白雲避難小屋のクモイリンドウなど(2014.8.2)


白雲避難小屋では、クモイリンドウが咲いていました。
いやはや、ここまで頑張ってやって来た甲斐があるというものです。
さっそくP330で緑岳を背景に撮影してみました。




上から見たら、このような感じに見えるのです。
P330ですが、花の輝きというか、明るさは記憶に近いです。




こちらは一眼レフのE-3で撮影したものです。
P330よりも花の色の深みが忠実に再現されていると思います。




撮影するカメラによって、同じ花の印象も随分と変わるものです。
まるでフィルムを使っていた頃、メーカーや銘柄で色合いが異なったのと同じことがデジタルの世界でも起きています。




クモイリンドウを撮影後、白雲岳に向かって登坂開始です。
キャンプ地の下にある湿原っぽいところを撮ってみました。




白雲避難小屋とキャンプ指定地の様子です。




これからチョイとあちらまで。




エゾヒメクワガタを望遠で撮影したらこうなりました。
ここまでが登りの時に撮影した写真となります。
この後は、白雲岳を下山しているときに撮影した写真です。




同じく、シナノキンバイソウを望遠撮影。




この花は、タカネトウウチソウですねー。
なんだかこの花を見ると笑えてくるのですよねー。
てっぺんが...てっぺんに花が...無いのがある!(笑)。




ウスユキトウヒレンも白雲避難小屋から緑岳へ向かう途中で咲いていました。

白雲岳ですが、ちょうど山頂に立つ頃には、旭岳方面は雲の中に入っていまして真っ白でありましたぁー。
まさに白雲です。その名の通りの風景となってしまいましたぁー。
下山を完了したのは16時40分。かなり急ぎました。
だって、高原温泉の日帰り入浴は17時までなのですから。
ギリギリ間に合い、スッキリして帰路についたのでありました。

まあ、グッタリでしたけれど(笑)。
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330 & OLYMPUS E-3 + SIGMA 55-200mm

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんにちは。

当初、画像や音楽などがデジタル化されると
表現が画一化されるのでは?という危惧が本気で報道されてましたけど、
今となっては馬鹿な話ですね。
どちらのクモイリンドウも素晴らしいです。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

こんばんはです。
あーっ。なんか昔、そんな事を心配する意見もあったような記憶があります。
デジタル化しても、ソフトウェアが介在するので、そこで色々な技術と手法が生じ、結果としてアナログ以上に複雑な映像世界になっています。
いつの時代も写真は面白い。
これって、いいことですよねー。
(^_^)
mori さんの投稿…
隊長さん、こんばんは。

やっぱりというか当然というか
クモイリンドウですよね~♪
あのクリーム色のような淡い黄緑色のような
微妙な色が、きれいに写ってます。
8月に入っても花を楽しめるのは
残すところ赤か緑かって感じですね。
私ももう1回くらい花を楽しみに大雪へいきたいです!
隊長 さんの投稿…
moriさんへ。

こんばんはです。
そうでーす。クモイさんでした。
この花は、色合いといい、模様といい、なかなか個性的なリンドウさんですよね。
初めて見た時の衝撃はかなり大きかった記憶があります。
そうですねー。次第に花を楽しめる山が少なくなってきましたね。
って、moriさん、赤岳に行きましたね(笑)。
さっそく拝見させていただきます!
^o^
aki さんの投稿…
隊長さん、おはよーございます♪
って、隊長は今週末もお山?今頃もお山でしょうか?

いいですねー!やっぱり大雪の花や景色には癒されますね(^_^)v
緑岳をバックに大雪山らしい花々が綺麗です♪
エゾコザクラの大群落もノーファインダーで(笑)よく撮れてますね♪
撮影困難種、確かにそうですよね~
私も今度から、そう指定させていただきます(笑)

結局、親の骨折が思ったよりというか年齢を考えると当然とういか長引いておりまして
ちょっと山に行けてなかったのですが
まぁ、先人たちの教え通り、山は逃げないという事で
少しは親孝行期間と過ごしておりました。
と言っても、例の真夏の関東出張登山!?には行ってきたのですけどね(笑)
いつものごとく、UPも遅くなりそうですが~(^_^;)
隊長 さんの投稿…
akiさんへ。

こんばんはです!
今週は夏休みを過ごしていました。
はい。山三昧な生活でしたぁー(笑)。
昨日の土曜日は目国内岳で大汗かいていましたとも。
もう、休暇なのにこんなに疲れてどうするの?って感じでありまーす。
(^_^;)

大雪、いつ訪れてもいいですよねー。
なんていうか、一気に花が咲いて、いきなり秋、そして間髪入れず冬。
なんちゅー山域でしょうか!

撮影困難種という名称、いいでしょー。
我ながら、ここ数年来の名言です(笑)。
どうぞ、たくさん指定してくださいな~~~。

高齢になってからの骨折は大変でしょうね。
いや、中年を過ぎると既に骨折の治りが遅いようです。
私たちも骨折すると、なかなか元通りにまで回復しないことを覚悟しましょう!
とは言っても、生活にアクシデントはつきもの。
ゆっくりと構えてくださいねー。はい、山は逃げません(笑)。

あっ。恒例?の関東出張登山。
私、地味にakiさんのレポを楽しみにしているのでありマース。
レポ、遅くなってもいいので、よろしくお願いしまーす♪
(^o^)/

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)