2013年の山行を振り返る(その4)


8月末に訪れた『羅臼岳』は昨年に続いての挑戦だった。
昨年は『羅臼コース』から挑んだが、羆に行く手を阻まれるアクシデントと隊員の体力が限界となり途中撤退。
今年は体力的にも楽な『岩尾別コース』を選択しての挑戦を試みた。




ところが、天気は予想以上に悪化。
最初の1時間ほどは快適に登ることができたが、その後は雨にあたる登山となった。
反面、雨に濡れた高山植物は瑞々しく咲き誇っており、人間だけの都合で考えてはいけないのだと思ったりもした。




この山行で幸いだったのは、激しい雷雨にも見舞われたにもかかわらず、パーティー全員が無事に山頂を踏んで下山できたことだった。
もちろん、山頂からの眺望などまったく無しであり、『羅臼平』に下りてからの昼食も雨に当たりながらとなった訳だが、山頂を踏めたのだから昨年よりも一歩前進の結果となった訳だ。
下山後、雨に濡れて冷え切った身体に温泉が強烈に染みたことを思い出した。

今度こそ、山頂からの眺望を見てみたいものだ。
(^_^)



撮影機材: RICOH PX

コメント

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)