その後のWindows 7 SP1 (64bit)


あっさりXPから7にアップグレードを果たした主力PCですが、その後の細かなチューニングはいまだに続いていたりします。
今回は、そんな些細な話を書き綴りたいと思います。

その後、Windows 7を使っていて、「んっ?」と思うことがありました。
それは、どうもXPを使っていたころよりも高品位な動画サイトを見ていたときに、動画が若干ではありますが引っかかるような動作をすることでありました。

最初は気になっていなかったのですが、どうも再現性があるのです。
「こっ、これは...もしかして...」

疑った部分は、ディスプレイアダプターのドライバ。
Windows 7をインストールしたとき、マイクロソフトの標準ドライバで問題なく動作していたため、そのまま使っていたのですが、これの出来が悪いのではと睨みました。

さっそくATIのサイトからRADEON X700のドライバをダウンロード。
インストールをして使用してみると、動画もサクサク表示、ブラウザの縦スクロールもスルスルと動くようになりました。

うーむ...やはり環境セットアップに際して、決して手抜きをしてはいけないということか!
反省いたしましたぁー。

さらにWindows 7を快適に使うための設定変更を実施です。それは...

1.デスクトップの設定で、Aeroの視覚効果を切るため、「Windows 7 ベーシック」に設定
2.「コントロールパネル」→「コンピューターの簡単操作センター」→「マウスを使いやすくします」→「ウインドウの管理を簡単にします」→「ウインドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします」、のチェックをON
3.フォルダーオプションで「隠しファイル、隠しフォルダ、隠しドライブを表示する」、に設定
4.フォルダーオプションで「登録されている拡張子は表示しない」、のチェックをOFF
5.ウイルス対策ソフトに「Microsoft Security Essentials」をインストール

ってな感じでしょうか。

1.を実行すると、非力なPCを使っている場合、Windows全体の動作が軽快になります。
2.を実行すると、ウインドウを画面の端に持っていったとき、意図しない画面端への吸着する動作を抑制できて、「イラッ!」としないで済みます(XPはこんな動作をしなかった!)。
3.これはPCに詳しい人がよくやる設定。
4.これもPCに詳しい人がよくやる設定。
5.これは無料のウイルス対策ソフトで、実はとてもWindowsへの負荷が小さく、しかもちゃんとリアルタイムでウイルスを監視してくれるという優れもの。自分的には、個人使用のレベルであれば、市販のソフトは不要だと思っています。

とまあ、こんな感じー。
ぎゃーっ。凄い長文になってしまいました。なんだこりゃー。
今日はもうこれで勘弁してください(笑)。
(^_^;)



画像編集: GIMP(GNU Image Manipulation Program) 2.8.10

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)