)




すっかり自分自身が「豚」に成り下がり、超絶な満腹状態でホテルへ帰還(泣)。
帯広の夜は更けていく...22時過ぎにラーメン食べたけどね...(笑)




翌土曜日の朝。ホテルの窓からは十勝晴れの予感。




素泊まりだったので、早朝にチェックアウトして地方卸売市場へ。




お目当ては、市場の2階にある「市場食堂 ふじ膳」です。
そう、ここで朝食という訳でありまーす。




その名もシンプル 「あさ定食」 380円なりー!やすっ!




これが380円なのですから格安です。
昨晩は食べ過ぎていたので、これを食べきるのが限界ぎりぎり。
なんとか完食。ふうっ。




十勝といえば、自分的には「豆」。
母へのお土産に新物の豆を購入でありまーす。
持って行ったら、若干顔が引きつっていたような...「煮豆を作れってことか?!」と思ったのでしょうね...すっ、すまん!!





1階の売り場はこんな感じ。広いですよー。




朝食後はそそくさと「かんの温泉」へ。
私、つい最近も来ていたのですが、ほかの3人は初めて。
おーっ!これがヒグマの足跡か! と言ってみたりして。




朝のかんの温泉、いいねー。




間伐材のペレットを燃やすストーブ。




ヒグマもいるよ。




源泉は熱湯。こりゃ凄い。




白きウペペサンケ山を背に温泉を去ります。




次なる目的地はなぜか中札内村。
然別湖周辺の山々が見えています。




帯広市内を突っ切って、中札内村の道の駅へやって来ました。
残念なことに、物産販売所は11月末で閉鎖されておりました。
あーあっ。豆が...無殺菌牛乳が...消えていく~~~...




気を取り直して、「道の駅」の見学を続行。




道の駅の隣には、「豆資料館 ビーンズ邸」があります。
無料ということもあり、これまた見学。




世界の豆の起源と伝わった道筋を示す地図なんぞを見て「フムフム」。




豆のサンプルを見て「フムフム」。




色々な器を見て「フムフム」。




ちょっと辺りを見渡して「フムフム」。




昔の農機具の展示を見て「フムフム」。




屋号や仕事着を見て「フムフム」。




これを着た人たちを見てみたい!




さらに隣の建物には蕎麦屋さんが入っていたので昼食としました。




井戸なんてあったりして。ここは開拓記念館だったようですよ。




古民家のたたずまいのお蕎麦屋さん。




私が食べたのは、かしわ蕎麦ベースの「開拓蕎麦」。
ひときわ目立っているのはゴボウ天です。非常に美味しくいただきました。

その後、また帯広市内へ戻り、お土産などの買い物を済ませ帰路についたのでありました。

食べに食べた二日間。
増えてしまった体重を減らす努力が今も継続中であることは言うまでもない...
(^_^;)


撮影機材: ZTE Blade S ( goo g03 ) スマートフォン

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)