投稿

11月, 2014の投稿を表示しています

11月最終日は藻岩山でいい汗

イメージ
今日は藻岩山へ。 北海道新聞にも掲載されていた「日本初のスキーリフト跡地」の看板が真新しい。 進駐軍が使っていたものとのこと。写真を見て、背中合わせで乗るリフトって、降車するときはどうするのだろうと思った。



このコンクリートの基礎は歴史的な価値があるのでしょうが、天然林の中ではやはり異物だなぁ~。 個人的には、こういう中途半端な感じの異物をあえて保存することに意味を見いだせないのです。 いや、あえて保存していないか。いままで放置していただけか。 それにしても、この塊が土に還るには、あと何万年必要なのだろうか。



葉が全く無くなった木々。視界は良好。 アカゲラが「キョンキョン」と鳴いていて、見渡すとすぐに見つかる。 これから冬にかけて野鳥観察が容易になる、いい季節。



山頂から大都市さっぽろを眺める。 随分と霞がかかっていました。まさか、中国からのアレ(PM2.5)なのでしょうかねー。 その後、濃い目の珈琲とチョコレートを楽しみながら休憩をして、泥で滑る登山道を慎重に下山。 いい休日でした。

撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)

平成26(2014)年11月最後の金曜日

イメージ
あっ! という間に11月最後の金曜日だ。 10月よ、いつ終わっていたんだ?そんな感じー(笑)。 きっと12月だって同じようなものだろう。

20年ぶりに、漫画の「マスターキートン」が復活する。 この報に大喜びな私。ヽ(^o^)丿 今日、発売だ! 「マスターキートン reマスター」 私はきっとこれを買うと思います。 (^_-)-☆

美しき支笏湖と山々 Ⅱ(2014.11.23)

イメージ
位置にして多峰古峰山のあたりの支笏湖畔から撮影した支笏湖と山々です。 恵庭岳がひときわ大きく見えていて、この辺りの主峰たる堂々とした存在に思えました。 昔はこの辺りで釣りを楽しんだものだと思いだしていたら、撮影後の帰り道に釣り人がやってきて、やはり今も訪れる人がいることが分かりました。

運動不足による体重の増加が心配な今日この頃。 軽めの筋トレを開始しました。 継続したいと思っているので、あくまでも軽めに留めています。 食事の量も極力控え目を心がけ、なんとかスーツを作り直す事態だけは避けたいところ。 それほど危機的な状況なのでありまする。 地味に頑張ります!いや、頑張らなくては!! (^_^)

撮影機材: OLYMPUS E-P2 + 9mm F8.0 FISHEYE

P330で撮影した円山のエゾリスくん(2014年11月24日)

イメージ
今朝は、P330で撮影したエゾリスくんです。 モデルさんは静止しているかのようでも微妙に動いているので、撮影枚数は多いのですがシャープに撮れている写真は1~2枚のみという有様でありました。 う~む。野生動物の撮影って難しいなぁー... (^_^;)

撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)

札幌市中央区 円山でエゾリスの観察登山(2014年11月24日)

イメージ
札幌市中央区の円山を訪れてみました。 そう、相変わらずの低山の山歩きでありマース。 登りのコースは動物園の裏側から。
のんびり歩きながら、「今日はエゾリーいるかなー?」なんて思って歩いていると... 道の正面からこちらに向かって爆走してくるエゾリーなんかが居たりしてビックリ。 「今日はエゾリーの遭遇確率が高いな!」と確信。
ほどなく、エゾリーが樹に居たので撮影です。 中央区在住のセレブさんは、クルミをお食事中でありました(笑)。 レンズがフィッシュアイなので、かなり接近して撮ったのが分かりますか? 距離にして40~50cmほどだったかも。



そのほか、野鳥の囀りなどを聞きながら、ゆっくり登って山頂へ。 相変わらず体が鈍っているのか、ゆっくりペースでも汗が出る出る。
山頂ではフィッシュアイの効果を使って撮影です。 今回は、地平線を構図の上に置いて、円すぎる地球にしてみましたぁー。 円山に登って、円い地平線。「これでいいのだ!」



下山は北海道神宮方向のコースへ。 ふとお地蔵様を見ると、暖かそうな赤いマフラーが巻かれているではありませんか。 この行為は信仰心からか、はたまた優しい心からか。などと考えつつ、再び現れたエゾリーを横目に円山を後にしたのでありました... (^o^)

撮影機材: OLYMPUS E-P2 + 9mm F8.0 FISHEYE

美しき支笏湖と山々(2014.11.23)

イメージ
昨日の山行の帰路、夕暮れ時の支笏湖畔をドライブしていた。 目に飛び込んだのは美しい風景。オリのE-P2で撮り収めたのでありました。 (^_^)v

撮影機材: OLYMPUS E-P2 + 9mm F8.0 FISHEYE

晴天寒風の有珠山をウキウキ登山

イメージ
週末の温泉治療のおかげか、首と肩の調子も回復傾向なので、久しぶりに軽めの山へ登ってきました。 やって来たのは本当に軽めの山である有珠山です。 カラマツの落ち葉を踏みしめながら、いざ登山開始。



天気は晴天で寒風が吹いています。有珠山の山歩き、気持ちいいー! 気分は上々。久しぶりの山なので、気持ちとは裏腹に足が鈍っていて、足運びはかなり重いですが、そこは気にしない、気にしない。 そして、寒いハズなのに、体は猛烈に加熱でありまーす。 結果、またまた夏のような出で立ちに変身しつつの登坂なのでありましたぁー。



本日はオリのE-P2をお供にしておりました。 レンズは例の「魚の目」です。 このレンズで風景を撮った場合、画面の中心近くにメインの被写体を置くと、映像の歪みをあまり感じないように撮ることができるようです。 遠くに洞爺湖や羊蹄山、ニセコの山々が見えていました。



こちらは有珠山の全景です。 この写真も中心付近に山を置いているので、あまり違和感が無いでしょう?!



こちらは有珠湾の方向です。 水平線が通常とは逆方向に反っていますねー。 これはこれで、違和感ありまくりでして、楽しい写真だと思います。



こちらは対岸に駒ヶ岳を望む方向を撮ってみました。 正面に太陽を入れています。結構、ドラマティックな印象かな。



縦構図でメインの被写体を下方に追いやると、「魚の目」の本領発揮となり歪みが強調されて面白いなぁー。 あれ?この場合、メインの被写体って、空なのでしょうかね。



洞爺湖、羊蹄山の方向も縦構図で同様に撮影すると、これまた歪みが協調されまして、空がとても高~く写り面白かったです。
とまあ、こんな感じで撮影遊びをしたのですが、現地は寒風が強く、体が芯から冷えてしまいました。 この季節の山は昼間でも油断できませんです。はい。 (^_^;)

撮影機材: OLYMPUS E-P2 + 9mm F8.0 FISHEYE

さっぽろホワイトイルミネーション2014

イメージ
夜に札幌市中央区の大通公園を訪れてみると...



始まっていました、さっぽろホワイトイルミネーション2014。



テレビ塔も加飾されていてとても綺麗なのでありまーす。



こちらはJALさんがスポンサーのイルミネーションかな。



おっ。水辺にタンチョウヅルをイメージしたイルミネーションだ。



おおっ。光り輝くタンチョウヅルが飛んでいる。すごっ!



観光客に混じって並び、撮影台の上からも撮ってみました。
ホワイトイルミネーション、きっとこれから混み始めるのでしょうねー。 今はまだ、観光客などの数はそれほどでもなかったです。

撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)

健康管理は大切

イメージ
今朝の一枚も地球岬緑地散策路です。 青空に金色の葉がユラユラしていました。 またこんな青空の下を歩きたいものだ。今度は雪の中かな...



以前、職場の産業医に健康指導を受け、高脂血症の治療を受けた方が良いとのことだったため、大人しくその指導に従い、粘り強く治療を続けてきました。 その結果、効果が検査結果に着実に表れたのですよねー。 いやはや、医者の言うことは聞いてみるものです。こりゃ、想像以上に良い状態なのでありました。 今後も食事、運動、ストレスの管理を着実にやっていきたいと思います。 目指せ、健康で長生きなおっさん、おじいさん!(笑)
それと、内科受診のついでに、インフルエンザ予防接種もしました。 これで絶対に罹らないという訳ではないのですが、念のためです。 今回は流行るのかな? (^_^)

撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

幹・枝(2014.11.9)

イメージ
写真は地球岬緑地散策路にて。 わずかに残った枝の葉が好きな一枚。 (^_^)

撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

樹の裂け目(2014.11.9)

イメージ
樹の裂け目。そこから向こう側の風景。 地球岬緑地散策路にて。

阿部首相の話、聞きました。解散総選挙だ。 そして、高倉健さんが亡くなったとのことです。 昨夜は大きなニュースが2つもあった。 何かをしていても、何もしていなくても、時間は確実に進んでいくことを改めて実感です。 (^_^)

撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

8%はまだ続く?!総選挙?!

イメージ
たま~~~~~には少しマジメな話題でも。
う~ん。結局、GDPは年率マイナス1.6%でした。
全体の6割を占める個人消費が冷え込んでいると聞くと、なるほどと思ってしまう。 消費税率8%はまだ続くようですねー。 でも、1年半後にそう簡単に景気が良くなるものなのかな? 総選挙自体がアベノミクスの三本の矢の一つである財政出動?
それよりも、早く電気料金を安くして欲しい。 電気料金が高いと、家計や産業活動に悪い影響があり過ぎです! 二酸化炭素の排出量だって増える一方だし、地球にも悪い。 有効な対策は一つしかないでしょう。皆、分かっているはずさ。 (^_^)

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + BCL-0980 Fisheye 9mm

週末はなかなかの寒さでありました

イメージ
う~ん。この週末もなかなかの寒さでありました。 まだ体が寒さに慣れていないようであり、身に染みた。 風邪やインフルエンザなどに罹らないよう、気をつけねば。



写真は土曜日の百合が原公園の続きです。



雪の上の落ち葉は、土の地面に落ちたものよりも、より一層華やかに感じます。 これって、ちょっと得した気分。こんな些細なことで喜ぶ自分は実に単純なものだなぁー。 (^_^)

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + BCL-0980 Fisheye 9mm

OLYMPUS PEN E-P2の使用感など

イメージ
初めて所有するミラーレス一眼となったPEN E-P2。 手に持ってみると、ちょっと大きなコンデジ程度。 でも、とても重量感があります。そこがコンデジと違う。



操作性はどうでしょうか。 慣れ親しんだ一眼のEシリーズとは明かに異なる操作性ですが、コンデジに近いのでそれほど苦にはなりません。 それよりも、コンデジのような大きさなのに、シャッターを切った時の音が電子音ではなくて本物のシャッター音なのが新鮮です。



この写真はなんだかFisheyeの特徴があまり見られませんね。 それほど極端な歪みが出ないレンズなので、撮り方次第でこんな普通っぽい写真になります。 あと、パンケーキレンズで超広角ということなので、気を付けないとすぐに指が写ってしまいます。これは要注意だなー。
そうそう。E-P2ですが、今日試して分かったのですが、撮影環境によっては高感度になると派手目にカラーノイズが出ることがありました。 この辺りはさすがに古いカメラだと思ったところです。 でもまあ、激安のトイカメラと思えば上出来なのは間違いなし。 お金がかかっていない分、満足度はとても高いですよー。 (^_^)v

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + BCL-0980 Fisheye 9mm

BCL-0980 Fisheye + PEN E-P2 を持って札幌市 百合が原公園へ

イメージ
今日は若干雪模様。 でも、日中は少し晴れ間も見えそうだったので、自宅前を軽く除雪をした後に札幌市 百合が原公園へ行ってみました。 タイトルの通り、BCL-0980 Fisheye + PEN E-P2 というカメラが今日の相棒。 さて、この組み合わせはどんな感じなのかな。

先ずは公園の温室前で撮ってみました。 レンズが超広角のFisheyeということなので、遠近感と歪みを利用した面白い写真にする必要があります。 撮影のポイントは、構図の端に歪みが出ると分かりやすい被写体を入れることと、レンズの近くにアクセントとなる被写体を入れることです。 この写真の場合、交差する歩道で歪みを感じさせ、右手前の樹の枝を手前に入れて遠近感を強調させてみました。 ねっ。面白い写真でしょ?!(^_^)



温室の入口前に来てみると、降り積もった雪にモミジの葉が。 素敵な風景ですが、普通はごく一部しか写せませんよねー。 Fisheyeだと画角が140度あるので、このような場面でも有効です。 画面の上には歪んだ歩道が少し見え、右手前の雪の乗ったモミジの枝にピントを合わせてあります。 基本的にこのレンズはパンフォーカスなのですが、20センチまでならレンズの設定で被写体に寄ることが可能です。



温室の中にやってきました。入場料は130円だったかな。 温室の中ではいつもと違い、花の周辺を含めた全体の様子も入れて撮影することができました。 ここまで広い画角だと、本当に構図を考えるのが難しいです。 「こうか?いや、こうか?んーっ、どうだ?」って悩みます(笑)。
では、次回はカメラ本体のPEN E-P2の使用感なども含めて書いてみたいと思いまーす。 (^_^)

撮影機材: OLYMPUS PEN E-P2 + BCL-0980 Fisheye 9mm

いよいよ積雪

イメージ
昨夜から降り積もった雪が歩道に積もっています。 積雪量は数センチ程度。昼には溶けそうな量かな。 冬将軍の到来。いよいよ冬かー。

昨夜はビタミンBの錠剤を購入しに薬局へ。 口内炎の対策で服用していたのですが、効果絶大。 すっかり良くなりました。 副次的な効果としては、顔の日焼けやシミ、そばかすの減少があるようです。 なので、継続して服用してみようかと思った次第。ターゲットは、シミ(笑)。

昨夜、降り積もった雪を撮影しに外へ。 持ち出したカメラはPEN E-P2。 何枚か撮影して自宅へ。パソコンで写真チェック。 しかし、良い構図が無し。すべてボツとなりましたぁー。 まだまだ撮影修行の日々は続きそうです...

今朝の写真は、先日の地球岬緑地散策路にて。

撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

OLYMPUS 9mm f8.0 BCL-0980 Fisheye + PEN E-P2(中古) で格安トイカメラを組んでみた

イメージ
なにか面白い写真を撮ってみたいなー。 面白いと言えば、フィッシュアイのような超広角が面白いけれど、普通に一眼レフ用のフィッシュアイレンズを買うと中古でも5万円以上はしそう。 そんなにお金を出すのはもったいない。 だから、魚眼のトイカメラでも購入しようかと思っていたのですが...
オリンパスからマイクロフォーサーズ規格のボディキャップレンズ、9mm f8.0 BCL-0980 Fisheye が発売されていることに気が付きました。 ヨドバシカメラのポイントを使って、2,500円ほどで購入。 あっ。マイクロフォーサーズ規格のカメラ本体が無い...
そこで、トイカメラを作るためのカメラ本体を物色。 予算はできれば1万円以下。すると、マップカメラでストラップを取り付ける三角環無し、充電器無し、ケーブル類無しという、訳ありOLYMPUS PEN E-P2を9,100円で発見。 これまたポイントを使って8,800円ほどで購入です。



さすがにバッテリーを充電できないとカメラは動かない。 そこで、充電器はAmazonで調達。純正完全互換の急速充電器+バッテリーセットで2,380円なり。
これらすべての合計で、13,000円ちょっと。なかなか立派なスペックのトイカメラが完成しました。



じゃじゃーん。マイ・トイカメラの完成品です。 一応、しっかりとしたミラーレス一眼なんですよねー。 なんだかパンケーキレンズ風で決まっている気がする! (^_-)-☆



E-P2の文字が誇らしげ。この辺りの作り込み方が高級感バリバリ。 今後、ちょっと洒落たストラップでも取り付けて、対角線の画角で140度という魚眼レンズ遊びをしてみたいと思います。 どんな写真になるのだろう...撮影は結構、難しそうです。
(^_^)

突然、5月23日のアポイ岳の記録が届けられた

イメージ
仕事から帰宅すると、自分宛に封書が届いていた。 差出人は、松本市の武田さん。はて?松本市に知り合いは居ませんが...
封書を開けると、手紙と動画のDVDが3枚。 ああっ、5月23日にアポイ岳を登った際、お話をした老夫婦さんからでした。 住所と名前を武田さんのビデオカメラの前で話をしたので、私に記録を送って来てくれたのです。 中身を見ると、花や風景の動画が解説付きでBGMと一緒に編集されていました。凄い!
いやはや、感動するなぁー。 自分も何か送ってあげなければ。 自分にできることは、写真くらいかなぁー...



8合目付近で私が武田さんとお話をして、立ち去る際の様子も記録されていました。 右の男性は帯広市在住の方で、この山で知り合い、一緒に吉田岳まで歩いた方です。 その後、元気にされているかなぁー。下山して分かったのですが、彼はAudi S-lineのワゴンを乗っていました。とてもいいクルマ。 いやはや、下山後のクルマ談義も楽しかった...



それにしても、しっかり記録されています(笑)。 後姿の動画を見ると、なんだかザックが斜めになっているなぁー。 もうボロボロのザックでして、ベルトがすぐに緩むので、そろそろ新調しないとダメかな。
そんなこんなで、帰宅後に驚いた出来事でありました。 (^_^)

地面に落ちていたもの(2014.11.9)

イメージ
地球岬緑地散策路の地面に落ちていたドングリ。 今年は山のドングリもたくさん実っていたようなので、ヒグマも食べ物に苦労しなかったでしょうね。

さて、どういう訳かネットで中古のあるものを注文しました。 その中古のものに、新品のあるものを組み合わせて、ちょっと遊んでみようかと思ったのです。 はやく届かないかなー。あと2~3日かなー。 (^_^)

撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

とくに何もない散策路(2014.11.9)

イメージ
いまどきの地球岬緑地散策路は、とくに何もない時期だけあって、普通に歩いていると撮るべきものが少ない(笑)。 そんな時こそ、普段は絶対に撮らないような被写体を撮ってみたりして。 晩秋の雰囲気が少しでも感じられるものをあまり考えないで撮ってきました。 こういう散歩もなかなか良かった。 (^_^)

撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm