新緑ブナの黒松内岳へ(2014.5.25)


アポイ岳&吉田岳に引き続き、新緑ブナを見たくなり黒松内岳を訪れてみました。
歌才ブナ林では、若干ですが新緑が濃くなっていたこともあり、やはり芽吹き直後のフニャフニャで透明感のある葉が見たかったのでありまーす。




時期的にどうなのか、若干の不安はあったのですが...
結果はご覧のとおり。予想的中です。
まだ葉に産毛が残っている、フニャフニャなブナの葉だらけ。
このライトグリーンの光を浴びたかったのですよぉーーー。




小さな白いスミレや...




ブルーのスミレもちらほら咲いています。




登山道は6合目を過ぎるまで急坂。汗が噴き出る~!
あと、立ち止まるとブヨが群がるぅ~(笑)!
でもでも、ブナロードの登坂は気持ちがいいのです。




7合目を過ぎると森林限界を過ぎ視界が開けます。
おおっ!山頂が良く見えます。天気も最高、最高。




遠方には薄らと駒ヶ岳の姿も見て取れました。




稜線にはハクサンチドリとマイヅルソウの蕾や...




エゾカンゾウの黄色。




今シーズン初見のチシマフウロもお出迎え。




フギレオオバキスミレも咲いています。




1か所、登山道に残雪があり、ここをトラバースするときは少々緊張。
傾斜角度が結構ありますもので...




さあ、いよいよ雪崩斜面の長いロープ場に近づいたとき、最後の生き残りと思われるカタクリを発見!
この時期に見られるとは思わなかった。




ロープ場の急斜面と格闘中なのですが...
そういう過酷な場所なのに、綺麗なシラネアオイの群落があるのですよねー。
“ハァハァ”しながら、なんとか1枚、カメラに収めておきました。




滑落要注意で雪崩斜面も登りきると、すぐに山頂です。
山頂標識にはなぜかブルーの帽子が(笑)。可愛い。
写真の左端には残雪です。

山頂は風も穏やかで過ごしやすかった。
また、今回は訪れる人も少なく、とても静かな山歩きを楽しめました。
眺望もすこぶる良かったので、その様子は後ほど紹介してみたいと思います。

登り: 1時間35分
下り: 1時間10分
(別途、山頂休憩 50分)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330(jpeg)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんにちは。
そして引き続き、黒松内岳…元気ですなぁ。
私、今週はブログアップしないかもだけどインドアで色々撮影してました。
風が強かったとは言えもう暑い季節ですよねぇ。
天気にも恵まれたようでなによりです。
ここも行ったことないなぁ。





隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

はい。黒松内岳です。
あははっ。確かに、元気がありますよねー。
どうなっているのだろう。
そのうちポックリと逝っちゃうかも(笑)。

スズさんはインドアで撮影でしたか。
札幌近辺はあまり天気が良くなかったのですよね?
だとしたら、インドアは正解かも。

黒松内岳は、小粒でもピリリと辛い感じの良い山ですよー。
サクッとファイト一発、如何でしょうか。
(^_^)
匿名 さんのコメント…
来週登る予定です。心地よかったです。このブログを読んでより楽しみになりました。ありがとうございました❣️
隊長 さんの投稿…
匿名さんへ。

あっ。2014年のレポがお役に立ったのですね。
週末、天気に恵まれた山行になればいいなぁー。
楽しんで来てください。
(^_^)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

花の名山 富良野岳 2017 その5(2017年7月23日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

最北の日本百名山 利尻山 2017 その2(2017年8月7日)

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

最北の日本百名山 利尻山 2017 その3(2017年8月7日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ