表大雪 赤岳は高山植物の花と雪渓の風景が印象的だった(2014.7.20 その1)


2014(平成26)年7月20日 日曜日は、どこへ向かおうかと天気図や天気予報を見ながら悩んだ末、表大雪の赤岳にやって来ました。
私の予想では好天が期待できたのですが、山の天気は現地に来てみないと分かりません。
だからあまり期待しないで銀泉台に現地入りしてみると、スカッ晴れでビックリしました。
1枚目の写真は登山口の看板前にて。暑そうでしょう!時間は8時頃。




登り始めてすぐに目にした、これは...キンバイ系の花かな。
そうそう、今回のレポは印象的な写真を紹介していきます。
時間は進んだり戻ったりするかも知れませんが、なるべくその都度解説したいと思います。




8時31分、第一花園です。
ここまでは、チングルマやアオノツガザクラ、エゾノツガザクラなどが咲いていました。
写真を未掲載なのは、この辺りの花は終盤だったため、今一歩元気が無かったからなのであります。




第一花園のあたりから下方を眺めると、銀泉台の駐車場や林道が良く見えました。
空を見てくださいよー。とても天気が良いことが分かってもらえると思います。




9時近くになると、第二花園にやって来ました。
先ずは雪渓の手前でエゾコザクラを撮ってみました。
赤岳で目にしたエゾコザクラの花は背が低く、しかも花の痛みがほとんど無い綺麗なものばかりだったのが印象的でした。
咲いて間もない時だったのかも知れませんね。




第二花園の看板前にて。




青空と緑、そして雪渓の白。
この日の印象的な風景を醸し出す三大要素なのであります。




太陽をいっぱい浴びるエゾコザクラ。可愛過ぎます。




9時25分頃、ここは駒草平。
目の前にはチシマツガザクラの大群落です。
この花はとてもお洒落な模様が入っていて、クモマユキノシタ級に可愛いと思いました。




そして、駒草平だけあって、コマクサは最盛期を迎えていました。
見渡す限り、コマクサの花。足元にもコマクサの花。
皆さま、歓喜の声を上げていましたぁー。
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330(RAW)

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)