山の手側入り口から哲学の道~奥三角山~三角山~二人静かの散歩道(2015年5月5日)


たまに近場に登ろう。
そう思い立ち、札幌市内の山に決定。
「山の手入り口」から「哲学の道」を通って奥三角山に行くことにしました。
おっ。どうやら今回はヒトリシズカの道になっている様子。




天気は良好なり~。木漏れ日が気持ちいい。
爽やかな風が吹き、かいた汗もすぐに乾きそう。




哲学の道に入り、少し登るとシラネアオイがたくさん咲いていました。
あれ~っ?この道、こんなにシラネアオイが咲いていたかなー?初めて見る光景でウキウキ度が急上昇。




ニリンソウも時期ですねー。
登山道には常に顔をだしていました。




でも、今日の主役はヒトリシズカだなぁー。
もう、登山道の脇はず~っとヒトリシズカだらけなのでありマース。こりゃ、たまら~~~ん!
あっ、葉に何かの種子らしきものがひっついてるね。




水色系のスミレはたくさん咲いていたのですが...
このスミレはなんと濃い紫色だったのですよねー。
こういうスミレはあまり見かけないなぁー。とても綺麗です。




シラネアオイ、優雅だなぁー。
いつもは花を超アップで撮影するところなのですが、今日は葉や茎も入れて全身撮影をしてみましたぁー。
これはこれでいい感じ。




ほんのりピンクが残ったニリンソウもいいね!




大倉山へと続く尾根に出ました。
緑が濃くなってきて、山の様相も春から夏に向かっています。




小さな花も地面に這いつくばるように頑張って咲いています。




グリーンロード、気持ちいい~~~!
時々、強風も。これまた気持ちいい~~~!




ただいま奥三角山へ向けて急坂を直登中。
そこでみかけたニリンソウ。こういう場所にも咲いているのだね。




いやはや、急坂です。
でも、この急坂が楽しいのですよねー。たまりません!




はい。奥三角山の頂上です。
珈琲をいただきながらのこの風景、なかなかよろしいかと。
空には飛んでいる虫の影も入っています(笑)。
そう、早くもブヨらしき虫が飛んでいましたよ。虫よけが必要な季節になってきましたぁー。




奥三角山は、よこして山とも呼ばれているようです。
ネットで調べてみると、この山の地主さんは奥三角山と呼ばれるのが嫌なようで、過去に何度もこの標識が挿げ替えられていたようです。って、本当なのかな?




これ。いったい何の写真?って感じですよねー。
実は...下の方にキアゲハが小さく写っているのです(笑)。




それでは、カエデの花を撮影後、山頂を後にします。
下山は直登ルートを避けて、グルリと巻く斜度の緩やかな道をいきます。




奥三角山を下りる途中、クルマバソウが咲いていました。
咲いている花を見かけたのは今シーズン初です。嬉しい。




ちょっと大ぶりなスミレもドーンとさいていましたよ。




大倉山を通過後、道端に隠れるかのようにフデリンドウ。
これを見つけるのは至難の業かもー。それにしても、相変わらずいい色しています。




登りかえして三角山の山頂でありまーす。




さっきまで、あちら方面に行っていたのですよねー。
お腹が空いたので、この2枚を撮影してすぐに下山でーす。




どうせなら遠回りして「二人静かの遊歩道」で戻ることにしました。
木漏れ日の中、ヒトリシズカとニリンソウに囲まれながらの下山。
心地よかったのでありましたぁ~~~。

今回は近場の奥三角山と三角山に遊んでもらいました。
ドライブする距離がとても短くて、その割には3時間も山で遊べる良いところ。
また、訪れた時期が良かったのか、花の種類も量も豊富で最高に楽しかったのでした。
「奥三角山、最高~~~!」と締めくくっておきまする。はい。
ヽ(^o^)丿


撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

晩秋 歌才ブナ林(2017年10月28日)

エゾバルバンバン 南3条店 & 幸せのレシピスイーツ

日々精進

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

道南ブラブラ旅 海向山