表大雪 赤岳は高山植物の花と雪渓の風景が印象的だった(2014.7.20 その2)


第三花園のあたりにて。
あの尖がり頭は、烏帽子岳の山頂かな。




10時近くになると、第三雪渓にやって来ました。
この周辺にも色々な花が咲いていまして、とにかく歩いていて退屈しないコースです。
いやはや、それにしてもいい風景だ。




第三雪渓は、傾斜がそこそこあるのです。
でも、慎重に上り下りすれば軽アイゼンを装着しなくても大丈夫そうでした。
自信のない人や、雪渓歩きがあまり好きじゃない人は装着した方がより安全なのは確実な感じです。
登り切ったところから撮影した風景も、また良し!




ただいま第四雪渓の横を登坂中。
アオノツガザクラや...




チングルマが元気に咲いています。
青空を背景に写すと元気いっぱいに見えるなぁ。




ところどころで咲いていたエゾヒメクワガタ。
小さくて可愛いです。




第四雪渓を通過すると、赤岳の山頂にやってきました。
時間は10時50分頃。左は白雲岳、正面奥は旭岳。
肉眼では、白雲岳から旭岳方面に歩いている人たちや、旭岳を下ってくる人たちが砂粒のような大きさで見えていましたよ。




左の岩塊は赤岳の山頂。奥に見えている山は北鎮岳。
あちらはこれから雲がかかって来そうな雰囲気ですね。




小泉岳の方向はこちら。




山頂では、食事とコーヒーでゆったりと休憩。
その後、少しだけ小泉岳の方向へ歩いて、高山植物を見物することにしました。
それにしても、赤岳の山頂は大賑わいだなぁー。
まるで大人の遊園地みたいな感じです(笑)。




この花は...タデ科の花だと思います。
奥の黄色い花はなんだろうなー。チシマキンレイカかなー。




第四雪渓の付近で探して見つからなかったチョウノスケソウの花。
最後の生き残りがポツポツと咲いていてくれました。
う~~~ん。咲いていてくれて、本当に嬉しかった。




小判のような葉が印象的な高山植物です。
花が終わった時の毛はチングルマと比較してかなり剛毛な部類(笑)。




こちらは下山時に駒草平で撮影したコマクサの花。




下山は14時過ぎでありました。
ここまでのレポは、Nikon COOLPIX P330で撮影した写真で紹介していました。
P330の良いところは、移動中にザックの肩ベルトに取り付けたカメラケースから取り出して、気楽に撮影できることです。
移動の邪魔にならないし、面倒くさくないので重宝しています。

次回は一眼レフで撮影した写真を少し紹介したいと思います。
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330(RAW)

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

冬の恵山の登山は絶景だった(平成26年1月16日)

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

札幌市 大通公園&赤レンガテラス ホワイトイルミネーション

海さくら元町店で乾杯(初冬に桜咲く)

就寝前の「龍角散」とは

半月湖ぶらぶら

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!