2013年の山行を振り返る(その1)


2013年の山行を振り返ると、最初に思い出すのが『平山』。
ここには久しぶりに訪れた。意外と遠い山なんだなー、という印象。

天気がとても良く、しかも紅葉が見頃だったことも記憶に残った理由です。
訪れている人の少なさも良かった。




稜線を歩いていると、『ニセイカウシュッペ山』や『アンギラス』も明瞭に見えて、まさに画に描いたような風景であり、足が何度も止まったほどだった。

少々不気味だったのは、稜線上に登り詰めるまでの間、羆(ヒグマ)の落とし物と香りが濃かったこと。正直、『羅臼岳』よりも気配を感じた。
とは言え、可愛らしい『ナキウサギ』の姿も見ることができ、『大雪山』を始めとする眺望も良く、素晴らしい山行だったという結論に至った次第。



撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm(上) / Nikon COOLPIX P310(下)

0 件のコメント: