北大雪 平山から比麻良山を歩く 2013.9.28(その3)


9:11、稜線に立ちました。
いやはや、『表大雪』が目の前に大きく見えて大迫力です。




この写真は岩の上に伏せて撮影しています。
何故かというと、冷たくて非常に強い風が吹いているからでありマース。
とてもじゃないですが、普通に立ちながら手ぶれの無い写真が撮れません。
もちろん、腕まくりの服装は無理なので、ここでマウンテンジャケットを着込みました。




これも岩の上に伏せて撮影です。
左に『小槍』、中央に『アンギラス』、その右となり奥に『ニセイカウシュッペ山』です。




そして、こちらが『平山』ですね。右のピークがそうです。




『表大雪』と正対する方向の山脈です。
これまた見事に透き通った風景。秋晴れに感謝。




ここでは、先ずは『平山』へ向かいました。
その途中、ちょっとしゃがみ込んで『コケモモ』と『ウラシマツツジ』に挨拶です。




9:36、『平山』に到着です。
あら、看板には『ひらやま頂上』と書かれていますよ。
随分と可愛らしいですねー。これだと小学生でもOKですよね。




さて、この風景が見える場所に陣取って休憩です。
名づけて『カフェ・ひらやま』ですね(笑)。
表大雪の全容と、紅葉を眺めながら、ゆったり気分で温かい食事と珈琲を楽しみました。
心が穏やかになり、日常で蓄積されてきた雑念が消えていく感じがしたなぁー。




良く見ると、大雪の左横に小さく『トムラウシ山』が見えていました。
ちょうど『銀泉台』とのライン上です。ギリギリ見えるのですねー。




あちらは? 『雄阿寒岳』、『雌阿寒岳』などの山域ですかねー。
その節はお世話になりましたぁー。




あーっ。『平山』から見た『ニセイカウシュッペ山』方向は、これまた燃えるような紅葉です。
いやぁー、カッコイイ。まいった。ひたすら寒くて雲の中だった先週とはエライ違いです。




あっ。遥か下方に『ダケカンバ』の骨々な風景が見えますよー(笑)。
実はですねー、これも好きな風景だったりします。




思えば一時間以上もここでのんびりしていました。
そのうち、ボーッと眺めていた『表大雪』の上空の雲が筋状に変化したのです。
うん。カッコイイよねー。こういう空って。




10:50過ぎ、やっと『比麻良山』方向へ移動を開始としました。
移動しつつ、真っ赤な『ウラシマツツジ』と『表大雪』のコラボ写真を記念に撮ってみましたよ。




すっかり強風がおさまった穏やかな稜線を歩き続けます。
途中、ちょっと『アンギラス』方面に突入しかけたのですが、ハイマツ帯で思いとどまり、再び『比麻良山』へ転進しました。
もしも『アンギラス』に行き、それから『比麻良山』に行っていたら、下山の時には真っ暗になっていたことでしょう。
危ない、危ない。この時期、日は短いですからー。




12:10、『比麻良山』に到着いたしましたぁー。
ここは山頂の看板は無くて(細い棒は立っているけれどね)、この三角点が『比麻良山』の印なのでありました。




『比麻良山』から眺める『ニセイカウシュッペ山』はこんな感じです。
いやぁー、この角度からのニセカウもカッコイイ。




『表大雪』方向を見るとこんな感じに見えます。
ほとんどが隠れてしまうのですね。




いやぁー、空も紅葉も緑も皆綺麗です。
空がすんばらしい。




いやはや、下方に見えている斜面の紅葉も素晴らしい。

この撮影のあと、すぐに分岐点へ戻り、ナキウサギの観察をしてから下山となりました。
下山は15:00。思いがけないほど良い山行となり、非常に満足感が高かったです。
ひたすら自然に感謝、です。
(^_^)



撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

コメント

スズ さんの投稿…
スズです。おはようございます。
ひらやまはそんなに風が強かったんですね。
我々は十勝岳山頂から垂直に登る噴煙を見ていたのでとても意外です。
50kmぐらいしか離れていないのに違うもんですねぇ。

しかし、先週に引続き表大雪展望できるなんて超ラッキーじゃないですか。
五色岳の稜線まではっきり見えますね。
その向こうにポコっと見えていたのはトムラだったのか。

比麻良山の三角点、前回訪れた時に写真に撮らなかったのですが、
こんなに傾いてるんですね。
データベース上はこれでも正常らしいです。
どこまで傾いたらNGなんでしょうね(^^;。

私も行きたいなぁ、ひらやま...
隊長 さんの投稿…
スズさんへ。

平山ですが、稜線に出た時は冷たい強風だったのです。
ところが、マウンテンジャケットを着込んで平山へ向かっている途中で風が穏やかになってきまして、その後は微風になったのでした。
不思議ですよねー。

そうです。トムラウシ山まではっきりと確認することができました。
ギリギリ見えるのですねー。

比麻良山の三角点ですが、普通はこんなに傾いていたら正常とは言えませんよねー。
測量で使う公共基準点のレベルから考えるとあり得ません。
三角点って甘いのか?!
(^_^)
aki さんの投稿…
隊長さん、こんにちは♪

って、どんだけ前のレポに~ですが(^_^;)
あまりにも過ぎてしまって遡るのもちと大変でした!?(^_^;)(笑)
平山、いいですね~(^_^)/お天気にも恵まれて最高でしたね!
一度、秋の平山に行ってみたいと思ってたのですが、ますます行きたくなりました~(^_^)v
が、林道がちょっと心配(タイヤパンク問題?)
一度、夏の平山には行ってるのですが記憶があいまい!?大丈夫そうな感じでしたか?
隊長 さんの投稿…
akiさんへ。

おおおおっ。いきなりakiさんコメントだわー(笑)。
遡ってくれてありがとうございまーす。

平山、良かったですよー。
秋の平山、ナキウサギもピチッとしていてとても良かったです。
紅葉も派手でありましたぁー。

林道ですが、なかなか整備がされていました。
下手をすると、ニセイカウシュッペ山の古川林道よりも走りやすかった感じです。
だからタイヤパンクのリスクは比較的少ないと思いまーす。
行ってみて、行ってみて!
って、今度は初夏の花の時期がいいかもね。
(^_-)-☆

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)