雨と泥道と雲海の花園 羊蹄山(後方羊蹄山 その3)


お鉢まで登った時点でエネルギー切れ、そう、腹ペコでした。
こんな場所に座り込んでそそくさと昼食をすることに。
たっぷりと食べ飲みと休憩をして、山頂へ再出発することができました。
腹が減っては登山は出来ぬ!(笑)




道端には紫色のクワガタが咲いていた。まるでアポイ岳みたいだなぁー。




雄大なお鉢の風景。迫力あるし、青空が綺麗。




それよりも、この雲海がもの凄い迫力なんだよなー。
雲がせり上がってきて、体にぶつかるんじゃないかと思えるほどの近さ。
でもせり上がって来ないのです。





お鉢の底には三日月の沼が形成されていました。
真夏には干上がってしまい見ることができなくなりまーす。





向かい側の山頂をズームにて。




雲の上に山頂付近がチョコンと見えている遠くの山。狩場山かな。




エゾノツガザクラは小さなコロニーを形成していました。
あまりこういうのは見たことが無いです。羊蹄山はいいなぁー。




ピンクの花とお鉢の緑と雪渓。




キンバイ系も咲いている。







お鉢を歩き、どんどん山頂に近づいて行きます。





山頂の間近までやってくるとイワウメが見られるようになりました。




まだつぼみもたくさんあるイワウメ。今年初見だったかな。




天上の...




楽園です...




た・ま・り・ま・せ・ん!




こりゃ、チシマキンレイカか? などと観察しつつ...




崖に咲いているイワウメとお鉢の底を同時に眺め、お尻ムズムズ(笑)。




羊蹄の山頂に着くには遅いだろう! っていう、14時過ぎに到着。
もちろん、この時間では山頂は独り占め状態でありましたぁー。

その後、あまり時間が無いのでそそくさと下山を開始、ノンストップで歩き続け、「ぐちゃ」な泥道で2回ほど転びつつ、登山口には17時過ぎにたどり着いたのでありました。

そんなこんなの、「雨と泥道と雲海の花園 羊蹄山」のレポでした。
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

晩秋 歌才ブナ林(2017年10月28日)

エゾバルバンバン 南3条店 & 幸せのレシピスイーツ

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

海さくら元町店で乾杯(初冬に桜咲く)

道南ブラブラ旅 海向山