ぬる燗でちょいとひっかける夜


昨夜はちょいと日本酒を飲みに出かけました。
お気に入りのお猪口を選んで、ぬる燗でひっかけます。オヤジだねぇー。




最初は福岡のお酒。純米吟醸 旭菊 麗。
米は、山田錦と麗峰の50%ずつ。
低温熟成で作っていまして、爽やかで切れの良い味でした。




かぼちゃの天ぷらをいただきつつ...




お揚げのニラとじをいただきます。
ニラの甘みがたまりません。日本酒がすすみます。ヤバイです。




お次は、これまた福岡のお酒、大七 生もと純米です。
お米は、五百万石69%(扁平精米)とのことです。
お味は、とてもコクの強い味わい深い酒でありまして、とても気に入ってしまい、ぬる燗おかわりをしてしまいましたぁー。
いやぁー、是非ともまた飲みたいと思っているお酒です。




そんなぬる燗を楽しみつつ、蕎麦稲荷。




中身は蕎麦ととろろです。
食べ方としては皿の底にあるめんつゆを絡ませて食べるのが美味しいので、結局のところ姿かたちはグチャグチャに(笑)。




これはニラと白菜の卵とじ。ほんのりとした甘さ。




そして、これが本日のメインとした一品。
鰊(ニシン)の照り焼きでありまーす。
身がホクホクとしていて、小骨も美味しくいただけました。




それ以上に、ぬる燗にマッチしていたのは、その鰊の数の子。
これは、新鮮な数の子に塩を振って、蒸したものです。
そうすることにより、鰊の味と香りが“ぎゅーっ”と濃縮された味が出され、お酒がメッチャすすむことになるのです。
完全なる「危険珍味」ですな(笑)。




はい。こちらは地酒、高砂酒造の特別純米 国士無双 烈。
酒造のホームページでは、お米に美山錦と書かれていましたが、一升瓶のラベルには国産米とだけ書かれていました。
お味は、とても上品な切れ味でして、飲みやすいお酒。ぬる燗に合いますなぁ~。

そんなこんなの、日本酒三昧な夜は更けていき~~~...




最後は、せいろ蕎麦で〆と相成りました。

いやぁー、日本酒って、和食にとてもマッチするお酒です。
最近になって、やっとその良さに気が付き始めました。
また、それぞれ銘柄によって味がまったく違うのですよねー。
これがまた楽しいと思っている、今日この頃。

そんなこんなで、今回は酒飲みの話題でしたぁー。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)