0合目からの富士山登山(Day3 富士スバルライン5合目~8.5合目ご来光)


Day3。
0時40分、富士スバルライン5合目を出発です。
先ずは、写真の小屋で24時間体制の受け付けをしている「富士山保全協力金」1000円を支払い、シャツにバッチを付け歩き出しました。 
深夜でも窓口が開設しているのは驚きでした。
協力金の納付率は50%に満たないようです。




ヘッドライトを点灯しつつ歩きます。
歩き始めは所々に警察や協力金協議会の建物などがあり照明がついています。
写真の上方には山小屋の明かりが複数見えていますよ。




ちょっと月夜でも撮ってみようかと。なんとなく雰囲気が伝わるかな~。




麓の富士吉田市方向の街明かりです。
カメラで撮影すると鮮明に写るのですが、肉眼ではもっと暗く見えています。




2時ジャスト、7合目(標高2700m)花小屋です。
これからは複数の山小屋の前を通過しつつ登坂していくことになります。
山小屋のあるところ以外は基本的に真っ暗なので、撮影ポイントは当然のことながら山小屋周辺になってしまうのですよねー。




7合目(標高2720m)日の出館を通過。
既に空気の薄さを体感できます。この先、更に薄くなりそう。




7合目(標高2740m)トモエ館を通過。
そうそう。山小屋を通過する毎に、ディーゼル発電機の音と排ガスの香り、そしてトイレから漂う香りが来るのですよねー。
これってこのコースの隠れた名物なのかも。
トイレがあるのは本当にありがたく(1回の使用で200円が相場)、私も2~3回使わせてもらいましたが、登山中の深い呼吸をしているときに漂う香りは、正直言って厳しいものがありました。
何らかの臭い対策をおこなった方が良いと思ったなぁー。




7合目(標高2790m)鎌岩館を通過。




7合目(標高3000m)東洋館を通過。
いよいよ3000mに到達いたしましたぁー。
この東洋館は、とても綺麗な山小屋でした。女性に人気かもね。




8合目(標高3100m)太子館を通過。




8合目(標高3150m)蓬莱館(ほうらいかん)を通過。




8合目(標高3200m)白雲荘を通過。
実際にはカメラに写っていませんが、それぞれの山小屋の前にはベンチが置かれていまして、そこで登山者が休憩していたり、風景を眺めていたりしているのです。




山小屋の飲食メニューが外に掲示されていたので撮影しておきました。見えるかな?




3時40分過ぎ、東の空がほんの少しだけ明るくなってきたような...




8合目(標高3250m)元祖室までやって来ました。




4時10分、本8合目(標高3350m)に到達です。
かなり空が明るくなってきて、このころになると山小屋の外でご来光を待つ登山者が多く見られるようになりました。
そして、冷え込みもピークに。ここまでは半袖シャツのみで登ってきたのですが(そんな人、他に居ませんでした)、さすがにここでジャンバーを着込みです(笑)。




8合目(標高3400m)トモエ館で休憩することに。
山小屋の方に「休んでいきませんかぁー?」と声をかけられたら素直に休みたくなります(笑)。
暖かい室内と暖かいミルクココア(400円だったかな)、冷えた体にガッツリ染みました。




4時30分、8合5尺(標高3450m)御来光館(とても立派で綺麗な山小屋)を通過し、登山道の脇でご来光を待ちます。
空は夜明け直前の色となりました。辺りにいる登山者も今か今かとご来光を待つ人や、もっと上で見たいと登って行く人などそれぞれでした。




御来光を待つ登山者を入れて。あっ、これ、自分ですけど(笑)。




4時56分、ご来光です! 「ばんざーい!」の声が上から下から聞こえてきます。
分かる、分かる、その気持ち。




素晴らしきかな、霊峰富士から見るご来光。

この後、ヘッドライトを消灯し、道端で朝食をすませ、いよいよお鉢まで登りつめていきます。
次回は「9合目~富士山頂 剣ヶ峰」の予定です。さあ、日本一高い頂上だ。
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

コメント

aki さんの投稿…
『そして、冷え込みもピークに。ここまでは半袖シャツのみで登ってきたのですが(そんな人、他に居ませんでした)、さすがにここでジャンバーを着込みです(笑)。』

フフフ・・・・さすが、隊長さん!富士山でも半袖だったのですね~(笑)
実は私もUP出来てませんが昨年の11月に(東京会議です)神奈川県伊勢原の大山に行ったのですが
皆さん、長袖の中、一人半袖で登板してました~
そうそうそれで・・・・・・

『山小屋の方に「休んでいきませんかぁー?」と声をかけられたら素直に休みたくなります(笑)。』

私の場合、ケーブルカーを降りて神社の辺りに茶屋があるのですけど、行きも声をかけられましたが
そこから山頂往復して帰ってきた時には、自動的に着席してました。
人間、そういう時は素直に従うものです(笑)
その時、「あ、半袖のお姉さん、無事おつかれさまー」と言われました~
(行きも半袖で目立ってたらしい(^_^;))

温かいココア、さぞ沁みたでしょうね~♪
はい、値段以上のありがたさ♪ 四の五の言ってられません!(笑)

で、ご来光、綺麗ですね~\(^o^)/
霊峰富士ですもんね~ 日本一ですものね~ まさに素晴らしきかなだったのでしょうね♪
みられてほんと、よかったですね(^_^)
隊長 さんの投稿…
akiさんへ。

そうなんですよー。
もう、0時40分に登山開始した時から半袖だったので、5合目で協力金を支払った時も、係の方に「そんな恰好で寒くないのかい?」と軽くジャブを打たれてしまいましたぁー(笑)。
だって、気温が快適だったんですもの...北海道的には...(笑)。

akiさん、大山(おおやま)ですかぁー。
丹沢大山国定公園、日本三百名山ですねー。
いいなー。もちろん、行ったことがありませーん。
で、akiさんも半袖...ぷぷぷっ...
(^O^)

あっ。で、ケーブルカーを降りて自動的に茶屋...(笑)...
分かるなぁー。やっぱり小屋とか茶屋ですよねー。
で、半袖お姉さま(笑)。きっとメッチャ目立っていたのだと思いまする~~~。
私もきっと浮きまくりだったことと思います。

ご来光、無事に見ることができてラッキーでした。
これで見ることが叶わなかったら、心残りができて、また再チャレンジという羽目になるのは目に見えていたので...(笑)。
それ以上に、晴れたことと、ほぼ無風なくらい平穏だったことが凄かったと思いました。
富士山の山頂でそよ風程度なのですから、どんだけ運がいいのだろう? もう今年の運を使い切った? って思っちゃいましたぁー。
(^_^;)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

冬の恵山の登山は絶景だった(平成26年1月16日)

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

葵姉さんの銭函天狗岳(2015年5月6日)