投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

イメージ
私のところに「SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight」、愛称「アイス君」(色がアイスシルバー・メタリックなのでね)がやって来たのが1月26日。 それからほぼ1か月が過ぎ、本日、めでたく走行距離が1000kmを突破いたしましたー。 (*゚▽゚ノノ゙☆ パチパチ!
最初の写真は、納車と同時にボディを軽くガラスコーティングに出したときのものです。 スバルの塗装は、最初の数か月くらいは柔らかいようなので、硬化するガラス系ではなく、柔らか目のガラスコーティングにしました。 これで冬場の激しい気象状況から塗装を保護しつつ、しっかりと塗装が硬化するのを待とうという考えです。 そうすることにより、長く乗っても綺麗な塗装状態が保てるかも知れません。あくまでも、「かも」。です(笑)。



上の写真は、支笏湖の氷濤祭りに繰り出した時です。 夜の支笏湖方面へのドライブは、なんだか若いころを思い出させてくれました。
さて、このアイス君ですが、私の車歴で初のスバル車となります。 クルマについては、メカニック的にもドライビング的にも非常にウルサイ私ですが、アイス君、相当にいいクルマです。 何がいいのか、列挙してみますと...
1 走っていてハッキリと感じられる高いボディ剛性 2 最低地上高が220mmであり、着座したときのアイポイントも高いが安定したコーナーリング 3 エンジンがNAモデルなのにパワフル 4 ミッションのパワー伝達効率が高いのか、アクセルとのダイレクト感が高い 5 意外と良い燃費(遠出で今のところ15.3km/Lをマーク もっと伸びそう) 6 SUVらしからぬ良好な視界 7 鬼のような走破力と高いブレーキ性能 8 頼りになる運転支援システム「アイサイト」
とまあ、こんな感じ。 スバルのクルマは、所有して実際に日々運転してみると、「こんなに出来の良いクルマがこんな値段で売っていいのか?」と思えてくるのですよぉー。まじめな話。 純粋に、クルマとしての出来が良いのだと思います。

逆に、イマイチだと思えるところを列挙してみますと...
1 フロントウインドウの左下端あたりが寒い日に凍結しやすい 2 クラクションの音が妙に安っぽい(単純に、"ビーッ"と鳴る) 3 スタッドレスタイヤ(DUNLOP WINTERMAXX SJ8)との相性があるのかも…

PM2.5は深刻な問題な気がする

イメージ
自然に関心がある私ですが、当然ながら環境問題についても若干ではありますが関心あり。 そんな中での中国のPM2.5ですが、日本海を渡って近畿方面にまでやってきたとのこと。 公害(と言っていいよね)が海を渡ってやってくるのですから、国内ではどうしようもない問題です。 いや、国内というよりも、このままだと中国の国民は色々な疾病にかかるだろうし、なにより長生きなんてできないと思うな。 また、人間だけではなく、動植物へ与える影響も無視できないと思う。 中国はこの先、この問題をどうするのだろう。今のところ良くわからない。 とにかく、PM2.5は深刻な問題。中国は今すぐ強力な対策をすべきですよ。


腰痛、少しずつ緩和されてきました。 いったい何だったのだろう。直接の原因は不明のままです。 その代りと言ってはおかしいかもしれませんが、昨日は胸が苦しくなることが数回あり。 これは持病の不整脈ですねー。いやはや、色々ある。 自分の体ながら、面白いほどに変化があるものです。 (^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

雪解けが進行中

イメージ
石狩地方はここ2~3日、昼間はプラス気温で暖か。 道路を始めとして、雪解けがどんどん進行中でありマース。
雪解けと同時進行しているのが、道路の排雪作業。 パワーショベルで路側帯にある雪の壁を崩し、大型のロータリー除雪機で大型ダンプカーに雪を積み込む作業があちらこちらで見られるようになっています。 道幅、どんどん拡大中。これも春が近い証拠でしょうか。


写真は今朝も旭岳温泉の周辺でのワンショット。


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

それは本当に腰痛なのだろうかという疑問を私は持つべきなのかも知れない

イメージ
「それは本当に腰痛なのだろうかという疑問を私は持つべきなのかも知れない。」
昨日、私にそう思わせる、ある事がありました。
長年にわたり、お世話になっていた40代半ばのエンジニア仲間がいつの間にか亡くなっていた。 以前、入院をしているのだとは聞いてはいたのですが。 死因は胃がん。 最初は持病の腰痛が再発しただけだと思っていたようだ。 だがしかし、その腰痛は胃がんから全身に転移したリンパ節の痛みだった。
胃がんと分かった時には、すでに脳にまで転移。 時すでに遅し。そういういきさつを聞かされた。
同じ職場の仲間でも、これまた腰痛だと思っていたらすい臓がんだった人もいる。 そこでタイトルに書いた言葉に繋がっている。
私も、この腰痛が来月も続くようならば、受診してこようと思うに至った次第。 もう一度、自分へ言い聞かせるためにも書こう。
「それは本当に腰痛なのだろうかという疑問を私は持つべきなのかも知れない。」


写真は「わさび沼」でのワンショット。 チラチラと雪が降る針葉樹林の中の不凍沼。 すぐに気配で飛び立ってしまいましたが、ここにはカモがたくさんいましたよー。 (^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

2月最終週スタート!

イメージ
真っ白な雪、伸びやかな樹と青空。サイコー!


さーて。2月の最終週です。 もうすぐ1年の12分の1が終わります。時はどんどん経過しておりまーす。 まあ、自分としては何があっても突っ走るしかありません。 とにかく、「突っ走れ!」だ。


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

いま時のカモ沼(旭岳温泉)

イメージ
いま時の「カモ沼」の様子です。 この時はその名のカモはいませんでした。たまたま留守だったのカモね。



スノーシューを履いていても、雪は膝の高さまであったので、60センチのラッセルをしたことになります。 やはり今時期は結構積もっています。でもフワフワの雪なのでラッセルも楽ですよー。 そう。腰痛オジサンでもなんとかなりましたから。


いやはや、その腰痛ですが、久しぶりにやっちまうとツライもんです。 明日からの仕事に思いきり支障があるような気がします。 きっと椅子に座っていられないと思います。困ったもんだ。でも頑張る! (^_^;)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

旭岳温泉周辺でスノーシューイング

イメージ
本日は旭岳温泉まで足を伸ばしてスノーシューイング。 曇ったり、晴れたり、吹雪いたり、また晴れたり。 マイナス10度の中、目まぐるしく変化する天気を楽しんできました。
今回はちょっとリハビリも兼てのスノーシューイング。 実は連日の除雪で腰を痛めてしまいました。 なんと私はただ今、中腰になれない人なのでありマース(泣)。 だから、今日もスノーブーツへの履き替えで四苦八苦、スノーシューの脱着で四苦八苦、靴下の履き替えでうめき声(笑)。 なんだかなぁー。もう。非常に、キビシー!
それでも、スノーシューで新雪の中を歩き、温泉にゆっくりと浸かってきたので、今朝よりも腰の調子はマシな感じです。 いやぁー、腰は一度痛めてしまうと癖になります。 十分に注意していたつもりなのですが。ダメだなぁー。 (^_^;)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

EXERMAX 「T.B.Silenceシリーズ UCTB12」を組み込んでみた

イメージ
ここのところ、パソコンのケースファンから発生するうなり音に悩まされる日々。 この対策として、ブログリンクをしている「大地の記憶」のスズさんが導入したケースファンの調子が良さそうなのことを知り、私もアマゾンにて同製品シリーズを購入してみました。
購入したのは、EXERMAX 「T.B.Silenceシリーズ UCTB12」です。 これは外枠の1辺が120ミリのタイプでして、回転数は900rpm固定という製品となっています。 アマゾンでの購入価格は、1つ982円でした。メッチャ安いですねー。



さて、届けられたケースファンをさっそく取り付けてみました。 こちらはATXケースのフロント側。写真の右に取り付けられている「ENERMAX」と書かれているパーツがケースファンでして、空気は右から入り、左へ抜けます。 ケースファンの横にはハードディスクが取り付けられていまして、強力に冷却されるようになっています。



こちらは排気側です。写真の左に取り付けられているのが「EXERMAX」のファンとなります。 電源ファン(写真上部の黒いケースの中にあります)、CPUファン(右)、ケースファン(左)と、3つのファンがあり込み合っています(笑)。 もっと細かく言うと、更に写真下のブルーの基盤の下側には、ビデオカードのファンがあります。 パソコンの中って、冷却ファンだらけなのでありました。
さて、これら2つのケースファンを取り付けた結果、パソコンからの騒音は激減しております。 静かすぎて不気味なくらいです。これならパソコンでバッチ処理を流しながらそのまま就寝しても安眠が得られそうです。 風量については、十分に確保されている状態です。
この「T.B.Silenceシリーズ UCTB12」ですが、気が付いた点が一つ。 写真を見てもらっても分かる通り、ファンのフレームに「ENERMAX」という型抜きの文字があり、この製品ではこれをHALO Frame(ハロフレーム)構造(特許)と言っています。 この型抜きの隙間からもファンの羽が吸気をして風量をアップするとのことです。 でも、自分が実際に手を当ててみたところ、吸気じゃなくて排気していましたよ。 まあ、どちらでもいいのですが、とても静かになったので大満足な結果となりましたー。


最後に天気の話。 今朝の自宅前は大変なことになっていました。 除雪でもしよ…

ピラミッド・ぱわぁ~~~?!

イメージ
今朝の写真。ご覧の通り。 「ガラスのピラミッド」でも、俗にいう「ピラミッド・パワー」は得られるのかな?(笑) っていうか、「ピラミッド・パワー」なんてものは、怪しいものですねー。たぶん、無い! (^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

壁越しの木々

イメージ
「モエレ沼公園」の「ガラスのピラミッド」にて。 ガラスの壁越しに木々が見えていました。 天井と床面を水平に写すのに少し四苦八苦。 こういう単純な構図こそ水平を出すのが困難だと思いましたぁー。
ここのところ撮影機材は「P330」ばかり使っています。 理由は持ち歩きやすいからですな。もう、それだけです。 もちろん、そこそこ高画質ということもあるのですが、やはり小型軽量というのが決め手になっているのはジジツ。 そういえば、銀塩の「OM-1」なんてメチャ軽かった。 デジイチもあれくらい軽かったら最高なのに。 (^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

知らないことは多い

イメージ
「モエレ沼公園」の「ガラスのピラミッド」、そこの1階には写真の「オンファロス」なるオブジェが展示されていました。 なんとなく、建物の中心に置かれている感じ。 その時は、なにか変っているオブジェだなぁー。と思いつつ撮影。
昨夜、ネットで調べてみると、このオブジェは元々、「札幌テクノパーク」にある「ビー・ユー・ジー森精機株式会社 札幌本社」に設置されていたものと分かりました。 はぁー?ビー・ユー・ジー?聞いたことがあるような... そうでした。IT企業でした。ホームページを見てみると... あーっ。分かる気がする。この社風。たとえば、役職で人を呼ばないで、社長でも「○○さん」と言うのですよね。そうすることで、意見を言いやすくするのですよね。 あーっ。分かる。分かります。こういうの、いいなー。


さて。今日も道内は冬型の気圧配置のようです。 雪もそこそこ降り積もるでしょう。それと強風、これ手ごわい。 さーて。ではでは、除雪を頑張らねば! (^_^;)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

石狩地方は荒れ模様

イメージ
いやはや、石狩地方はすっかり荒れ模様な天気。 強い風と雪が重なり、吹雪になっています。 そうかと思うと、雪が突然止んだり。不安定な天気だなぁ。 道東地方も広い範囲で暴風雪警報が発令されていたりして、全道的に荒れ模様と言って良いでしょう。


「札幌モーターショー2014」が昨日で終了しました。 次男の話によると、コンセプト・カーを見ることができて面白かったようです。 自由な発想が現実のクルマに表現されるからでしょうね。 市販車ともなると、色々と現実的な問題もあり、無難な仕様に落ち着きますから。 どうやらそれなりに楽しいようなので、次回は私も行ってみようかな。


写真は「モエレ沼公園」の「ガラスのピラミッド」内部にて。 無機質な感じが面白かったので、床の照明のガラスに映りこんだ鉄骨模様を撮ってみました。


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

骨組みがたまらない ガラスのピラミッド「HIDAMARI」

イメージ
薄暗い時間帯に訪れた、ガラスのピラミッド「HIDAMARI」。 薄暗いから、陽だまりの名にはアンマッチな時間帯なのかもね。
内部に入ると、鉄骨によるむき出しの骨組みが目に飛び込みます 訪れた時は人も居なくて、無機質な感じがとても神秘的でした。



エレベーターがある中心部の上方向を撮影。



外壁に沿って撮影。 うーん。もう少しここにゆっくりしていたかったかも。 (^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

日没前にモエレ沼公園を散歩してみた

イメージ
16時半過ぎ頃、フラリとモエレ沼公園を訪れてみました。 この辺りではひときわ目立つ、標高62mのモエレ山の山頂目指して出発!



すぐに登り終える予定だったのですが、意外と斜度がありました。 若干ですが「はぁ、はぁ、はぁ」です(笑)。



でもすぐに山頂(笑)。薄曇りの遠方には恵庭岳。



暑寒の山々も良く見えています。いいねー。



山の上から見たガラスのピラミッド「HIDAMARI」です。 下山後、この中も少し見学してみましたぁー。その写真は後ほど。 (^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

また関東地方は大雪の様相

イメージ
テレビニュースや天気予報などによると、また関東地方は大雪となるかも知れないとのこと。 今年の冬は、関東地方を含む広い範囲の太平洋側の天気が荒れますね。交通機関を利用する人は大変です。

大変というほどでもないのですが、昨夜はなぜか少し体調が不良。 気だるい感じが継続していました。きっと風邪の部類だろうということで、もっとも有効な対処方法、そう早めの就寝としました。 今朝はおかげさまでかなり回復したかのような感じ。


写真は週末でのワンショット。トライアングルがいいね! (^_^)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

西高東低の気圧配置

イメージ
今朝はまたまた冷え込んでいる感じです。 気圧配置は西高東低。 南から低気圧が北上してきたようですよ。 今朝はほんの少し雪が降り積もりました。

今朝の写真は、11日に近場の山をちょいと登った時のもの。 木の幹を見ると、舞い降りる雪が見て取れます。 軽く登るだけでも気分リフレッシュ。山はいいねー!

そうそう。 昨夜、テレビ番組で脳に関することを放映していました。 脳梗塞で腕にマヒが出た人のリハビリや、アルツハイマー病のことなどなど。 この年齢になると、「明日は我が身」だと思いつつ番組を見るようになりました。 少し救われたのは、脳は思っていたよりも融通が利くということかなー。

まあ、そんなことよりも、自分の今の悩みは目。 最近は老眼バリバリでして、目が霞み放題です。 この目、もうちょっと頑張ってくれないと困ります! (^_^;)


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

続 千歳・支笏湖 氷濤まつり

イメージ
さて、氷濤まつりの続編です。 会場の素晴らしいライトアップを楽しんでいると、やはり高い場所から会場全体を見たくなりますよね。 そんな要望に応えるべく、会場の奥には展望台が特設されておりました。 この上り下りが別になっている階段を上っていきます。



さらに上っております。上る階段もいい加減、綺麗じゃないかい?!



おおーっ!展望台からの景色、サイコー!!



いやぁー、綺麗、綺麗。



ためしにパノラマ撮影したらどうなるのかな? 結果、こんな感じに撮れました。夜景でも意外と使えるのですね。



おおーっ。こりゃ、若いカップルが多い訳ですね。分かる、分かる!(笑)



展望台の出入り口から外を撮影してみました。 階段に数段上っての撮影です。人の少ない、空いている時間帯だからできる技?!



会場のライトアップは22時まで。次第に人が少なくなってきました。





最後は、なんだかちょっと奇妙なディスプレイでも。



これ、硬貨がくっついているのです。



うーむ。これってどういう意味なのかなー。 あとでお金を回収するのが面倒そうですね。

とまあ、そんなこんなの氷濤まつりレポートでした。 寒さ厳しい冬だからこその、素晴らしい氷の芸術でありましたぁー。


撮影機材: Nikon COOLPIX P330

2014千歳・支笏湖 氷濤まつり

イメージ
昨夜は以前から気になっていた「2014千歳・支笏湖 氷濤まつり」の見物に行ってきました。 どうせ見るなら夜でしょう! しかも、平日の夜はきっと空いているでしょう! そういう目論見もありましたぁー。
まつり会場には21時頃に到着。現地はマイナス8度ほど?いや、もっとかな?結構寒かった。 それではこの入口から入ってみましょう。



おーっ。いきなり氷のトンネルかい!ツルツル&ピカピカでいい感じー。



なんだかアートしています。



ちょっと違ったアングルでも撮影。



おおっ!これは綺麗です。 札幌市東区は雪だったのですが、支笏湖は晴れていて良かったです。



これは上のほうから水が滝のように出ている仕組みです。 凄いな。こんなオブジェを作るのですねー。



ん?「苔の洞門」の入口です。



「苔の洞門」の中に入る前に周辺を撮影。



いやぁー、いいですねー。メッチャ寒いですけど。



おおーっ。緑のライトアップで作り出された苔です。



いやはや、良くできています。



こっ。これは...



支笏湖の魚?