添別ブナ林 名無し山の山頂より(黒松内町)


前回からの続き、添別名無し山の山頂です。
ここは山頂一帯に木々が少なく、とても眺望が良いのであります。
先ずは寿都町方向。風車と海、そして遠方には積丹半島の山々が見えています。




こちらは大平山の方向です。いいねー♪




ズームしてみると、まだまだ残雪がたっぷりなのでありました。




そして、こちらは黒松内岳でありまーす。




こちらもズーム。
まだ登山口へ続く林道は雪に埋まっているだろうなぁー。
登ることができるのは6月に入ってからだろうか。




さらにこちらは登ってきた方向。
よぉーく見ると、羊蹄山の山頂が少しだけ見えていますよ。




これまた分かりずらいのでズーム。
ほら、“ピョコッ”と羊蹄山の山頂が見えているでしょう!(笑)




さて、ちょうど正午となったので、ここで座り込んで休憩です。
そうそう、帯広に行ったとき、「どろぶた」の白サラミを購入しておいたので、今回はそれを持参です。
あれから店員さんのアドバイスに従い常温保存をして、じっくりと熟成させていたのですが、そろそろ食べごろでーす。




名無し山で贅沢な風景を眺めつつ、サラミをナイフで切り分けながら食べる!
ワイルド・ライフなのでありまーす(笑)。もちろん、珈琲も美味かった。




さて、すっかり満足したので下山です。
登ってきた道をトレースしつつ、慎重に下ります。




登りの時よりも気温が上昇して太陽が出ていたせいか、雪が解けていて、“ズボッ”と埋まる回数が増加したのですが、とても楽しく下山することができました。
いあぁー、やっぱ山はいいです。最高、最高!なのでありましたぁー。
(^o^)/



撮影機材: Nikon COOLPIX P330(RAW)

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。こんにちは。
白サラミうまそうです。切断面素晴らしいですね(^^)。

こういう無名峰って誰も登ってないでしょうに、
よくホイホイと登りますねぇ。
私なんかは恐くて二の足を踏んでしまいます。
それだけこの地方を熟知しているってことなのかなぁ。

羊蹄山の山頂、ほんの少し見えてますねぇ。
可愛いです。手稲山の登り始めもこんな感じでした。
ただあまりハッキリ見えるもんだから、
最初は近場の山かと思っていたのです。

下山時は雪に埋まること多いですよね~。
輪カン履いてても埋まるときは底まで行きますよね~。
恐いです。
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

こんばんはです。
いまだに仕事が軌道に乗らず、アタフタした日々を過ごしています。
もう少しで軌道に乗ると思うのですが...甘いかな...

白サラミの素晴らしさ、少し伝わってくれたようで嬉しいです。
帯広に行くことがありましたら、ランチョ・エルパソに立ち寄れば店先で購入できます。
肉のうま味がとても濃厚で美味しいですよー。

無名峰、もちろん誰も登っていません。
はい。昔はホイホイと登るような人間じゃなかったのですが...
どうも人間、経験を積むと大丈夫なようです(笑)。
それと、夏に周辺の状況をなんとなく見ているので、「たぶん大丈夫だろ?!」みたいな感じが分かるのです。

はい。下山時は足が良く埋まりますよね。
下手をすると怪我をするので気を付けています。
それよりも、この時期にはもうヒグマが出るので、そっちの方の警戒もしなくてはいけませんねぇ。
ほら、人に危害を加えているヒグマもまだ見つかっていないですしね。
(^_^;)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

花の名山 富良野岳 2017 その5(2017年7月23日)

最北の日本百名山 利尻山 2017 その2(2017年8月7日)

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

最北の日本百名山 利尻山 2017 その3(2017年8月7日)

礼文島 イブキジャコウソウ(2017年8月9日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ