投稿

4月, 2014の投稿を表示しています

これは花照明?!(地球岬緑地散策路 2014.4.29)

イメージ
ブログのリンクをしている「森ぶらりん」さんのmoriさんに触発され、私も4月29日に地球岬緑地散策路まで行ってみました。 天気は快晴。花写真を撮るには天気が良すぎてちょっと難儀なほどでしたー。
この写真は、黄色いスミレを見つけて撮った時のものです。 花にピントを合わせたハズなのに、ちょっと後ピン(要するに、失敗写真!(笑))。 でも、花がぼんやりと光っていて、花照明みたいになっていて面白かったので掲載してみましたぁー。 できれば夜に暗い部屋で見て欲しい写真かも(笑)。



ほら、横から見ると、太陽を花の背にしているのが分かるでしょう?! 斜面に咲いていた花で、下方から撮ることができたから、1枚目のような写真になったという訳です。偶然って素晴らしい! (^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

鳥沼公園はミズバショウが絶好調(2014.4.28)

イメージ
富良野市 鳥沼公園。 ミズバショウは開花の時期を迎えておりました。



いまはこんな感じです。 少し小さい方がミズバショウは可愛いと思うのです。 大きくなると、ちょっとグロテスクな印象を受けるのは気のせいではないはず(笑)。



エゾエンゴサクもたくさん咲いていていい感じ。 白い花を見つけて大きめに撮影です。 羽を広げて飛んでいる感じに見えるかもー。



スタンダードな色の花も、それはそれでいい感じ。 以前は花の撮影時、葉も入れた株全体の様子を撮ることは殆ど無かったのですが、最近はなぜかか時々撮っている。 自分的には、「写真の撮り方も年齢とともに変化するものかもね。」 と思っている今日この頃。 (^o^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

夏靴デビューの坊主山(2014.4.27)

イメージ
平成26年4月27日は、ちょっと足慣らしに坊主山。 この春、初めての夏靴登山です。やっぱり歩きやすいです。



カラマツ林を抜けていきます。



この花は?なんだったか思い出すことが... ナニワズ、だったかな? うーむ。記憶が...(笑)...



雪解けの小川を渡ります。



青空に複雑な造形。



残雪ロードを歩き続けます。



春霞の中に、ごく薄らと夕張岳のシルエット。



小屋の前を通過して最後の登り。



山頂の直下で残雪は消えました。



坊主山の山頂に到着です。



春霞で日高の山々などを含め、遠望が利きませんでした。 さらに風が強く、山頂での昼食はやめて、すぐに小屋まで下りましたぁー。
足慣らしの坊主山、なかなか良かったです。 あっ。途中の林道は路面がかなり掘れていて、すごく手強かったことを申し添えておきますね。 走行、注意です。特にクルマの底ね! (^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

真駒内公園のカタクリは花盛り(2014.4.27)

イメージ
昨日も山に、公園にと出動しておりました。 山のレポは取りあえず置いといて、今が旬の真駒内公園のカタクリを掲載しておきます。 もう、斜面一帯がカタクリの花だらけです。 時間のある方は、見てきてください。フクジュソウやエゾエンゴサク、エンレイソウなども見られましたよ。 (^_^)v


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

台湾小龍包の翌日は残雪の半月湖をぐるりと一周(2014.4.25 - 2014.4.26)

イメージ
平成26年4月25日(金)の夜は、職場の友達とパセオにある「台湾小龍包」へと出動してきましたぁー。 私、ここは初めて来る店です。19時過ぎ、なんと店内は女子だらけですよ。いやぁー、女子に人気なお店なのですねぇー。



私は取りあえず、最初はプレミアムモルツを注文。 その後、ハイボールへと移行していきました。



この日のコースは、「プレミアム食べ放題」というコース。 これがまた、食べきれないほどの種類と量を楽しめるのです。 腹が破裂するほど飲食しても3000円ほど。実にリーズナブルなのですが、普通に食べるのが大人のおこないなのかも知れません(汗々)。 (^_^;)



小龍包、アツアツです。ヤケド注意!!



これはエビ小龍包だったかなぁー。 私、ここのところ飲んで食べてばかり。太るなぁー。 まったくもって、体には過酷な日々を過ごしております。 でもねー、やめられないのですよね。だって、メッチャ楽しいのですから。 (^o^)



不摂生をした翌日の4月26日(土)は、朝になっても満腹感が治まらず、本来ならばゴロゴロと寝ていたかったところなのですが... いやいや、それでは太るばかりじゃないかと無理やり出動です。 やって来たのは羊蹄山の麓、半月湖。



写真は左下に半月湖。右奥に羊蹄山です。



この日は半月湖をぐるりと一周、歩いてみました。 まだ雪がたっぷり残っていたりして。時々、ズボッと膝まで埋まりつつ歩くのですから、脂肪が燃焼しまくりです(笑)。



雪が解けて地面が出ているところには、昨年の秋の名残が...



眼下に氷が解けてきた半月湖。 見事に半月の形になっていますねー。



野鳥の囀りを聴きつつの珈琲タイムは最高でした。 最後に、羊蹄山登山口の付近から山頂を眺めてみましたぞ。 羊蹄山、まだまだ雪が多いですねー。駐車場には車が2台あったので、もしかしたら登っていたのかもね。

Panasonic ES-ST27 メンズシェーバーを購入

イメージ
長年に渡り愛用していたブラウンのシェーバーが壊れた。 しばらくの間、カミソリでシェービングしていたのですが、もう面倒で面倒で、とうとう昨日、飲みに出るついでにヨドバシカメラマルチメディア札幌でシェーバーを購入しました。 それがこれ。Panasonic ES-ST27 メンズシェーバー、という名称。 お値段は、税込で10,770円なりー。お安いのですね。



これ、なんと先日発売になったばかりらしい。 確かにホームページでは5月上旬発売予定、となっていた。 ちょっとAKB48的なフライング・ゲット♪した気分。
色は3色ありまして、白、黒、赤から選択できました。 ここはいい大人なのだから無難に黒でしょう! と一瞬思ったのですが、このシェーバーのデザイン、なんとも機動戦士ガンダムの世界観(笑)。 シャア専用の新型モビルアーマーに見えてしまった!! だから赤を購入。「アフォー」と言われてもいいんです(笑)。男の子ですから♪



ほら。赤くモノアイが光っているじゃないですか。 どう考えてもモビルアーマーですよ、これ(笑)。 これから毎朝、このシャア専用モビルアーマーが顔の上を駆け巡ると思うと、もしかすると出勤が楽しみになる...訳ないよね。 (^_^;) たははっ。


撮影機材: Nikon COOLPIX P310

連休直前の金曜日

イメージ
ゴールデンウィーク直前の金曜日になりました。 今日も全道的に晴れマークの天気予報で素晴らしいです。 この調子で天気が大きく崩れないで欲しいですねー。

写真は美瑛町 白金から撮影したトムラウシ山方向です。 望岳台まで続く道路が閉鎖されていたので、歩いてみた時のものです。 途中、道路脇に真新しいヒグマのもとも思われる足跡があり引き返しました。 そろそろヒグマも活発になってきているなぁー。 (^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

美瑛町で十勝連峰のパノラマ写真を撮ってみた

イメージ
今朝は美瑛町で撮影したパノラマ写真です。
林の影に見えるのは、多分トムラウシ山だと思います。 そこから右にズラリと十勝連峰が続いているのでした。 とても眺望が良くて得した気分だったのは言うまでもありませーん。
それにしても... このパノラマ写真って、ブログに掲載すると、写真のサムネイルが細長~く貧弱になってしまって、なんだか見た目が悪いなぁ~~~。 と、いつも思うのでありました(笑)。

話は変わって、すっかり忘れていたのですが... 一昨日、4月22日(火)から29日(火)までの間は、秀岳荘のバーゲンセールなのでありました。 あーっ。そろそろ登山靴とかソックスとか、あとはタイツとかGASとか...色々と物色したり、偵察したり、購入したりしなくてはいけません。 でも、なーんか、お金がねーな(笑)。タハハッ。 (^_^;)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

旭岳 姿見駅から地獄谷の周辺をスノートレッキング

イメージ
4月19日(土)は、旭岳の姿見駅から地獄谷の周辺を楽しみ、そこから夏道の登山道へ向かったり、夏道を外れて歩いてみたりと、積雪期でしか楽しめない旭岳を楽しんでみましたー。
そんな中、大迫力だったのが地獄谷の噴気孔。 最初の動画は地獄谷を奥へ奥へと登って行き、一番上(標高1700m以上)の辺りで勢いよく噴気しているところで撮影したものです。 猛烈な勢いで噴気しているので音が凄く、まるでジェットエンジンのすぐ横に立っているかのようでした。 これが自然の成せる業なのですから、どれだけのエネルギーなの? って思ってしまいましたよ~。


では写真も紹介しますね。 こちらは姿見駅を出て、少し先を歩いているところです。 当麻岳、当麻乗越、永山岳の稜線が奥に見えていますねー。



はい。こちらは正面に旭岳。



噴気地帯に近づいてきました。



この噴気孔は姿見池に一番近いところです。 夏にロープが張ってあって見ているところかな。 積もった雪が解けて、クレーター状になっているのが大迫力でした。



噴気孔周辺の雪は、その硫黄成分からなのか黄色くなっていました。



噴気孔を少し奥に通過してから、そこから急な斜面を登り夏道へ。 写真は夏道を通り越し、東側斜面の辺りに来たところで南東方向を撮ったものです。



山頂方向は、こんな感じに見えました。結構登ってきてしまいました。 この先は、ちょっとスノーシューではキツイ状態だったので終了です。



東川の地元の蒸しパンとコーヒーで休憩中。 「カフェ・旭岳」です(笑)。



夏道の辺りまで戻ってきました。 眼下のあの噴気孔からこちらまで直登してきたのです。



一度、姿見池の辺りまで戻ってきました。



鐘と旭岳。