夏の蒸し暑さに悩まされた積丹岳(2014.6.29 前編)

どうやら日本海側の天気が良さそうだ。
そう睨んだ私は、一路、積丹岳へと向かいました。
ところが、スロースタートしたのが間違いだった。
途中、積丹町の「積丹ソーラン味覚祭り!!」の大渋滞に巻き込まれてしまったのでありましたぁー。
ここで大きくタイムロスをしつつ、やっと登山口へ。




はい。登山開始がなんと10時35分。遅っ!
でもまあ、日も長い夏、全然大丈夫でしょうと、いざスタートです。




ところが、いきなり山の中は蒸し暑い。
これは想像以上の過酷な環境です。
猛烈に暑い。すぐさま全身いたる所から汗が噴き出してきたのでありマース。




おおっ。白い花が木の幹に纏わりついている。
なーんて写真を撮っていますが、実は大汗かいて「ヒーヒー」言っています。




こんな花も見かけましたが、これは名称が不明。




登るにつれて、マイヅルソウの花が濃くなってきます。
いまが最盛期といったところでしょうか。




沢を渡り対岸へ。




1時間ほど経過し、全身どっぷりと汗をかき、意識が少し朦朧としてきた頃、なんと今年は見逃したと思っていたツバメオモトが眼前に登場!
目まいにも似た感動が、いや、蒸し暑さと脱水で目まいがしているのですが、感動しましたぁー。




なんとかツバメオモトの感動で意識を保って登っていると...
今度は眼前に、これまた今年は見逃したと思っていたサンカヨウの花が登場したのでありましたぁー。
ここでまた少しテンションを持ち直したのであります。




そして、沢にはミズバショウも。
いやはや、ここは雪解け直後なのかも知れませんねー。
積丹岳の春は、今頃やってきて、すぐに夏、すぐに秋、そしてすぐに冬なのかも知れませんね。
(^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)

コメント

S-Yoko さんの投稿…
樹に巻き付いているのはツルアジサイ、その下の写真はルイヨウショウマでしょうか。

ていうか、この初夏の時期にミズバショウとは!なかなか風流で良いすねー
隊長 さんの投稿…
S-Yokoさんへ。

こんばんはです!
あっ。ツルアジサイでしたかぁー。そっか。
ポワポワした花はルイヨウショウマというのですね。
いまネットで見てみましたが、確かに花や葉の形が合致です。
いやぁー、ありがとうございまする。


ミズバショウ、いいでしょう!
登山道を横切る小さな沢がありまして、そこに咲いていました。
季節外れの花は、ちょっと楽しいですよねー。
(^o^)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

花の名山 富良野岳 2017 その5(2017年7月23日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

最北の日本百名山 利尻山 2017 その2(2017年8月7日)

最北の日本百名山 利尻山 2017 その3(2017年8月7日)

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!