アポイ岳から吉田岳へ その2(2015年6月7日)


馬の背から先はミヤマオダマキ・ロードが続きました。
先日の伊達紋別岳ではシラネアオイ・ロードを初体験したばかりですが、今度はミヤマオダマキ・ロードを初体験するとは思ってもみませんでした。




稜線上からピンネシリ方向を眺めながらの登坂が続きます。




標高が上がってくると、コザクラの生き残りが見られるようになってきました。
これはサマニユキワリなのでしょうか。花の終わった部分と咲いている部分が同時に見ることができました。




アポイゼキショウも花盛り。背筋を伸ばして咲いていた。
空も晴れ渡り、青空に映えるのでありマース。




葉の成長点の赤色系はお気に入り。




足元のいたるところに咲いている。




徐々に近づくアポイ岳の山頂。




ヤマツツジのブーケ。




8合目。山頂まではあと少しです。




ハクサンチドリも見かけました。




標高が上がるとチングルマが咲いていた。
かなり終盤なことには違いはありませんが、それでも見ることができて嬉しかった。
では、チングルマが太陽に向かっている様子をどうぞ!




登坂中は常にこのような感じでミヤマオダマキだらけ(笑)。




太陽の強い日差しで輝く!




朝露の水滴が乗った花もいい。




複数の花が開花していた姿も見られました。




アポイ岳らしく撮ると、やはり風景入りでしょうね。
ピンネシリ方向を背景に入れて撮ってみました。




馬の背から50分ほどでアポイ岳山頂に到着しました。
ここでの休憩は無しで、さっそく吉田岳へと向かうことといたしましたぁー。
では、その3へと続きます。


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

コメント

ゆり さんの投稿…
初めまして
北海道の山行くことも出来ないし
見て楽しませてくださいね
隊長 さんの投稿…
ゆりさんへ。

こちらこそ、初めましてー!
ゆりさんは九州なのですね。このブログで良ければ見て楽しんでいただければと思います。
私もゆりさんのホームページをチラリと見させて貰いましたが、未知の山々がたくさん掲載されていましたぁー。
いやぁー、そちらもいいですねー。私、そのうちなんとか九州の山に遠征して登ってみたいです。そう思っています。
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

礼文島 宙玉ハナイカリと久しぶりの三角山~大倉山

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

就寝前の「龍角散」とは

初秋の鏡沼(2017年9月9日)