アポイ岳と吉田岳のミニ縦走は終始ガスだった 3(2014.5.23)


馬の背までやってきました。濃いガスだぁー。




おっ。顔を隠しているかのようです。




あははっ、ホワイトの子も。




三色ならんでいる様子も見られました。




アポイタチツボスミレかな。良く見られました。




こちらは花びらの透明感が良かったのです。




この子は、花がピカピカの美人さん。




ガスの中、岩場を登っていくと...




岩の割れ目が大好きなヒダカイワザクラが並んで咲いていました。剣山で見た以来かな。




エゾキスミレも岩の周辺が好みなのでしょうか。




超ゆっくりペースで写真をとりつつ、3時間ジャストで山頂です。
気温は8度。なかなか寒いのですよねー。
この後、眺望は望めないと分かっていつつも、吉田岳を目指しました。




40分ほどで吉田岳到着。
縦走中の様子は、ガスがとても濃かったので省略します。
途中、サマニユキワリ、ヒダカイワザクラ、山桜などが咲いていました。




山頂から見たガスはこんな感じです。風もあって寒い寒い。
小休止ののち、そそくさと引き返したのでありました。




下山は休憩を除いて2時間ほどで完了。
アポイ山荘で汗を流してからアポイ岳ジオパークへ遊びに行ってみると、山のガスが上がり始めていました。

久しぶりに訪れたアポイ岳とミニ縦走の吉田岳。
花は6月以降に比べると少なかったのですが、それでも色々と目を楽しませてくれました。
それと、真夏の汗ダラダラ登山とは違ったヒンヤリ登山を楽しむことができたのも良かったです。
「また訪れたい。」 そう思いながら帰路へつきました。




最後に、今回のアイス君の燃費記録。
往復の平均燃費が16.8km/L、復路のみだと17.7km/Lをマークです。
この燃費には大満足。言うことありません!やるな、スバル!
(^_^)v

明日からは昨日(25日)に登った黒松内岳のレポを書こうと思います。



撮影機材: Nikon COOLPIX P330(RAW)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです、こんにちは。

アイス君もなかなか頑張ってますね。
こういう燃費メーターがあると、運転者も頑張っちゃいますね(^^)。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

はい。アイス君、こんなに小食だとは思ってもみませんでした。
長距離を走らせてみて分かったことは、アイサイトでオートクルーズを使うと、かなり燃費が伸びるということです。
人間の操作よりも燃費が良いようです。
なんだかなぁー。
(^_^;)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)