秋の白雲山(2013.10.5)


初めて『白雲山』を登ってきました。
気の向くままにクルマを走らせて来たので、自宅を出た時には、まさか『白雲山』に登るとは思ってもいませんでした。
だから、とっても勉強不足というか、まったく予備知識無しでの到着です。

登山口には釣り人の車、車、クルマ...たくさんの人が来ていました。
そんな中、登山の準備をして登坂を開始であります。
登坂早々、紅葉が目に飛び込んできます。いいね、いいねぇー♪




天気は薄曇り。優しい陽の光に包まれた山の中です。
ここの山は地面が岩だらけのせいなのか、太い木がありません。
ある程度の幹の太さになると、皆倒れてしまうようです。




おおっ!これはとっても秋を感じさせる落ち葉ですよ♪




真っ赤な実に秋色の背景のワンショット。秋っぽいね。




山は写真を撮りながら超スローペースで登っても1時間40分で山頂に立つことができました。
とても登りやすい登山道だと思います。気に入ったなぁー。
山頂の北側に目をやると、『然別湖』が眼下に見えてとてもいい感じです。
温泉街も見える。『ウペペサンケ山』も見えますね。




山は秋色をしているなぁー。
北西に位置する右手にはお隣の『天望山」が見えていますよ。




こちらは南南東方向です。
左奥には『東ヌプカウシヌプリ』、右手には『西ヌプカウシヌプリ』が望めました。
その合間を縫うように道路が走っているようです。




こちらは『十勝平野』の方向です。やはり広いなぁー。




北北西の方角に目をやると...
右奥にチラッと見えているのは『ニペソツ山』の山頂かな。
そうなると、中央奥に見えているのは...『旭岳』?なんだかそんな風に見えましたがどうなのだろうか。

さて。白雲山に登った私は、急に湖畔の紅葉が見たくなり、休憩もそこそこ、食事も無しでそそくさとピストン下山としました。
約40分で下山を完了したのですが、登りの時には太陽も高くなかったせいか、気づかなかった紅葉もあり、なかなか楽しめました。
下山中と湖畔トレッキングの様子は次回以降に紹介いたしまーす。
(^_^)



撮影機材: OLYMPUS E-3 + 14-54mm

コメント

mori さんの投稿…
隊長さん、こんばんは!
白雲山へ行ったんですね~。
行先を決めずに走らせて、どうして白雲山に着いたのでしょう?
それに紅葉がまさにドンピシャじゃないですか!
なにか予感みたいなものがあったんでしょうか?
隊長さんの第六感を含む思考回路が知りたいです。
隊長 さんの投稿…
moriさんへ。

こんばんはー、です!
はい。なんとなく白雲山に行ってしまいましたー。
どうして?何故?
うーん。どうしてなのでしょうねー。

最初、ウペペサンケ山の糠平富士までの登山にしようか、それとも羊蹄山にしようか、それとも雨竜沼湿原から南暑寒岳にしようか、はたまた伏見岳? いや、雄阿寒岳まで行く?
なーんて、諸々と考えてしまい、頭の中がゴチャゴチャになったのですが...

一日の寒暖の差が激しそうな然別湖は標高もそこそこだし、時期的にも良いかも。
なーんて思って進路を決めましたー。
まあ、事前情報もなにも勉強していなかったので、ほとんど野生の勘です(笑)。
(^_^;)

このブログの人気の投稿

DUNLOP WINTERMAXX SJ8 + SUBARU FORESTER 2.0i-S EyeSight

双眼鏡 Kowa SV32-8 を購入した!

冬の函館山を一周登山 旧登山道コース~山頂駅舎まで(平成26年1月15日)

北海道大学 イチョウ並木の黄葉など(2017年10月15日)

モンベル ドライワッフルフットベッド & ユニクロ エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

SIRIOの登山靴の修理が上がりました

上ホロカメットク山 2017

山の手口登山道から三角山~大倉山

雌阿寒岳 2017 秋(2017年9月30日)