アポイ岳から吉田岳へ その1(2015年6月7日)


約1年ぶりにアポイ岳へやって来ました。
今年は暖かい春だったので、昨年とは違った花々が見られるはず。
そう期待して、ゆっくりと歩き始めました。




登り始めるとすぐに小さな花を見かけました。
この子、名前が分からないなぁー...




この葉がギザギザの植物は?
ヒロハヘビノボラズでしょうか。記憶では5合目くらいから咲いていたような気がしましたが、2~4合目でも見られるのですね。




約1時間ほどで5合目山小屋までやってきました。
麓方向を見ると綺麗に海が見えて、いいねー!ヤマツツジの花も綺麗です。




山頂方向を見ると...あれれ。山頂は雲の中でした。
こっ...これは...いやいや、なんとかなるでしょう。




5合目からはエゾタカネニガナがたくさん咲いていました。
黄色い花は華やかで、ヤマツツジとともに登山道を華やかに飾っていたのです。




この子は...ミヤマハンショウヅルかな。
2合目付近でも撮影したのですが、超ピンボケ(泣)。
でもって、この子もピンボケ。でも、せっかくなので載せちゃえ!です。




登坂中、アポイヤマブキショウマがいたるところに咲いている。




アポイアズマギクは岩場が大好き。




シモツケは朝露に塗れてキラキラ系。




ん~~~。この肉厚な葉は...なんだったかなー。




あっ、なにか動いてる!
良く見るとシマリスの子供が走り回って何かを食べていました。




馬の背の手前の風衝地までやって来ると...
ほぼ雲が上がって晴れてきました。よっしゃ、よっしゃ。




さて、こちらが私の楽しみにしていたアポイクワガタ。
いやぁー、相変わらず変わった姿形ですこと。でも、これがいいんです!




ピンクが映える(キタ?)ヨツバシオガマも咲いていた。
いやはや、鮮やかな色です。




あれー。この花は初めて見るかもです。
アポイゼキショウではないでしょうか。とても小さくて可愛い花です。
いまが最盛期のようで、このあと、吉田岳方面でも良く目にしました。




この花はなんだろう。
葉はハート形、花びらは5枚。真ん中は毛がモジャモジャ。
アポイタチツボスミレかなー。




おっ。葉の縁にトゲトゲ。痛くて蛇登らず(笑)。




5合目から45分ほどで馬の背へ。もう少しで雲が消えそう。
馬の背での休憩はしないで、そのまま花を眺めつつ登り続けることにしました。




この花は...葉の特徴などから見てキンロバイでしょうか。
馬の背から上には結構見かけることができました。これからもたくさん咲きそうです。




大きな岩の影に三輪が咲きそろう~~~♪




花盛りのヤマツツジ・ロードを登る~~~♪




この辺りのチングルマの花は終了気味。




この花はセンボンヤリかなー。




チングルマの綿毛はタマネギの形をしていましたぁー(笑)。
その2、へと続きます。


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

コメント

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

曇り空のニセコ イワオヌプリ 後編(2017年7月1日)

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その1(2017年7月8日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その2(2017年7月8日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その3(2017年7月8日)

共和町 白樺山 タカネナデシコ 宙玉撮影(2017年7月15日)

大雪山 旭岳から裏旭を抜け中岳温泉へ足湯の旅2017 その5(2017年7月8日)