アポイ岳と吉田岳のミニ縦走は終始ガスだった 2(2014.5.23)


五合目山小屋までやって来ました。
来たことがある方々には、この谷あいの風景は見慣れていますよねー。
見ての通り、なんと思いっきり濃いガスがかかっちゃいました。
でも、ぼやいてはいけません。アポイの花々は、この良くかかるガスのおかげで疑似高山の環境ができ、生育できるのですから。これを悪く言ってはいけないのです。
登山者の気持ちなんて、ちっぽけなものです。
「ガスがかかってくれて、ありがとう!おかげで花が良く生育します!」って思わなくてはいけないのです。




ここから岩場の斜面が少し急になり、アポイアズマギクが咲き乱れます。
一歩一歩、噛みしめるように歩きながら、一輪ずつ花を見ていきます。




お隣同士で色合いが違うのですよねー。
いやぁー、とても素敵だと思うのです。




アポイアズマギクの下には、アポイタチツボスミレの小さな個体かなー。
この後、どんどん登場するのです。




この子は特徴がありますねー。
ヒロハヘビノボラズだと思うのです。
まだ咲いている個体が少なかったので、これからジャンジャン&バリバリと思われます。




岩の隙間から皆で一生懸命咲いていました。
皆さんはサマニユキワリでしょうか。これまた咲き方が可愛いのです。




こちらは三姉妹ってイメージで撮影です(笑)。




この子はミヤマオダマキですねー。
このフリルな感じが女性的でもあり、またとても複雑な形をしているところが私は好きなのでありマース。
この子はP330で撮っています。こういううつむいている花には、コンデジ撮影が向いているのです。




チングルマはまだまだこれからといった状況でしたよ。
この子はとても気の早い子。一輪だけ、先行していました。
いやはや、ありがとうございます(笑)。

このほかにも、馬の背までの間ではキタヨツバシオガマの蕾やアポイクワガタの蕾がたくさん見られました。
アポイクワガタは規制ロープの少し離れた向こう側に数輪だけ咲いていましたが、遠くて写真には収められませんでした。
また行ったときに見られるといいなと思っています。
いや、きっと誰か行ってくれるに違いない!(他力本願(笑))

そんな感じで、次回は馬の背から始まりまーす。



撮影機材: OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm(RAW) & Nikon COOLPIX P330(RAW+jpeg)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです、こんにちは。

今週末はアポイ岳行かれたんですねぇ。
ここ行ったことないんですよねぇ。
花はきれいでもブヨが多いというのは少しネガティブになりますね。
5月だというのにミヤマオダマキやチングルマも見られるんですね。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

はい。2年ぶりだったと思うのですが、アポイ岳へ行ってきました。
ここのブヨさんは虫よけ対策をしておくと、それほど凶暴ではないような気がします。
あくまでも、気がするだけですけど(笑)。
6月から8月にかけて花がとても奇麗なので、ちょっと遠いですがスズさんも訪れてみてください。
馬の背まで登ると虫も急に少なくなりまして、爽快ですよー。
(^_^)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

冬の恵山の登山は絶景だった(平成26年1月16日)

フォレスター(SJ5)12カ月点検とDUNLOP WINTERMAXX SJ8のその後の印象

海さくら元町店で乾杯(初冬に桜咲く)

札幌市 大通公園&赤レンガテラス ホワイトイルミネーション

就寝前の「龍角散」とは

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

半月湖ぶらぶら