ブラモイワ(藻岩山 旭山記念公園コース)


いやぁー、年末ですねー。
自宅に居ても、テレビを見ているか、なにか食べているか、寝ているかといった感じなので、ちょっと健康的にブラモイワしに行ってきました。
自宅を出発する時点では結構強い降雪だったのですが、旭山記念公園に着いたときはご覧の青空。
青空と白い風景が素晴らしかったです。




本日は風もほとんど無く快適なブラモイワ。
気温が低いので雪質もサラサラで良好なのでありました。
山道を歩きながら、今年の山行の数々、すべて素晴らしかったなぁー。なんて思い返していました。




尾根の見晴らしの良い場所に座ってティータイム。
本でも持って行ったら、読みふけってしまったかも知れない。
それほど快適な時間だった。




下山後はニシン蕎麦。
大ぶりのニシンにかぶりつき!すると...ん?いつもよりも美味しく感じるのは?!
体を動かして、汗をかいた後の蕎麦は、また格別だということを再認識しましたぁー。
(^O^)/


撮影機材: ZTE Blade S ( goo g03 ) スマートフォン

仕事納め後の忘年会(2015年12月28日)

今年も一年を締めくくる仲間との忘年会がやってきました。
仕事納めを終えたその夜、行きつけの場へ集合。
寒さの厳しい夜でしたが、皆さん、しっかり着込んで予定の時間に集合です。

私は外が寒かったので、最初の一杯は芋焼酎のお湯割りでスタート。
体がポカポカと温まってくるのが分かります。




そんな寒さに震えた我々を察していたかのような一品が登場...の予感。




蓋を開けてみると、茶わん蒸しの上にあんかけ風の熱々スープが乗った茶わん蒸しだ。
上にはほんのり焼いたタチまで乗っている。ウェルカム茶わん蒸しと来たか!!




間髪入れず、御覧の刺身盛りが登場。手前はアジのナメロウだ。
もちろん、それ以外の刺身も鮮度と味が絶品であったことは言うまでもなし。




日本酒の燗やら、焼酎のロックやらをやりつつ、お次は厚岸産の牡蛎。
これがとても大ぶりかつ肉厚でして、一口で食べるのがギリギリのサイズ。1つで小さな牡蛎が3~4個分相当だ。
さて、そのお味は...これはとても新鮮で、濃厚かつクリーミーな味と表現して、果たして伝わるだろうか...
正直、こんな美味い牡蛎、食べた記憶が無いほどだった。




牡蛎の幸せに浸っている暇なく、次は鯛と根菜の煮つけだ。
一年を締めくくるに相応しい、いやはや目出度い逸品にテンションが上がる。
しっかりと濃い目の味で煮付けているところが流石である。
大根に注目していただければ分かると思いますが、しっかり芯まで味が染みていたのには感動した。




果たして、牡蛎のバルサミコソテーは、私の生牡蠣リクエストとは違って、もうお一人のリクエスト品。
これがまた、同じ牡蛎を口に入れているとは思えないくらい全く異なった味。
バターソテーが効きまくっているのでしょうね。ジワッと濃厚なのです。




とどめは天ぷらの盛り合わせ。
タチの天ぷらが入っていたのには感動。大好物だ。
やはりタチ天には日本酒の燗ですな~~~(笑)。

そんなこんなで約3時間の宴は無事に終了。
「良いお年を...」の言葉でそれぞれ家路についたのでありました。

しっかりと一年を締めくくることが出来ました。
皆さまに、感謝。
(^_^)


撮影機材: ZTE Blade S(最初の2枚)、Nikon COOLPIX P310

真冬日の円山登山は寒さ厳しく野鳥が楽し!


今日は近場の円山へ向かいました。近くて気楽です。
自宅から円山へ至る市内の道路はツルツル路面で危なかった!

さて、現地に到着してみると、いつもは雪没している小川も小雪の影響でまだ良く見えていました。




さっそくのんびり歩いていると...あら、コガラちゃん?




野鳥観察ポイントで腕を伸ばし、「私は樹」となりきって、ジッとしていると...
ヤマガラちゃんが指に止まって...「ん?え?枝じゃない?」 慌てて逃げる!(笑)
(^_^;)




コガラちゃんは、「んー。温かい枝?」って感じで結構長い時間、止まっていました。




乾燥した新雪斜面をゆっくり登坂し、円山山頂へ。
青空も顔をのぞかせ、なかなかいいんじゃないかい!
ヽ(^o^)丿




山頂でも腕を伸ばしてジッとしていると...今度はゴジュウカラちゃんが「こりゃ枝だ!」とまた止まる(笑)。
いやぁー、可愛い、可愛い。超かわいいのでありまーす。
*^_^*




山頂はマイナス8~9度はありました。寒ーい世界。




さて、長居は無用。汗が冷える前に下山です。




今日はこのほかにシジュウカラや大きなアカゲラも観察できて、野鳥観察は大成功でありました。
冬の山、野鳥と戯れるのもいいもんだ。そんな一日でした。
(^_^)v


撮影機材: Nikon COOLPIX P330



追伸 愛用カメラのP330ですが、以前より時々ズームが効かなくなっていたのですが、今日、とうとう全くズームができなくなってしまいました。
仕方がないので、ニコンイメージングのホームページからプレミアム会員でログインして、修理をオーダーしました。
修理費用は10%割引となりまして、簡易見積もりでは約1万円とのこと。
P330とは色々な山を共にした思い出もあるので、とりあえず継続使用を試みたいと思います。
ちゃんと直るかなー。直りますように...

この一年を回想して

この一年も色々と山を楽しみました。
印象深い山行を月ごとにあげてみると...

1月は函館方面に向かい、函館山と恵山。
冬の恵山は雪景色で迫力があったなぁー...

2月はニセコアンヌプリ周辺をスノーシューイング。

3月は円山とまたまたニセコアンヌプリ周辺をスノーシューイング。
ニセコアンヌプリの斜面で食べたラーメンが美味しかった。

4月は函館山。
もう春の花が咲いていて綺麗だった。

5月は室蘭岳と伊達紋別岳。
室蘭岳では一輪だけシラネアオイを見つけ、伊達紋別岳ではシラネアオイ・ロードでした。

6月はアポイ岳から吉田岳とオロフレ山、そして末には羊蹄山。
アポイ岳ではアポイゼキショウが咲いていた。
オロフレ山ではイワカガミがピンク色のフリルで迎えてくれ、羊蹄山は雨の厳しい登坂となりましたが、9合目から上は雲海上に出て快晴となり素晴らしい風景だった。

7月は赤岳、緑岳、沼の原。
赤岳ではチョウノスケソウが咲いていて、緑岳ではエゾナキウサギに出会えなかった。
沼の原はただただ絶景、この世の楽園でした。

8月は富士山。
今年のメインイベント。富士吉田市の0合目から登った二日間。
本格的に空気が薄いという感覚も経験できて、至福の山行となりました。

9月は石垣山と平山、腰痛再発でリハ兼て東ヌプカウシヌプリ。
石垣山ではやっとエゾナキウサギをたくさん見ることができ、平山でもナッキーを長時間観察することに成功。
東ヌプカウシヌプリは腰痛にあえぎながら登り、山頂付近の紅葉が印象的だった。

10月は摩周岳。
登りは曇り空なれど良いコンディションでしたが、下りは雷雨とガスで大変でした。
帰路の阿寒湖の紅葉が素晴らしかった。

11月は坊主山と鵡川のシシャモ。
鵡川のシシャモ寿司は久しぶりに食べました。もっちり感、あり。

これら印象に残る山行の合間にも、ほかの山々を登ったり沼を巡っているのだから、今年もかなり活動的でした。
そして、今年No.1の一座をあげるとしたら、やはり「富士山」となります。
日本一の山を麓から登った喜びはひとしおです。ガツンと記憶に残りました。




ということで、写真は富士下山後に食べた至福の一杯のラーメン(未公開写真)。
正面の海苔にご注目あれ。なんか見て取れますよねー(笑)。

振り返ってみると、今年もいい一年でした。
来年も体調を維持しつつ、色々な山に登ることができたらいいなと思っています。
(^_^)

12月末に雨の一日

今日は朝から雨降り。
深夜の22時を過ぎてもまだ雨が降り続いています。
おかげで道路の雪が融けて積雪量は少ないのですが...いきなりしっぺ返しが来ないとも限らない。
いや、一年の降雪量は一定とも聞いたことがあります。
この先、大丈夫なのか若干心配。




この写真は先日、地球岬を訪れたときにSIMフリーのスマホで撮影したワンショット。
SONY製のイメージセンサーを採用しているおかげか、今のところ画質に不満無く、とても便利に使っています。
スマホって、例外的な機種を除いて基本は単焦点レンズ。
単焦点って使い勝手が良くて好きだなー。
(^_^)


撮影機材: ZTE Blade S ( goo g03 ) スマートフォン

オロフレ峠でスノーシューイング


今年は雪が少ないですねー。
スノーシューで遊ぼうとニセコに向かったのですが、ニセコですら小雪。
ブラブラと走り回って、オロフレ峠までやってきました。
すると...おやおや、こりゃ樹氷がいいんじゃないかい!
ヽ(^o^)丿




さっそく樹氷を眺めながら片道2.1kmを歩き始めます。
いやぁー、すんばらしい景色です。でもって、さみーです。




おーっ!大きな白樺も完璧な樹氷になっている。
そして、私は先ほどまで寒かったはずなのですが、いつの間にやら汗だくです。
そんなこんなで歩くこと約1時間...




オロフレ山の登山口がある駐車場までやって来ました。
さあ、少し登るか! と思ったのでありますが...




まだまだ雪が少な過ぎるわ、半端ない強風が吹き荒れているわで体感温度が急速低下。
これはどうにもならないと思い、すぐさま引き返すこととしました。




いやはや、先ほどの駐車場付近はヤバかった。顔が寒さで痛い。
少し戻ると谷あいに入るせいか、風は無くなるのですよねー。
ここなら落ち着いて過ごせそう。さっそく昼食といたしました。




今日の昼食はフランスパンとコーンスープ。シンプルです。
この組み合わせ、初めてやってみたのですが、絶妙であります。
体は温まるわ、パンはすぐに食べることが出来るわ、美味しいわで、もう最高!
私、癖になりそうです(この写真のみ、ZTE Blade S、で撮影)。
(*´▽`*)




お腹も満たされ、歩き始めると少しだけ青空。
樹氷と青空の組み合わせはいいものだ。足を止めて何度も眺める。
この風景、少しの時間でも見られて良かった。




帰り道は緩い下り坂なので、少しだけ足取りも軽かった。
食事の時間も含めて1時間10分ほどで戻ることが出来ました。
あっ、アイス君、遠目から見てもちょっと車体が汚いですね。う~ん、まっ、いま時期はこんなもんでしょうか!

最後に一言。真っ白でモノトーンな世界、とても良かったです!
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

機嫌の良い地球岬


ちょいと地球岬に顔出し。
この日は空も海もとても機嫌が良かったのでありました。




うん。ここはいいところだなぁー。
元旦はとても混雑するのでしょうね。正月、もう少し。




お正月は海外で過ごす方も多いようでして。
私も一度はやってみたい気がします(北京のプレートとともに)。
(^_^)


撮影機材: ZTE Blade S ( goo g03 ) スマートフォン

ぶら十勝な二日間(帯広市~かんの温泉~中札内村)


師走に突入し、仕事の一区切りがついたので、4人の勇者達と「ぶら十勝」な旅に出ました。
まあ、一般的にはなんていうか、観楓会的な感じ?一泊旅行です。

金曜日、仕事を早退していざ帯広へ。
今夜はランチョ・エルパソという「どろぶた」で有名なお店へ繰り出しました。
食べるのはもちろん「どろぶた」がメイン。




ドリンクは、地ビールの帯広ビールを注文です。
自分的におススメなのは、「小麦」という銘柄。
とてもフルーティーな味わいでして、ビールが苦手系な女性でも大丈夫かも。お試しあれ。
「どろぶた」のお肉系の写真は...食べるのに必死で写真無し!(笑)




すっかり自分自身が「豚」に成り下がり、超絶な満腹状態でホテルへ帰還(泣)。
帯広の夜は更けていく...22時過ぎにラーメン食べたけどね...(笑)




翌土曜日の朝。ホテルの窓からは十勝晴れの予感。




素泊まりだったので、早朝にチェックアウトして地方卸売市場へ。




お目当ては、市場の2階にある「市場食堂 ふじ膳」です。
そう、ここで朝食という訳でありまーす。




その名もシンプル 「あさ定食」 380円なりー!やすっ!




これが380円なのですから格安です。
昨晩は食べ過ぎていたので、これを食べきるのが限界ぎりぎり。
なんとか完食。ふうっ。




十勝といえば、自分的には「豆」。
母へのお土産に新物の豆を購入でありまーす。
持って行ったら、若干顔が引きつっていたような...「煮豆を作れってことか?!」と思ったのでしょうね...すっ、すまん!!





1階の売り場はこんな感じ。広いですよー。




朝食後はそそくさと「かんの温泉」へ。
私、つい最近も来ていたのですが、ほかの3人は初めて。
おーっ!これがヒグマの足跡か! と言ってみたりして。




朝のかんの温泉、いいねー。




間伐材のペレットを燃やすストーブ。




ヒグマもいるよ。




源泉は熱湯。こりゃ凄い。




白きウペペサンケ山を背に温泉を去ります。




次なる目的地はなぜか中札内村。
然別湖周辺の山々が見えています。




帯広市内を突っ切って、中札内村の道の駅へやって来ました。
残念なことに、物産販売所は11月末で閉鎖されておりました。
あーあっ。豆が...無殺菌牛乳が...消えていく~~~...




気を取り直して、「道の駅」の見学を続行。




道の駅の隣には、「豆資料館 ビーンズ邸」があります。
無料ということもあり、これまた見学。




世界の豆の起源と伝わった道筋を示す地図なんぞを見て「フムフム」。




豆のサンプルを見て「フムフム」。




色々な器を見て「フムフム」。




ちょっと辺りを見渡して「フムフム」。




昔の農機具の展示を見て「フムフム」。




屋号や仕事着を見て「フムフム」。




これを着た人たちを見てみたい!




さらに隣の建物には蕎麦屋さんが入っていたので昼食としました。




井戸なんてあったりして。ここは開拓記念館だったようですよ。




古民家のたたずまいのお蕎麦屋さん。




私が食べたのは、かしわ蕎麦ベースの「開拓蕎麦」。
ひときわ目立っているのはゴボウ天です。非常に美味しくいただきました。

その後、また帯広市内へ戻り、お土産などの買い物を済ませ帰路についたのでありました。

食べに食べた二日間。
増えてしまった体重を減らす努力が今も継続中であることは言うまでもない...
(^_^;)


撮影機材: ZTE Blade S ( goo g03 ) スマートフォン