Nikon COOLPIX P330 ファームウェア バージョンアップ(Ver.1.0→ Ver.1.1)

自宅に戻ってネットを見ていたら、ここのところ一番稼働率の高いP330のファームウェアがバージョンアップしているとのこと。
その内容は下記の通り。うーむ...地味な内容ですね。
でも、バージョンアップしておいた方が良さそうなので実施することにしました。

【ファームウェア Ver.1.0から Ver.1.1への変更内容】
[GPS設定] - [位置情報記録機能] を [ON] にして静止画撮影後にカメラの電源を OFF にした際、まれに電源をON にできなくなる現象を修正しました。
[AFエリア選択]を[ターゲット追尾]にしてターゲット追尾して撮影した後に画面表示が真っ黒になってボタン操作を受け付けなくなったり、画面表示が白っぽくなったりする現象を修正しました。
[RAW (NRW) 現像] のパラメーター設定画面で、[ホワイトバランス] の設定を [蛍光灯 FL1] (白色蛍光灯) 、 [蛍光灯 FL2] (昼白色蛍光灯) 、 [蛍光灯 FL3] (昼光色蛍光灯) のいずれかに設定した際のプレビュー表示や、RAW (NRW) 現像後のJPEG 画像が正しい色合いにならない現象を修正しました。




SDカードにファームウェアのフォルダをコピーし、P330のメニューからバージョン情報を表示すると、いきなりバージョンアップをするかどうかを聞いてきた。
もちろん、ここは「はい」を選択してOKボタンを押下。




おおっ。バージョンアップ中です。
このまま数分、待っていると、いきなり電源がOFFされてレンズが本体に格納された。




再度、電源を入れてメニューからバージョンを確認してみると、無事にVer.1.1になっていました。
この後、SDカードから用済みのフォルダを削除して作業は終了です。

ためしに色々と動かしてみたのですが...
まあ、いままでの動作となんら変わった感じはしないですねー。
強いて言うならば、電源ONから撮影開始までの時間が短くなったような気がします。もしかしたら気のせいかも知れませんけれど。
まあ、悪くないです。P330のユーザーさんは、やってみてはどうでしょうか。



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

コメント

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

花の名山 富良野岳 2017 その5(2017年7月23日)

最北の日本百名山 利尻山 2017 その2(2017年8月7日)

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

最北の日本百名山 利尻山 2017 その3(2017年8月7日)

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ