超辛口純米吟醸 大信州 ...そんな自宅飲みの夜でした


友達への誕生日プレゼントを買いに、「酒の早坂商店」へ行ってきました。
買ったのは大信州を二種類。これは自分飲み用に買った安いほうの大信州でありマース。
超辛口の純米吟醸。きっと美味しいと睨みましたー。




ラベルを見ると、今年の1月に蔵出しをした酒です。
さて、どんな味がするのかなー。さっそく“ちびり”とやってみましょう。




そうそう。“ちびり”とやるには、これが必要。
ニセコ酒蔵の杜氏からもらったお猪口。
これに大信州をそそいで...

では、いただきまーす。おおっ。とても透き通った味わいです。
お猪口なら、一息で“クイッ”といけてしまいます。これはうまい!
うまい、うまいといただいていたら、昨夜はついつい飲み過ぎてしまい、途中からベロンベロンになってしまった。

うーむ。お酒、美味しいです。
(^o^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

3月も残りわずか


3月も残り数日となりました。
雪解けも進み、やっと春らしくなってきた気がします。
この後、若干の寒の戻りなどがありつつ、確実に春へと向かうのでしょうね。


昨夜はテレビで歯の磨き方をなんとなく見ていました。
きちんと正しく磨かないと、歯垢におびただしい数の細菌が...
その中には、スピロヘーターというらせん状の細菌もいました。

スピロヘーター、恐ろしい...
対策としては、10分ほど歯と歯茎の境目を軽くブラッシング。
これが効果的なのですが、仕上げにプレーンヨーグルト(砂糖の入っていないもの)を歯ブラシにつけて5分ほどブラッシングしてから口をゆすぐと、乳酸菌が雑菌を撃退してくれるとのことでした。
昨夜、試に実施。結果、今朝は口の中がサッパリした感じで好印象でした。
この方法、初めて聞いた気がします。
(^_^)


写真は糠平にて。
樹に空いた見事な2つの穴が面白かったので撮ってみました。



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

札幌の桜の開花予想は5月1日~3日


桜の開花予想について報道されるようになってきました。
民間会社や日本気象協会などが開花予想をしているのですが、概ね5月1日~3日となっています。
白い景色から、色づいた景色に変化するのが楽しみです。


今朝は窓から外を見ると霧。とても珍しい気がします。
地表と大気の温度差が大きかったのでしょうか。なんだろう。


写真は市内にて。
日没前に撮影してみました。少し靄(もや)がかかっていて、それがソフトフォーカスな雰囲気を出しています。



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

十勝ぶらり旅 ランチョ・エルパソで大いに飲み大いに食う(帯広市)


さあ、十勝ぶらり旅。いよいよクライマックスです。
今回の旅の最終目的、それは「ランチョ・エルパソ」で大いに飲み、大いに食うことだったのでありマース。
このランチョ・エルパソ、大切に育てられた「どろぶた」の料理を食べさせてくれるお店です。
そして、帯広ビール(地ビール)を堪能できることも特徴なのです。
まずは「小麦」なるビールを注文してみました。
「こっ、これは...苦味が無く、フルーツの香りすらするぞ!」、というような、とても美味しいビールです。
たっ、たまらん...(^_^;)...




野菜のピクルスです。十勝は野菜も美味しい!




「どろぶた」から作られた各種ソーセージの盛り合わせ。
これがまたビールが進むのなんのって。相当ヤバイです。




こちらは、塩漬けポークの柔らかグリルです。
もう、お肉がホロホロと口の中でほぐれて溶けるような美味しさ。




ガーリックライスは超大盛り(こりゃキツイ!)。
しかも、サラダにソーセージがついてくる。どっひゃー。




「インサラータ・カプレーゼ」なるサラダ。
これは、道産トマトにモッツァレラチーズとバジルソースを組み合わせたものですね。
サッパリとしていて、これまたビールのおともに最高。




この色の濃いビールは「玄人(クロウト)」なるビール。
いわゆる黒ビールのように見えますがまったく違います。
どっちかというと、味わい深いビール、という感じ。超エビス、みたいと言えば伝わるか?!




店内には、ピアノの生演奏が流れ、優雅で陽気な時間が過ぎていきます。




これ、半分食べてしまってから撮影したのですが、どろぶたの肩ロースステーキです。
いや、これは食べておかないとダメでしょう! と思います。
分厚く、ジューシーで、味わい深いステーキに感動しますよ~~~。

そのほかにも飲み食いしたのですが、全部写真に撮っていませーん。
途中から酔っぱらってしまい、もう、どーでも良くなっちゃいましたから(笑)。

とまあ、どろぶた食べて、どろどろに酔っぱらって夜は更けていったのでありました。

でもまあ、うーん。いい歳して、暴飲・暴食は慎まなくてはね。反省!
(^_^;)

「ランチョ・エルパソ」、いいお店でした。



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

十勝ぶらり旅 定点観測になりつつあるタウシュベツ橋梁へ


何故なのでしょうねー。
いつもこの時期に、ここへ来ている気がします。




糠平湖の向こう側には、小さく見えるタウシュベツ橋梁。
雪解けも結構進行しているようでした。もう湖を歩いて渡れませんねぇー。




P330の光学最大ズームにて撮影。
まだ橋梁はかろうじて繋がっているようでしたよ。
でも、もうすぐ上部が崩壊して途切れてしまうでしょう。いつまでこの姿が見られるか。
もしかすると、この夏が終わったころには崩れているかも知れません。




展望台の入口へ戻る途中、まだ雪の多い針葉樹林から、愛車のアイス君を記念撮影です。
フォレスターの車名に似合う風景だと思うのでありました。



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

十勝ぶらり旅 偶然入った「味鶴庵(みかくあん)」でごぼう蕎麦


愛車のアイス君と十勝へぶらり旅をしてきました。
道東道を音更帯広まで走り、糠平方面に向かっていると小腹が空きました。

ふと道路脇を見ると「味鶴庵」なる看板を発見。
さっそく看板の示す方向を目指すと、なにやら民家の倉庫を改造したようなお店にやって来ました。




お店に入り、店主がオススメだというごぼう蕎麦を注文。
出てきたお蕎麦は、山盛りにごぼうが乗ったシンプルなもの。




肝心のごぼうなのですが、とても薄くスライスした状態です。
これを揚げてあるので、サクサクとした食感が独特で、実に美味しい。
蕎麦は、あとでネットを見ていて知ったのですが、十割そばとのこと。
その割には、蕎麦がツルツル&もちもちとした食感で、十割とは思えない感じでありました。
つゆのお味は、カツオの風味が強く、店を出てからもしばらくの間、口の中が美味しかったです(笑)。
言っている意味、分かるかな~?分からないかな~?




美味しい蕎麦は、上の写真で湯気をモクモクと上げている、大きな釜で茹でるから美味しいのかも~~~。
そう思ったので、ちょっと撮影しておきました。ねっ、見事な湯気でしょう!

とまあ、十勝ぶらり旅、もう少しレポは続きまーす。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

雪解けが遅い春


写真はタイトルと関係のない、3月9日の紋別岳(千歳市)山頂付近の様子。
道路のガードレールよりも遥かに上を歩くほど積雪しているのでありマース。
あまりにも見事な状況だったので、思わず撮影しておきました。
これって、雪解けが進むと、雪の重みでガードレールが谷側に曲がってしまうのではないでしょうか。


その雪解けですが、街中でもまだまだ雪が残っています。
自宅の前もまだドッサリと雪があるのですよねー。どうしてだろう。
気温が低めなのか。それとも後半に積雪したからなのか。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

Ubuntu 12.04 LTS 、動いています!


いやはや、我が家の超がつくお古PCである、Dynabook SS2100くん。
CPUがPentium M 900MHz、メモリ1.2GB、HDD40GB、という、もうどうしようもないスペックなれど、スルスルーっとLinux(Ubuntu)のインストールが完了です。

最初の画像は、インストール時にバンドルされているFirefoxブラウザとLibreOffice(無料のオフィスソフト)を開いてみたところです。
左端には、起動ソフトのランチャが縦型にあるのが見えます。



とても貧弱なスペックなれど、OSの出来が良く、タイムスライスも滑らかなせいか、Youtubeの動画を見ても意外とスムーズに視聴できたりします。
なんでも、デジタルカメラのRAW現像ができるフリーのソフトもある様子ですが、そこまではこのPCに求めることはしないでおきます。
OSが1分20秒ほどでブートするので、気軽に立ち上げてブラウジングとメールをする省電力PCとして使ってあげようと思います。

皆さんもUbuntu、いや、ほかのディストリビューションでもいいので、Linuxを使ってみては如何でしょうか。
無料ですから、失敗してもダメージは小さいですよー(笑)。
(^o^)

Dynabook SS2100 に再びUbuntu 12.04 LTS をインストール

昨晩は、廃棄寸前のDynabook SS2100 に、再びUbuntu 12.04 LTS をインストールしてみました。
理由はもちろん、もうすぐWindows XPのサポートが終了するためです。
Ubuntuも進化していまして、以前のように手動で無線LANやらディスプレイやらの設定の必要がなく、自動でスイスイと設定完了しました。
まあ、相変わらずサスペンドはうまくいかないですが、それは実質的な問題にはならないので実害なし。
SS2100、非力なPCなので、設定に一晩かかってしまい、今朝は寝不足になってしまった。
まいったなぁー。ふうっ...
(^_^;)

詳細については、気が向いたときにそのうち!

握力が激減するほどの筋肉痛ナウ

土曜日、日曜日と自宅前の氷割り作業でツルハシとスコップを振り回した結果、今朝はいまだかつて経験したことの無いくらい、腕と腰、背中が筋肉痛に見舞われてしまいました。
腕は、全体が筋肉痛なのですが、凄いのは掌に力が入らないほど握力が激減していること。
ここ10年、こういう症状になった記憶は無いなぁ...少々、激しく作業をし過ぎたか。

腰も持病の腰痛が再発したのか、はたまた氷割り作業の筋肉痛なのか、分からない状態です。
もしかしたら、どちらもかけ合わせの症状なのだろうか。
あまりに痛すぎて良く分からない(苦笑)。
それでもまあ、車庫の前が綺麗になったのだし、いい汗をかいて体に溜まりに溜まった脂肪を幾分か燃焼することもできたのだから、良い週末だったということですね。

さあ、なんとか出勤だ!
(^_^;)

今日も自宅前の氷割り

うーむ...
今日も自宅前の氷割り作業をしてしまった。
ツルハシとスコップが似合う、マッチョなオッサンだぜ! って言いたいところなのでありますが...

既に、体のあちこちが筋肉痛。
普段、マウスにキーボードな仕事をしているからなー。
まっ、たまにはこのような肉体労働に汗しなくては男じゃないぜ。

それにしても、珍しい休日の過ごしたかになったのでありました。
(^_^;)

自宅前の氷割りでヘロヘロ

昨夜は飲み会でたらふく食べた。
このままだとメタボ決定的という危機感もあり、本日は自宅前の氷割り作業を実施しました。

厚さ10cm~20cmの氷をツルハシで砕く。
これがまた、長さ1m、幅50cmとか、意外と広い範囲で氷が取れたりして、流雪溝に入るサイズに砕くのが大変なのでありました。

2時間ほどの格闘をした結果、取りあえず一定の成果あり。
脂肪もかなり燃焼した感じ。
おかげで手首が痛くなり、握力が無くなり、腕と背中がパンパンに張っています。

こうして春は近づいてくるのだった。
春は意外と重労働が待っているのをすっかり忘れていましたよ~~~。
(^_^;)

樽前山・真上に立ち上る噴気


紋別岳(千歳市)を下山途中、ふと樽前山を見たところ、溶岩ドームの真ん中から真上に立ち上る噴気が見えました。
あまりにも真っ直ぐな立ち上り方なので、珍しい気がして撮影した一枚です。
現地では無風に近い状態だったのでしょうか。


さて、今日は金曜日。
花金なので、夜には飲みに繰り出すのだ。
これでいいのだ。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330(RAW)

雪降る雪解けの季節


今朝も少しだけ雪が降っていたり止んでいたり。
それでも日中はプラス気温らしく、雪解けは進む模様。
春は3歩進んで1歩戻る、そんな感じでしょうか。

そういえば、今朝は布団からの脱出が容易だったような。
朝の室温も少し上昇したのでしょうかね。
これも春の予感といったところでしょうか。



撮影機材: Nikon COOLPIX P330(RAW)

健康になると少し太る?!


健康になると少し太るものなのかどうか。

高コレステロールの治療を行っています。
血液の値が正常値になりました。ところが、どうも太ってきた気がします。
特に、お腹周りがちょっと困った感じに思えてきた。
あちらを立てればこちらが立たず。うまくいきません。
(-_-;)


今朝も外を見ると少し降雪したようです。
というか、まだ降り続いています。

昨日は、東日本大震災から3年。
未曾有の大災害だったので、3年では解決しない問題ばかり。
特に放射性物質、あれは恐ろしい。
原発の技術の向上以上に、汚染物質の処理技術を向上させないとダメだと思う、今日この頃。



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

紋別岳(千歳市)から樽前山と風不死岳


紋別岳から樽前山と風不死岳です。
でも、主役は青空と水面が輝く支笏湖かも知れません。


今朝も窓から外を見ると、少し積雪したようです。
日中も5cm程度の雪が降るという予報。なかなか春っぽくならないなぁー。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330(RAW)

紋別岳(千歳市)から恵庭岳


自分としては、山頂から見た風景よりも、少し下ったこの辺りから見た風景がお気に入り。
だから、ここが山頂だと思ってもいい。そういうつもりで登っています。
そういう山、ありませんか? ここの他には、手稲山もそうだなぁー。いつもガレ場でのんびりして終了です。
(^_^)



今朝は、3月にしては随分と雪が降り積もりました。
外の景色は真っ白。まだまだ雪の季節は続くなぁー。



撮影機材: Nikon COOLPIX P330(RAW)

ふらり紋別岳(千歳市)へ


今日は支笏湖の外輪山、紋別岳へふらりとやってきました。




山頂へは電柱沿いにショートカットの登坂です。
なかなかの急坂で脂肪が燃焼しまくりなのでありました(笑)。




山頂のアンテナ群まであと少しのところで青空をパチリ。




曲がりくねったダケカンバと恵庭岳&支笏湖がいい感じ。




樽前山と風不死岳もいいねー。
ここは毎年3月に登っている気がします。
気温はそこそこ低かったのですが、風があまりなく、天気もまずまずでいいスノーシューイングでありました。
(^_^)v



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight


今回は、SUV用のスタッドレスタイヤの話題について書きたいと思います。

北海道の冬で絶大なる信頼と実績を有しているスタッドレスタイヤのメーカーとブランドと言えば、誰でもブリヂストンのブリザックを連想するかと思います。
私も数台のクルマを乗り継いでいますが、何れもスタッドレスタイヤはブリヂストンのブリザックでした。
というか、北海道人では常識でしょう。って言うくらい、当たり前だと思っていました(←ちょっと言い過ぎだけれどね)。

ところが、今回、スバルのフォレスターに乗り換えるにあたり、スタッドレスタイヤをダンロップのウインターマックス SJ8(以下、SJ8と略)に変更してみたのです。
その理由は...

1.ブリヂストンのブリザックは値段が高い(ダンロップは比較すると安価)。
2.SJ8のネットでの試乗レポートの評価がとても高い。
3.スバル販売店の方から、冬道で実際に良く効くとの証言が得られた。

といったことが、SJ8にした理由です。
まあ、あとはブリヂストン以外のタイヤが、どこまでのレベルに達しているのか、それを知りたかったという好奇心もありました。

それで、実際にこの冬を過ごしたインプレッションを書きたいと思います。
このSJ8というタイヤは、実際にタイヤのブロックに触れてみるとゴムが固いのです。
印象的には、ブリヂストンに比べると、「おいおい、大丈夫か?」と言いたくなるくらい固い。
こんな固いゴムで、果たして北海道の圧雪路やアイスバーンで効き目があるのかと、最初は不安になりました。

ところがですね、実際にアイス君(フォレスター)で走ってみると、まあ、ものの見事に圧雪路でもシャーベット路面でもアイスバーンでも効きます。
なんで?どうして?と言いたくなるくらい効きます。また、ステアリングを切った時の挙動がサマータイヤのようにシャープです。
その理由は、ダンロップのホームページに詳細が書かれていますが、ナノフィットゴムに秘密があるらしく、ゴム全体では剛性があり、路面との接地面では柔らかいのだそうです。
この相反する内容、頭では今一歩理解できませんでしたが、現実、北海道の雪道でがっちりとグリップするのですから、これは紛れもない事実です。

そういうことで、私的にはSJ8の雪道でのグリップ性能はとても良いという結論です。
あとは、このグリップ性能が使用2年目、3年目、4年目と維持できるのかどうかが課題となります。
いくら初年度の性能が良くても、ゴムの経年劣化が早く、結果として長期間の使用に耐えられないようであれば、コストパフォーマンスは不合格となります。
だから、SJ8の長期レポートをして、しっかりと判定してやろうかと思っています。

良いことばかり書いたので、今度は少し気になったことを書いてみます。
まあ、致命的ではないのですが、SJ8はタイヤのブロック剛性が高いせいなのか、乗り心地が固めとなっています。
詳しく説明しますと、路面が滑らかなところを走行する分には、サマータイヤのような乗り心地でとても良い印象ですが、雪と氷の凸凹道を走行すると、クルマにピッチング(突き上げ感)が少し強めに発生しがちとなります。
また、タイヤブロックの剛性が高いために、路面にできた雪や氷の轍(わだち)を横切る場合などでは、少しクルマの挙動がピーキー(唐突な姿勢変化)となりがちです。マイルドさに欠けます。

タイヤの剛性の高さは、SUVや4×4などの重量が重いクルマを安定して走らせるには、必要不可欠な要素かと思いますが、良いことばかりではないということも書いておきたいと思います。

さて、結論です。SJ8、ズバリ使ってみて良かったかどうか。
もちろん、いまのところ「良かった」と思っています。
この一般人のレポートがタイヤ選びの参考になれば幸いです。
いやはや、BS以外のタイヤもなかなかやるもんだ!



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

NTT docomo F-01E 製品アップデートを実施


愛用しているケータイ、「NTT docomo F-01E」が、どうやら2月25日から製品アップデート(ソフトウェア更新)されているようでした。
さっそく、昨夜のうちにソフトウェア更新を実施。
docomoのホームページによると、改善される点は以下のとおり。

「時報設定を有効にしているにも関わらず、時報音が鳴動しない場合がある。」

「あっ、そう。」とでも言いたくなるような、自分にはあまり関係が無い改善内容(笑)。
そして、ソフトウェア更新後、一日いつも通りケータイを使っていて気が付いた。

「あれっ?バッテリーの消耗の進み具合が少ない!」

明かにバッテリーの持ちが良くなっています。
一日待ち受けにしていたら、今までなら15%はバッテリーが減った。
それが、今日は8%しか減っていない。約2倍の向上です。

本当に時報音が鳴動しない事象の対策だけだったのか?!
どうも怪しい。本当はそれ以外の改善もされているのではないかと思いました。
真相は分からないままです。



撮影機材: Nikon COOLPIX P310

いま時期こそ安全運転ですよ!


昨夜は仕事から帰宅早々、次男から私宛に電話がありました。
珍しいことだなぁー。と思い、電話に出てみたところ、「事故った!」です。

いやぁー、メッチャ驚きました。
良く聞くと、職場近くの道路が凍結していたらしく、うっかりスピンをしてしまい、道路の縁石に後輪をヒットして、自走できなくなったということでした。
幸いなことに怪我もなく、自分のクルマが壊れた以外は被害なし。
JAFを呼んで、レッカー移動してもらうようにアドバイスをして終了です。
足回りを壊しているから、修理費は大きいかと思われます。

うーむ。私への誕生日プレゼントがこれかい! って突っ込みを入れたくなりましたよぉー。ったくもう。
まあ、不幸中の幸い。
調子に乗って走っていると痛い目に遭うという、いい勉強になったことと思います。

まあ、自分もいつ同じ目に遭うか分からない。
いま時期は積雪こそ少なくなってきましたが、昼間のうちに溶けた雪が、夜には凍結してブラックアイスバーンになります。
クルマが思わぬところで滑りますので、皆様、いまこそ安全運転ですよー!
(^_^;)



写真は日曜日に撮影したイワオヌプリです。真っ白だ!



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

いつの間にかの出来事


日ごろ、「いつの間にか、○○だったね。」 なんていうことがあります。

それが自分の年齢にも当てはまる訳でして、「いつの間にか49歳になってしまった。」 なのであります。
いやはや、もうそんな年齢かい。自分でも驚くな。いや、納得かなー。

自分は47歳を過ぎたあたりから、時々自分が何歳なのか良く分からなくなる時がありました。
「あれ?47だったか?いや、もう48になっていたかな?んっ??」 というような。
この辺りの年齢って、中途半端でどうでもいい年齢だったのでしょうねー。
ところが、今回は40歳代最後の年齢なので、きっと覚えていられます。これを忘れるようならば、完全に病気だな(笑)。

そんなこんなで、諸々のことについて色々と思うところはあるのですが、今さらアレコレ考えても仕方がない。
人生、なるようにしかならないものでしょう。いつも通り歩むのみ、です!
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

3月の日差しが眩しいニセコアンヌプリ


青空が一瞬見えた時のニセコアンヌプリです。
もう、雪原が眩しくて大変でした。この写真も撮影時に外光が凄まじく、カメラの液晶画面なんて全然見えなくて、ほとんど感で撮影していました。
でも、幸いなことに、記憶しているその場の雰囲気そのままに撮れています。ラッキー!



さて。3月ですね。あっ、今日はひな祭りですか。
それと、今月ですが、世間では年度末とも言いますね。う~ん、色々あるなぁー。
取りあえず、3月もあまり四の五の考えず、突っ走るしかねーかな。やっぱり。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

五色温泉の界隈をブラリ


本日、スノーシューでブラリと五色温泉の界隈を歩きました。
あまりに真っ白な雪と曇りの気象状況からか、道の起伏がまったく見えないのだ。




道の起伏が見えないと、平衡感覚までおかしくなる~。ちょっと“オットット”しながら歩く。




イワオヌプリ側を“グルグル”歩いて駐車場方面に戻る途中、ベンチのようになっている鳥居を通過です。




次は道路沿いに倶知安方向へブラリ。イワオさんが見えました。




おっ。ニセコアンヌプリも見えてきた。
この後、アンヌ方向へ直進。いいところまで登り、白樺を風よけとして座り、珈琲入れて下山でした。
ここはスキーを担いで登ると楽しそう。今度やってみようなぁー。
(^_^)



撮影機材: Nikon COOLPIX P330

2月最終日は蕎麦飲みでキメッ!


2月最終日の昨夜は、蕎麦飲みへと繰り出しました。
この日のお酒は、秋田の本醸造 高清水です。
このお酒、安くておいしい、とても素晴らしい日本酒なのでありマース。




えーっと、呑兵衛ですので、それらしき酒の肴コースでも。
左から、おからのサラダ風、ニラと卵、白菜のナンプラー風です。
野菜系でチビチビと飲んでいきます(笑)。




タコとイカの刺身も来ました。




刺身の手前はニンジン、奥の方はダイコンです。
あくまでも野菜を交えてヘルシーに!

この後、カモ鍋も来たのですが、ガッツクことに夢中で撮影を忘れましたー(笑)。




こちらは煮干しのだし汁とひき肉を散りばめたあんかけダイコン。
これまたヘルシー&お酒が進むくんなのでありマース。




後半には、これまた超ヘルシー&お酒で酔っぱらった体をリフレッシュさせる、ゴボウスープです。




さあ、おかわりした日本酒も残り半合ほど。
そば味噌を注文して、チビチビと飲み続けるのでありマース。




はい。〆は腰のある幌加内蕎麦のハーフと蕎麦湯でキメッ!
いやぁー、ヘルシーな大人飲み、というか、オヤジ飲みですなぁー。アハハッ。

とまあ、そんなこんなで、平成26年2月よ、ありがとう&さようなら。となったのでありました。
(^_^)



撮影機材: NTT docomo F-01E