遊覧船で箱根関所を訪れてみた


箱根シリーズも終盤になりました。『箱根駒ヶ岳ロープウェイ』からの続きです。
ここは遊覧船の待合い所。自販機が右手にズラリと並ぶ休憩コーナーのベンチに座り、おにぎりやパンの昼食をパクつきながら、『箱根関所』へ向かう船を待っています。
定刻が近づくと、桟橋の右側に船がつくハズ。




おーっ。時間ピッタリに到着するのですからちょっと感動。
思っていたよりも大きい船です。湖が大きいから、船での移動が主流になるのでしょうか。




山も楽しかったのですが、思いのほか遊覧船も楽しい(笑)。
よく考えたら、登山後の遊覧船ってパターンは初めてです。
寒かったのですが、少し甲板に出て他の遊覧船と『富士山』を撮ってみました。




わーお!あれが帰りに乗る予定の海賊船です。
いやぁー、派手であります。それにしても、海賊船とは考えたものですねー。夢があります。




さて、いい歳こいて、いや、いい歳だからこその『箱根関所』にやって来ました。
関所を見たいと思うなんて、子供の頃、亡き祖父と一緒に見ていたテレビ時代劇の影響が今頃出てきたのだろうか。などと思わずにはいられません(笑)。




おーっ!お役人さまぁ~~~~~!!すごぉ~~~い!!(笑)




おおおーっ!鉄砲に弓矢ではあ~りませんかぁ~~~!!
武器ですよ、武器。いやぁー、これは火縄銃でしょうかね。
実際、何かあった時、こんなんで対処できるのだろうか?なんて疑問を持ちつつの見学。




見学コースの示すまま突き進むと、なにやら足軽が毎日登ったという急坂に差し掛かりました。
振り返ると芦ノ湖がとても綺麗に見渡せるのです。こりゃ、ビューポイントですね。




なるほど。ここは関所。単に風景を見るのではなく、『遠見番所』だった訳ですね。
『とおみばんしょ』...嗚呼、いい言葉の響きです(笑)。
そして、よぉーく建物の上の辺りを見ると...地味にお役人様の人形が遠くを見ていますよー。わたくし、これに気づいて、『ビクッ!!』としたのは内緒です(汗)。




最後に、『箱根関所資料館』で様々な展示物を見学。
大名行列の人形と、昔の旅人グッツに目が釘付けになったのは内緒(笑)。もう、自分的には大満足でありましたぁー。
これだけ学べば、『関所マスター』にでもなったかのような気分になりましたよ(かなり大げさ!)。

さて、この後は徒歩で関所を後にし、『箱根旧街道』の杉並木と石畳を自分の足で歩くという、江戸時代の旅人体験へと進むのでありました。
って、どこまでそういうのが好きやねん!! バカだよねー。アハハッ。
(^o^)



撮影機材:Nikon COOLPIX P330

コメント

mori さんの投稿…
隊長さん、こんばんは。

私もこの箱根関所には行ったことがあります!
湖に浮かぶ船を見て「海賊船だ!」と思ったのも同じです!
しかし・・・、あの海賊船らしきものは、
実は、とある国の王族専用のロイヤルシップを模したもの・・・
だったような。ちがったらすみません!(笑)
隊長 さんの投稿…
moriさんへ。

こんばんはーです。
先ほどまで外は猛吹雪でした。驚きましたぁー。

おやおや。moriさんも箱根関所に行ったことがあるのですね。
ここはメジャーな場所なのですねぇー。
海賊船、ロイヤルシップを模したものなのですか?
それは知りませんでしたねぇー。
実際、海賊っぽくない部分も確かにありました。
特に船首の部分なんかは、ちょっと気品がありましたよ。
本当のところはどうなのかなぁー。
(^_^)

このブログの人気の投稿

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

花の名山 富良野岳 2017 その5(2017年7月23日)

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

最北の日本百名山 利尻山 2017 その2(2017年8月7日)

秀岳荘のバーゲンセールに出動!

最北の日本百名山 利尻山 2017 その3(2017年8月7日)

SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight 走行距離1000km突破しました!

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ