夏風邪抱えて徳舜瞥山(2015年8月22日)


今年の夏は、どういう訳か夏風邪を引き、しかも長引いてしまっています。
発熱はしないのですが、喉の腫れと痛み、そして咳が出ます。
お腹の調子も良くなく、そんな状態がずっと続いているのですよねー。

でも、週末は自宅で安静にしているということが出来ない性格。
山で体を動かして、いい空気を目いっぱい吸えば夏風邪も治るでしょう!
そんなつもりで、やって来ました、徳舜瞥山の登山口。




ここに来るのは何年ぶりだろうか。
調べてみると、5年ぶりのようです。




随分と長い期間、訪れていなかったようです。
道理で詳細な登山道の様子を思い出せない訳だ。




この日は雨上がりだったようで、登山道はしっとりと濡れていました。




そのせいなのか、登坂中の蒸し暑さは予想外。
体から汗を吹き出しつつの登坂となり、体力を消耗することに。




花は期待していなかったのですが...




この時期でも色々と咲いているものなのですねー。




夏アザミ~~~♪




この蛍光色のキノコは...?!?! ニカワホウキタケでしょうか。
「北海道のキノコ」という本によると、食不適とのことです。




やはり体調が優れないせいか、どうもフラフラしつつ登坂中。




9合目付近までやって来ると、かなり涼しくなってきた。
ゴゼンタチバナも実になる訳ですねー。




シオガマ系の生き残りかな。




頂上付近ではウメバチソウが綺麗に咲いていました。




登山口から2時間ほどで山頂に到着です。




天気は曇り空で微妙なれど、山頂はかなり爽快。
体調が優れなくてもそれなりの時間で登ってこられるものだなぁー。と地味に関心していたりして。




とりあえず山頂で昼食と休憩。
そして、あちらのホロホロ山(徳心別山?)までこの体調で行けるのかどうか、ちょっと考え中。




山頂付近はエゾオヤマリンドウが花盛り~♪




休憩後はとりあえずホロホロへ向かって歩いてみることに。




先ずは下りです。




登坂中、オトギリソウの花が終わっているなぁー。 なんて思っていたのですが、ここにはかろうじて数輪ほど咲いていました。




3つの花が写真に納まるのは珍しいかも。




これは...トウヒレン...だったような...




縦走路はエゾオヤマリンドウのフラワー・ロードと化していました。




結局、ホロホロ山を目の前にして体調的にアウト。
本日はここで引き返し下山することにしました。

下山はここから1時間40ほどで完了。
なんとか体が持ちこたえてくれた。
それに、体を動かして大量の汗をかいたせいか、少し体調が回復したような感じも...若干...あるような、無いような...(笑)。
なんにせよ、楽しかったのですから良かった、よかった。今日もいい山だった。
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)