垂直方向に雨のち晴れ


久しぶりに雨の登山でした。
泥道の急斜面が続き、悪戦苦闘。疲労困憊。

でも、9合目から上は楽園でしたぁー。先ずはスマホの1ショットまで。
(^_^)v


撮影機材: ZTE Blade S(goo g03)

オロフレ山 チシマキンバイ(2015年6月20日)


オロフレ山の見掲載の花写真でも(中央奥に羊蹄山)。




チシマキンバイの花畑でありまーす。




最盛期だったように思えます。




こんな風景に圧倒されました。

この登山口周辺ですが、駐車場が整備される前はチングルマやチシマキンバイを始めとする高山植物の花畑だったと聞きました。
道路と駐車場があるから登山ができるわけで、開発と自然保護のバランスの難しさを少しだけ考えさせられた出来事でした。


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

日本酒とマグロとタコ(2015年6月26日)


久しぶりに友達と麻生界隈で日本酒飲み。




色々と美味しいものをいただきました。
その中でも、このマグロは絶品。横のタコも凄く美味しかった。
この日、No.1の美味しい写真だけ掲載しておいて、あとから見て思い出すのだ。
この美味しさを忘れるな!と(笑)。
(^o^)


撮影機材: ZTE Blade S(goo g03)

白樺山の花と風景(2015年6月21日)


実はブログのリンクをしているmoriさんが目国内岳を登っている頃...私は隣の白樺山を歩いていました。




花が色々と咲いていまして、シャクナゲ岳を背景に撮影です。
先ずは、エゾカンゾウとシャクナゲ岳。




こちらはチシマフウロとシャクナゲ岳。




でもって、ミヤマアズマギクとシャクナゲ岳。

例年、私が白樺山に登るときは、いつもこれらの花が萎れていることが多かったので嬉しかったなぁー。
そんな白樺山の山歩きでありました。涼しくて爽快だったぁー!
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

オロフレ山の花見物に出動せよ! Vol.4(2015年6月20日)


さて、オロフレ山の下山を開始です。
下りの稜線を眺めると、沸き立つ雲が流れてきて、この風景を見ると標高の高い山の雰囲気みたいでカッコイイ!




これは面白いハクサンチドリの2連結写真(笑)。
背の低いのと高いのが並んだ偶然ですねー。アハハッ。




君はキンバイかと思ったのですが、葉が円いね。
ミヤマダイコンソウですねー。この日、黄色い花は貴重でしたぁー。




円い葉から茎がニョキ~と出てパッと咲く!




マイヅルソウは沢山咲いていたのですが、こんな風に岩からひょっこり咲いているのはあまり無かったのでパチリ。生命力感じるぅー。




オロフレ山の肩から羊蹄山がチラリ。




ズーム・アップ!見えていますねー。あちらもそろそろ山開き。9合目から山頂にかけてが花の見どころなんだよなー。




さて、登りで見かけた小岩峰にでも登ってみるか!
ここは踏み跡がありましてー。でも、急坂だから登る人は気を付けてね。




登坂中に見つけたイワヒゲさん。




いやはや、よくもまあ、ここに設置しましたねー。




崖にへばりついているイワヒゲさんが可愛い。




小岩峰からオロフレ山を眺めるとこんな感じです。




コケモモも少しだけ咲いていました。




「山神」です! 御利益祈願に如何でしょうかぁー。




小岩峰をあとにして下山を続け~~~...




ウグイスくんと、私の口笛ニセ・ウグイスと鳴き合戦を繰り広げ~~~...




いつの間にやら青空が顔を覗かせ~~~...




楽しいオロフレ山の花見物は終了したのでありましたぁー。下山はサクッと1時間程度かな。

さて。5年ぶりにやってきたオロフレ山は、花がたくさん咲いていて、以前よりも数倍印象が良い登山となりました。
やはり花の時期に訪れると楽しいものです。いやぁー、幸せでしたぁー。
(^o^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

オロフレ山の花見物に出動せよ! Vol.3(2015年6月20日)


相変わらずの曇り空の下~~~、歩く~~~。
右の小岩峰の上には「山神」が見えていますねー。




歩きやすい、とても良い状態の登山道を進みます。




この花は?ズダヤクシュ(覚えられない)みたいですねー。線香花火みたいです。
高山植物ハンドブックによると、喘息を治す薬草なのだとか。へぇー。そうなんだー。




この白い綿毛、たまに山で見かけます。
ミネヤナギですかね。フワフワの毛をまとっているものや、そうじゃないものが見られました。




通称「1000mケルン」までやってきました。
ここは休憩ポイントと見晴しポイントを兼ね備えているようなところです。
周囲にはミネヤナギがわっさわさ。




チシマフウロもワッサワサと咲いていました。




山頂まであと少し。




ここはハクサンチドリ・ロードです。




いい色してますねぇー。




この子は山頂手前の最終イワカガミ(笑)。




山頂に到着でーす。結局、1時間20分ほどで登ってきました。
時間的には短かったのですが、花の観察と撮影でかなりの屈伸運動をしたせいか、思いのほか疲労(笑)。




徳舜瞥山・ホロホロ山ですねー。




チシマザクラはまだ咲いていましたぁー。
いやぁー、この時期に桜を見物できるとは、こりゃありがたや。




羊蹄山もうっすらと姿を見せてくれましたよー。
この後、天気は回復傾向なのでありました。

ではでは、Vol.4に続きます。次は下山です。


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

オロフレ山の花見物に出動せよ! Vol.2(2015年6月20日)


まだ咲いていました。イワカガミです。
フサフサの花が「庭ほうき」、はたまた「茶筅(ちゃせん)」に見えなくもない!(笑)




いやいや、この角度から見るとイソギンチャクにも見えます。
何れにしましても、不思議な姿かたちなのでありマース。




そんなイワカガミを嬉しく眺めながら歩いていると、時々アカモノが顔を出す。




羅漢岩のふちに出ました。
5年ぶりでも、この地形のことは覚えていましたよ。




曇り空ではありますが、オロフレ山の全容が見えました。




羊蹄山方向を見ると...雲に隠れています。




いやぁー、かわいい。




楽しいです。




ミツバオウレンもかろうじて咲いていました。
もうとっくにピークは過ぎ去っていましたけれどねー。




ツバメオモトは今年初お目見え。




右下の花が終わった部分に注目。
いやぁー、骨組みだけが残りました。みたいな(笑)。




ヒメイチゲかな。





シラネアオイの姉さんはここにもたくさん咲いていました。




崖の斜面にはチングルマがビッシリ。
良く見ると、これまたピークは過ぎているようですが、それでも見ることができて良かったです。
それにしても、花が多い山だこと。

それでは、Vol.3へと続きま~す。


撮影機材: Nikon COOLPIX P330