旭岳から裏旭を通り中岳温泉へ足湯の旅2014 その2(2014.7.6)


強風の中、順調に高度を上げていきます。
周りを見ると、皆さんアウターウェアにフードをかぶって耐えながら登っています。
下からは雲がせり上がり、一時は辺り一面が真っ白。
でも、強風がすぐに吹き飛ばしてくれました。




私は長袖シャツ1枚で普通に登っていたりして。
ここでも暑がり炸裂なのです。皆、寒いと言っていますが、私には適温なんですよねー。




2070mまで登ってきたようです。多分8合目。
この標高で裏旭キャンプ指定地と同じくらいだったと思います。




頂上まであと少しのところで見る看板です。




金庫岩だ!どうしてこんなに四角なのだろうか。
雲海が綺麗。




8時50分、2時間で山頂に到着です。
この頃になると、若干強めの風に変わっていました。
少し収まって良かったです。




遠くに黒岳を望む方向。
裏旭に向かう人たちが写っています。撮影したら、自分も行くぞ!




正面にトムラウシ山、右手に十勝連峰。




爆裂火口はこんな感じ。




永山岳、比布岳などなど。右手は北鎮岳。
眺望はあまり期待していなかったのに、こんなに眺められて幸せでありました。

この後、休憩は無しですぐに裏旭の斜面を下るのです。
その様子は「その3」へ続きまーす。
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)