フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象


本日は内科の受診を午前中に済ませ、午後から北海道スバルへ。
愛車のフォレスター(SJ5)ですが、いよいよ12カ月点検なのです。
購入時に5年間の点検パックに入っていたので、既に料金は前払い済み。だからお手軽。
この点検パックですが、計算してみるとかなり割安。まあ、普段は点検に出さない人はもちろん割高(笑)。

今回はエンジンオイルとフィルターの交換を実施。
タイヤの空気圧には気を付けていたつもりが低下していました。
あと、車体下回りを防錆塗装してあるスリーラスターという塗料が少し剥がれていたらしく、部分補修してくれました。
あまりやんちゃな走行はしていないと思うのですが...




ほほぉー。バッテリーの診断結果も貰いました。
充電量が85%ですか。いかにも鉛蓄電池っぽいです。
この充電量で健全性が100%というのも分かる気がします。




なんじゃこりゃ? と思ったのがこの結果。
アイサイト(Ver.2)の診断をコンピューターでおこなったものです。
なるほどね。ハイテクになればなるほど、この類のチェックが必要になるということですか。
システムエラーは許されませんなぁ~~~。アイサイトが誤作動して、いきなり緊急ブレーキをかけられたら大変ですからねぇー。
(^_^;)


ついでに、この冬、2シーズン目に入ったスタッドレスタイヤ、DUNLOP WINTERMAXX SJ8の印象も書いておこう。
WINTERMAXX SJ8ですが、正直なところ、2シーズン目の方がタイヤの効きが良い感じがしています。
どうしてだろう?程よく一皮剥けているからかな?
とにかく、ミラーバーンを含めたアイスバーンやシャーベット状の雪、ふわふわの新雪、どんなコンディションでも安定して走行することができます。
何ていうか、走行していてタイヤのエッジが効いていると言っていいのか、トレッド面が路面に食いついているような印象を受けるのです。
それと、横方向に車体が流れた時も、程よく引っかかり感があって助かります。
さらにもう一つ、庶民として重要なことは、タイヤゴムの摩耗が少ないようです。
ブリヂストンのころは、2シーズン使うと目に見えてゴムが擦り減っていたのですが、WINTERMAXX SJ8はほとんど変化が無いように見えます。
ゴムブロックの角がまだ立っています。ブリヂストンの時は確実に角が丸まっていました。
もしかすると、タイヤの寿命が長いといううたい文句は本当なのかも知れません。
まあ、冬はまだ数カ月続きます。雪解け頃にまた軽くレポしたいと思います。
(^_^)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんにちは。

スバルはどうかわかりませんが、
ホンダの点検パックは
オイル交換料金とかも含まれているのでお得です。
タイヤ交換時期と車検時期があえば、
タイヤも交換してくれます。

ダンロップのスタッドレスタイヤは
横滑りもなくて良さそうですね。
2シーズン目に効くというのが本物感があります。
ウチのミシュランは激しく横滑りします。
但し、三年目なのに新品の時と何ら体感性能は変わりません。
これは庶民にはありがたい話です。
摩耗は見てないですね。
でもグリップがあるのだから残ってるでしょ(^^;。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

どもども。こんばんはです。
そうですか。ホンダの点検パックもお得ですか。
スバルもオイル交換が入っているのでお得感が高いです。
FB型のボクサーエンジンは、オイル交換時に5リットル必要なので、ますますお得感が高くなるのでありました。

ほうほう。ミシュランのスタッドレス、耐久性がありそうですね。
私の友達もミシュランの人がいますが、耐久性があると言っていました。
また、駆動力&ブレーキにも問題は無いと言っていましたよ。

あっ。スズさんのページが更新されていますね!
これから覗いてみます。
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

晩秋 歌才ブナ林(2017年10月28日)

エゾバルバンバン 南3条店 & 幸せのレシピスイーツ

日々精進

道南ブラブラ旅 海向山