冬の函館山を一周登山 山頂駅舎~旧登山道入口(平成26年1月15日)


山頂駅舎を出発し、つつじ山駐車場から千畳敷コースを目指します。
その途中、御殿山第2砲台跡があるようなので、コースから外れて見学してみることにしました。
凍結した急斜面などを越えていくと、函館要塞についての説明看板があり、この山全体が要塞だったことや、実際には戦果は無く、どちらかと言うと抑止力的な効果があったことが伺えました。




いやはや、要塞の砲台跡を見るのは初めてです。
なるほど。こういう配置になっていたのですね。




ここに大きな大砲が備え付けられていたのです。




戦闘用なので、砲台へと続く階段は45度くらいの急傾斜でして、人に優しい作りではありません。
しかも、階段の足場が狭いのですよねー。




ここは見取り図の一番右側の砲台になります。




ここは各砲台に繋がっている通路です。




千畳敷コースに戻り歩いていくと、右手に岬が見えてきました。
眺望がいいトレッキングコースです。




振り返ると津軽海峡側の市街地や...




山頂駅舎なども良く見えました。




地蔵山コースから七曲りコースへと下ると、道は幅が狭い如何にも登山道といった様相に変わりました。
斜度も急になり、何度も折り返すように下って行きます。
2~3人の登山者がこのコースを登って行きました。登りに使うのも良さそうです。




七曲りコースを下り切り、宮の森コースの入口付近に碧血碑なるものがありました。




函館戦争、土方歳三、旧幕府脱走軍、などのことが書かれていました。




納骨もされているのでしょうか...これも歴史の記憶です。




宮の森コースに入ると、杉の樹を眺めながら歩くことになりました。




やはり、この風景は北海道とは思えないです。




途中、こんな木道を歩く区間もありまして、凍結している場所もあり慎重に足を進めます。




山頂から1時間20分ほどで旧登山道入口まで戻ってきました。
コースタイムは、登り1時間20分、下り1時間20分。
歴史を感じる、なかなか楽しい冬の函館山の登山でありました。
(^_-)-☆


撮影機材: Nikon COOLPIX P330(碧血碑の3枚のみOLYMPUS PEN E-P2)

コメント

スズ さんの投稿…
隊長さん。こんにちは。

函館山いいですよね。
御殿山第2砲台や薬師山砲台、入江山観測所、千畳敷などの他に
山頂駐車場地下に埋まってる御殿山第1砲台、
など要塞巡りしながら全然飽きません。

駐車場からすぐのところの杉林もいいですね(^^)。
野鳥観察小屋は覗いても何もないです(^^;。
30分ほど待ってみたことありませんが、
人間が登ってくるぐらいで鳥の一羽も来ませんでした。

宮の森コースは歩いたことがありませんが、
内地の山を感じさせる良い森ですね。
また、行きたくなってきました。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

こんばんはです。
函館山がこんなに登って楽しい山だとは思っていませんでした。
動機としては、北海道百名山の1座だという事と、未踏だということ、そして冬場は涼しく、訪れたついでにグルメと観光も楽しめると思ったからなのです。
幸い、天気にも恵まれ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

砲台は歴史を感じました。
実際に訪れて、現物を見てみないと実感が湧かないこともありますよねー。
足を運んで正解だったと思いました。
あと、やっぱり戦争はダメな行為だと思いましたよ~~~。

杉の風景は見ていて清々しかったです。
スッと真っ直ぐ上に伸びる幹は見ていて気持ちがいいです。
野鳥観察小屋は下手をすると人間ウオッチになってしまうのですねー(笑)。
それはちょっと...

天気次第ですが、冬の函館山、とても気に入りました。
また春先にでも訪れてみたいなぁー。
(^_^)
スズ さんの投稿…
スズです。こんばんは。

函館山の自然が豊かなのは、
要塞地区のため、立ち入りすら
許されていなかったせいらしいです。

軍事施設も悪いことばかりでは
ないですよ(^^)。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

どもども。こんばんはです。
そうだ。昭和の何年かまで法律で要塞地区には一般人が入ることが出来なかったのですよね。
そんなことが書かれているのを見ました。
自然が残されたのは、不幸中の幸いといったところでしょうか。

町の中にどっかりと鎮座している函館山。
やっぱりいま思い出しても、なかなか面白い山歩きでした。
地味に気に入りましたよぉー。
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

晩秋 歌才ブナ林(2017年10月28日)

エゾバルバンバン 南3条店 & 幸せのレシピスイーツ

日々精進

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

道南ブラブラ旅 海向山